プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

やっちまった!

今日は月末なので、久しぶりにホームページ関係の更新をしたところ、大パニックに!

本日はどういったことか、お店が非常に暇だったので、ぐるなびを始めグルメピアと自社ホームページの更新作業をしました。次の月に向けて宴会コースが変わり、メニューの変更をするだけの単純作業なのですが、これがミソでした。

普段からぐるなびとグルメピアは、ほぼ毎日更新しており、作業的にも簡単なんです。マメさは問われる作業、しかしこの2つはなんてことないんです。問題はあまり触れたことのない、自社ホームページの更新作業。。。。

数年前ですが、ウェブデザイナーの学校に3ヶ月(一日8時間授業)も通っていた時期があります。全くゼロからですが、当時はそれなりに理解していたつもりです。卒業に提出する作品は、以前勤めていた会社のホームページを作ったりもしました。(結局そのホームページは採用されませんでしたが・・・)

しかし、今日は見事に自社ページをぐちゃぐちゃに!メッチャクチャにしてしまいました。やはり、忘れるんですよ。やっていないと・・・
なんでもそうですが、一度身に付いたことでも忘れます。僕の性格上、特にきれいサッパリと。

なんとか制作元の会社に問い合わせ、修復しましたが、一時はあせりました。店の接客をしながら、隙を見ては事務所で固まっていました。

http://www.ailink-web.co.jp/←は制作元の会社 アイリンクさんです。ボクの地元、旭川の会社でとっても良心的なスタッフで構成されています。ほとんどの制作会社はホームページを作ったら、それ以降は音沙汰ナシですが、こちらの会社ですとサポートもバッチリで非常に心強い。今後もよろしくお願いします!
スポンサーサイト

送別会

長い付き合いだった方の送別会。仕事をしながら参加しました

彼とはかれこれ7年くらいでしょうか?私が以前から音楽ライターとして関わっている音楽ファション誌の「Woofin」という雑誌があるのですが、そこで編集部として務めた友達の送別会を当店でやりました。と、言っても実は彼の送別会が今日だったことを知らなかったボクは、店を閉めようとした23時頃、幹事を務めた知り合いが店に入ってきて、初めて今日が送別会だたことを知ったのでした。

閉店までたったの1時間でしたが、ボクを入れて26人、とてもいい仲間に見送られて、彼は新たな道へ進むことに・・(当人は実はゲロゲロだったのだが)なんとも羨ましい限りです。

こういった機会で嬉しいのは、昔の仲間と再び一緒に顔合わせができることですな。大好きだったあの子はもう結婚していたり、昔の相棒に子供ができていたり・・・皆同じように歳をとっていくのだな~と実感しました。

PICT0076.jpg

閉店間際に25人!本の編集部員の他に音楽ライター、写真家、デザイナーなどの職人さんがずらり!何ともいい仲間です。

「旬菜祭り」始まりました

2月をしめくくるイベント「旬菜祭り」が3日間行われています

今週の水曜まで、旬の野菜を使った「旬菜料理」を提供しています。本日のメニューの中で飛ぶように売れたのは「穴子のレンコンまんじゅう 680円」です。とろ~りと煮た穴子が、つぶして柔らかくしたレンコンと相性がいいこと・・・最後に甘めタレにからめて出来上がりです↓

anago.jpg


普段は豪快な盛り付けとボリュームで売っていますが、こういった上品な料理を作るのは、板長の得意分野です。ボリュームは店のコンセプトであって、料理長はそれに真っ当しているだけですから。

さて、明日はメニューを少し変えて挑みます。ちなみに内容は「新たまねぎと温玉のハリハリサラダ 580円」、「ブロッコリーと小柱のかき揚 680円」、「九条ネギたっぷり 出し巻き玉子 680円」などなど・・・ちなみに穴子のレンコンまんじゅうは売り切れましたのであしからず。


テーマ : お魚料理 - ジャンル : グルメ

家でもマグロ

今日は朝起きてからマグロ刺し。家でマグロ祭りとなりました

先日、店で買ってきた鉢マグロの中トロ。マグロ祭りで仕入れた鉢マグロが少しあまっていたので、自分で食べるように店から買ってきました。休日はどうせスーパーで酒の肴にマグロなどを買いますから、それならと思い店にあったものを買ってきたのです。

朝起きて、いきなり解凍しておいたマグロを柵取りし、わさび醤油でムシャムシャと喰らいときました。妻は「なんで朝からこんなものを・・」とぼやいていましたが、気にしたこっちゃありません。皮についた身はスプーンでひっかいてネギトロに、腹皮の筋は柚子胡椒をあえて焼くと、こりこりとして美味しい!寝起きからマグロ三昧で始まりました。しかも量が結構あるので(1キロほど)夜もマグロ刺しを食べました。いくらマグロ好きなぼくと言えども、鉢マグロの脂の多いところを朝と夜に腹いっぱいたべると、チョイきついですな。娘にも協力してもらい、なんとか食べきりました。

ところで今日は、先日TVで見た「ラーメン国技館」に行ってきました。お台場まで車を飛ばして行きましたが、やっぱり都心です。駐車料金は高いし、ラーメンもアホみたいに高い!実際、行ってみるとあまり興味をそそる店がなく、朝のマグロで腹いっぱいだったのもあり、食べるのを止めました。旭川育ちのボクにとって、ラーメン1杯に1000円も払うなんてありえませんから・・・高くても500円の世界ですよ、普通は。

旬菜料理

来週月曜からは「旬菜料理」のメニューが並びます

魚料理系のイベントですと、ボクが買出しをする関係もありまして結構魚の内容にも首を突っ込むのですが、今はホールの仕事専属なので、最終的には料理長にお任せになってしまいます。ましては次回月曜から行われる「旬菜料理」にかんしては、野菜の加工や仕込みが多いので、まるっきり関わることができません。

料理長が言うには「当店は魚料理はそこそこ提供できるレベルなので(居酒屋にしてはですが・・)次は野菜の料理だ!」とのこと。旬の野菜や京野菜を使った和の味覚が楽しめる3日間になりそうです。

メニューには熊本の名物「トウベイ」なんかもあります。完全な自家製で豆腐を味噌に漬け込んで、3ヶ月くらい寝かせ発酵させたチーズのような食べ物。ようやく前に漬け込んだ「とうべい」が食べごろになったという訳です。今回はシンプルに野菜ステックにトウベイをつけて食べるスタイルになるそうです。

話変わり、昨日はたくさんのお客様に来店していただきました。「マグロ祭り」の効果があったのかはわかりませんが、売り上げも2月にしてはソコソコを記録しました。ちょっと高い本マグロですが、やはり食べると納得の極上食材です。多分、当店で扱っている中でも一番高い食材でしょう。次回は5月くらいにやりたいと思います。

butu.jpg

本日のオマケ写真。「鉢マグロのブツ 680円」ちょっとお上品な感じです。

飲みすぎに注意

お酒を飲める容量は人によってですので、自分のペースを守って楽しく飲みましょう!

と言うのが私の鉄則です。若い頃はよく無茶をして飲んだ経験は誰にでもありますよね。その経験から自分の酒に対する容量がわかってきます。

個人的に昔良く飲んだのはバーボンです。ケンタッキー州のバーボンという若いながら妙なこだわりがありまして、当時は4000円位と、まだ高かったワイルドターキーやジムビームなんかを格好つけて飲んでいました。一日に720MLの半分くらいのペースで飲んでいましたが、いつもゲロゲロだったのを覚えています。(だったらやめろよ、という感じです)

今は全然無理をしないので、せいぜいビールだったら缶で10本くらい。焼酎だったら1本くらいかな・・・・チューハイとかですと、朝起きてから寝る寸前まで飲めます。要は楽しい酒ならOKということですよ。

当店のお客様には若い層があまり来店しないので、トイレでうずくまっているようなお客様はまずいません。ほとんどの方が自分の適量をわきまえた大人の飲み方をしていて、尊敬に値さえします。

昨日はあるお客様がつぶれてしまいまして、帰りは近くだったので、送り届けました。量は少なかったのですが、体調が悪かったのでしょうか?僕自身はそれはそれで、構わないのですが、他の店の方はこういった場合はどうするのかな~と思いました。

歓送迎会が近い3月。美味しく、楽しく飲むのがベストですよ。

本マグロ

やっぱり旨い、本マグロ!

なかなかごっそりとつまむことが出来ない本マグロ。刺身用にさく取りした不要な部分から、賄い時に骨と骨の隙間をスプーンでほじくりだして、ちょこっとだけいただきましたが、旨い~っ!うまくて鼻血が出ちゃいますよ。

今回仕入れた部位が最高だったこともありますが、ピンク色に輝くトロには拝まざるを得ない状態です。お客様もマグロには目がないのでしょう。少々値が張っても注文をしてくれます。

昨日は他にも、カマトロ焼きのオーダーが目立ちました。以前も紹介しましたが、あの大きさなので食べ答えは充分でしょうし、持って行ったときに上がるお客様の歓声はたまりません。

いよいよ明日までですぞ!この機会にマグロ・フリークの方には是非「本マグロの中トロ」をオーダーしていただきたい。

honma.jpg

寿司にしようか迷います・・・なんせ同じ値段ですから。(5貫で1480円)

テーマ : お魚料理 - ジャンル : グルメ

まぐろ 鮪 マグロ

本日21日から3日間限りでっせ!

またまた、やっっちゃいます「マグロ祭り」
世間ではマグロの高騰が騒れておりまして、当店が世話になっているマグロ屋さんでも、やはり本マグロなどは値がじんわりと上がってきました。しかしながら、それに便乗して値段を上げるツワモノも出る中、魚海船団では値段は据え置き。昨年の価格のままで、今回も大放出します。

マグロは築地などでは出荷規制がかかっているそうで、出し渋りの状態。一気に買い付けられないよう、調整をしているようです。特に大きなチェーン店などで本マグロのフェアなんかをやられると、結構品薄になるらしい・・うちもそんな影響力があればいいのですが、今回いくら「マグロ祭り」と騒いだところで、市場には一切影響はなさそうです。

今日から3日間。今回はメニューを少なめにしようと考えたのですが、気づくといつものごとく一杯に・・・前回とちがうのはインドマグロ を仕入れていない点。インドは血合い(血の黒い筋のようなもの)が身の真ん中に入っている場合が多く、使いにくいので今回はパス。鮮やかな赤色がなんとも素敵なマグロなんですがね。

メニューはざっと以下のような感じです。
○本マグロの中とろ 又は寿司(5貫)
○本マグロの赤身  又は寿司(5貫)
○中トロづくし 刺身盛合わせ 又は寿司(10貫)

○鉢マグロの中とろ 又は寿司(5貫)
○鉢マグロの霜降りブツ
○青森産山芋のやまかけ

○本マグロの中とろ 炙り握り(5貫) こいつが今回のオススメですな。

○カマトロの唐揚げ 柚子風味
○マグロとアボカドのカルパッチョサラダ

chuutoro.jpg

前回やったものですが「本マグロの中とろ刺身 1480円」

テーマ : お魚料理 - ジャンル : グルメ

予想外です

昨日と今日限りのイベント「イワシ料理580円均一」はおかげ様で大盛況です

実は昨日仕入れたイワシは昨日と今日の2日分と考え、80尾位を仕入れたのですが、9時頃に完売となってしまいました。なんとも予想外の反響に調理場のスタッフ共々びっくりです。料理の種類が豊富だったこともあるのでしょが、一つのテーブルで色んな種類をオーダーしていただいたので、来るは来る、イワシ料理の嵐でした。

そんなこともあり、本日も新たにイワシを仕入れに行きました。しかし朝、市場へ行くと目が飛び出るほどイワシが高いではないか!そこらを歩き回り、魚屋全部を見てまわりましたが、相場なのでどこも大体同じくらいの値段。あとは、いつも買っているところにお願いして安くしてもらうしかありませんでした・・・なんせ580円均一で突っ走ってしまいましたから、なるべく仕入れ値で抑えねばと。火を通す蒲焼やフライも刺身用の新鮮なイワシを使っていますから、なんとも値が張ってしまうのです。

本日もバッチリ完売してくれることを願います!

i_sasi.jpg

見てください、この脂のノリを。真イワシのお刺身 580円

umetata.jpg

料理長のアイディア作品。真イワシの梅たたき 580円。贅沢にも紀州産の梅干しと一緒にたたいて、丸秘のスパイス(これが決め手です)を加えています。酒の肴にバッチリです。


テーマ : お魚料理 - ジャンル : グルメ

いわし大特集

本日月曜から、イワシを使った料理全品580円均一やっちゃいます

当店のお客さんは、この鰯が大好きでオススメメニューで出すとポンポンとオーダーが来ます。僕自身も大好きですが、今回はお刺身だけじゃなく色んなレシピを加えて、しかもまたまた580円均一にしてしまいました。

朝、少々不安ながら市場に来ていた鰯を仕入れると、なんとも値段の高いこと。ここんとこのシケのせいでしょうか?最近見た中でも最高級の高さでした。
お客様的には「イワシ=安い」という年配の方が多いので(なんせ昔は豚の餌だったそうな・・)お刺身一人前 580円で普通と思われては困ってしまうのです。これでもがんばっていますから。

さてさて、早速仕入れたイワシに触ってみたのですが、モノは銚子産ので脂もかなり上質な感じです。2種類仕入れていまして、寿司や刺身用には更に良い方を使うつもりです。火を入れる用も刺身で食べられるほど鮮度の良いものなので、なんとも贅沢なこと・・・

ちなみにメニューには「刺身」、「梅タタキ」、「握り寿司」、「蒲焼き」、「南蛮漬け」、「生姜煮」、「しそフライ」などなど。全部580円です。ほとんどが2尾使用となりますが、値段が合わないものは量で調整するつもりです。

機会があったら、是非来店してくださいまし!

iwasi_hako.jpg


↓試作品ですが、イワシの紫蘇フライです(実際は2尾になります)
furai.jpg

テーマ : お魚料理 - ジャンル : グルメ

甘い1週間

今週はバレンタインがありましたが、消化するには甘すぎる1週間でした

もともとチョコレートは好きなんですが、あまり食べられないんです。2個くらい食べれば充分で、それ以上食べるとお腹が一杯になってしまいます。

バレンタインでは職場の義理チョコと家族からの愛チョコをいただきましたが、いただいたからには食べなければならないと・・・
まず、手をつけなければいけなかったのは、娘ががんばって作った手作りクッキー。結構な量だったので、車での移動中や、空腹の時を見計らって食べ続けました。しかし、クッキーといえども甘いのなのって・・・

バイトの愛ちゃんからもらったのは、量も少なくおいしかったので、すぐにクリアー。問題は妻からもらったチョコ。二度と買えないらしい高級チョコらしく、はやく包み紙を開いて欲しいらしいのですが、そう言われるとなかなか開けれない。ここのところ甘いものづくしで、食べることに少々拒否反応もあったのです。すると、何故せっかく苦労して買った高級チョコを食べないのかと喧嘩になってしまいました。悪意はないのですが、ホント食べれないんです。

意外と興味をそそったのが、ママさんからもらった「芋焼酎チョコ」。誰かから洋酒入りのチョコをもらって、「芋焼酎のチョコだったらよかったのに・・」と冗談で言ったのですが、本当にこんなのがあるとは・・・

DCF_0043.jpg

ピンクのが娘からもらったクッキー。小箱が妻から。妻のはまだ未開封です。

スティーヴィー

今日はグルメ日記とは関係ありませんが、現在来日中で話題となっているスティーヴィー・ワンダーのお話を。我が恩師でありますから・・・

かなり小さい頃から、彼の存在は知っていましたが、本格的に好きになったのはボクが渡米した17歳のころ。特に70年代から80年代のレコードはすり切れるほど聞きました。一昔前に志していた音楽家としての価値観は無論、人生そのものの価値観を変えたのが「Songs In The Key Of Life」というアルバムで、意味の深い曲ばかりで感受性の強い10代のボクをかなり刺激しました。

初めてスティーヴィーのコンサートに行った時のことも覚えています。26歳くらいの時で結婚前の妻と2人で横浜アリーナで見たのが初めてでした。初めて生で見た感激と、ステージでプレイした最初の曲がボクのお気に入りだったことも重なり、出るわ出る、涙が洪水のようにジャボジャボと・・・あまりの感動に涙腺を直撃したのです。歌の中に込められたメッセージが無防備なボクの心に土足で入りこんで来たんですよ。本当に忘れられない思い出です。

今回は埼玉のアリーナで今日と明日の2日間に渡ってコンサートが行われるようですが、残念ながら行くことができません。本当に残念です。

916.jpg

彼の音源はほとんど持っていますが、特に影響を受けたのが↑このアルバム「Songs In The Key Of Life 」レコードでもCDでも、ビデオでも持っています。

鯖パワー全快

鯖料理780円均一、手応えばっちりです

まさか昨日仕入れた鯖32尾がほとんど無くなる状態になるとは思いませんでしたが、前回ボクが釣りで持ってきた時も、シメサバのお代わり続出で35人前くらいを一日で完売した記憶があります。

そんな訳で、昨日の夜にあわてて魚屋へFAXをして本日分のサバ2ケースを手配をしました。結果的にはその日に仕入れた鮮魚を提供できるわけですら、一番良い状態で食べてもらえ、店的にもお客様的にも最高なのです。

昨日一通り試食をしましたが、今回の「鯖料理一律780円」はお店も自信を持って提供できますし、お客様にも満足していただけるので、結果的に大成功だったと思います。今までに色んなイベントをやりましたが、魚海船団はやはり鮮魚が売りだとお客様に教えられた気がします。

↓料理長の自信作!骨まで食べれる寒サバ味噌煮 780円
saba3.jpg


↓話題騒然 魚海船団初挑戦!昆布シメサバの焼きサバ寿司(モノスゴイ脂のノッた鯖を使用しています)
saba4.jpg


このメニューは本日16日が最終日ですよ

テーマ : お魚料理 - ジャンル : グルメ

サバ さば 鯖

上モノ寒サバ仕入れました

saba1.jpg


一昨日は海が大シケだったようなので、魚が入荷するか心配だったのですが、ばっちり上物を仕入れることができました。本日15日と明日16日は「寒サバ料理」を6品、特別メニューとして提供します。この時期ならではの脂のノッた鯖が食べれるんです。

よく、釣りに行って困るほど釣れるサバですが、新鮮なサバは酢で〆たり、味噌煮にすると旨い!味噌煮の場合は脂がないとパサパサでマズイのですが、今回仕入れたサバは上品な脂(しつこ過ぎない)でコクのある鯖本来の味が楽しめると思います。

朝一で仕入れた鴨川産の鯖を30尾ほど卸し、早速シメサバを一気に仕込みました↓↓↓↓

saba2.jpg


今日と明日限りですよ。鯖料理が780円均一です。シメサバの他にも味噌煮、塩焼き、寿司などありますが、超おススメは「鯖のシャブシャブ」でしょう。今回、試作してわかったのですが、こりゃ半端じゃなくウマイ!
びっくり仰天のうまさです。明日、新鮮な鯖が仕入れれなければ、今日限りの料理となりますのでご了承を。なんせ鯖は鮮度が命ですから。しかも780円、うちのお客様は絶対喜ぶはずです。今日の営業が今から楽しみです。

今回の鯖特集は味にも値段もかなり自信があります。チャンスがあったら、是非ご来店を!

テーマ : お魚料理 - ジャンル : グルメ

魚海祭り(とかいまつり)

今週から来週にかけてのイベント「魚海祭り」が良いスタートをきっています
昨日と今日は「寒平目」をピックアップして、5種類のメニュー全てを780円均一で提供していますが、昨日市場で仕入れた平目4枚(多分6キロくらい)はほぼ完売しました。

今日も昨日の調子で仕入れにいったところ、モノが少なく苦戦。ここのところのシケで平目が品薄に・・・やばいと思い、あちこち行きましたが、やはり良い寒平目がなく、本日14日は中止せざるを得ないか??と思ったのですが、まぁ今日だけなので、活〆の平目ではなく、活平目を使うことにしました。活〆というのは、生きているうちに血を流して身をしめるので、旨みが出るんです。活〆ならしめた次の日に食べると一番美味しく召し上がれると思います。活平目ですと、生きている平目を使うので、身がプリプリしていて、歯ごたえが非常に良い。好き好きですが、どちらも平目好きにはたまりませんよ。
なので、今日は仕入れ値も全くあっていません。お客様にとっては良いことだと思いますが、商売としては??どうでしょう。次につながれば良しということで・・・

市場へ行ったついでに、明日から2日間行われる「寒サバ特集」で使うサバの仕入れ状況も確認してきました。なんせ仲卸しに入ってこないと私達は買えませんからね。なんとか明日の分30尾は確保できそうです。銚子産の脂ノリノリのサバが入りますよ。特にシメサバは期待をしてください。絶対旨いですから!他にも焼きサバ寿司ですとか、色んな寒サバ料理を安く提供しますから。木、金の2日間だけですので、週末のご予約はお早めに。

今回の寒平目料理の一例です↓
hirame2.jpg

銚子産 寒平目のお造り 780円

hirame1.jpg

寒平目のカルパッチョ風サラダ 780円

新しい家族

この度、我が家に新しい家族ができました

と言っても子供が生まれたわけではありません。昨日、ジョイフル・ホンダ(ホームセンター)に行ったときに見つけたコッピーのことです。

前にも一度飼ったことがあるのですが、水を変える時に死んでしまいました。今度こそは長生きさせるぞ!と意気込んでいます。その発端は、以前からうちの娘が(人間の子です)犬を飼いたいとしきりに言っており、ペット屋に連れて行くと必ず犬のことを口にするのです。昨日も案の定、犬をせがまれ「んじゃ、コッピーをかってやろう」と言って、小さい子魚4匹と金魚鉢を購入。我が家に連れて帰ったのでした。

全部で2000円くらいの買い物ですが、なんせ生き物ですから邪険に扱うことはできません。家の一番いいところに置いてあげましたが、夜酒を飲むときなど、ずっと眺めています。なんとも心が癒されること・・・

前回は6ヶ月くらいしかもちませんでしたが、今回はせめて1年くらいは育てたいなと・・・

子供は結局、その後家に着いてもコッピーの相手をすることはありませんでした。餌もボクがあげたのです。犬なんか絶対無理でしょうな。

koppi.jpg

↑かわいいコッピー(あかひれ)とタニシ。タニシはコケを食べてくれるから、掃除の手間がはぶける(ハズです)。

で、食べました。

昨日の続きですが、早速調理をして食べたのですが、そりゃ~もう!

うまいのなんのって!最高ですよ。2種類釣った魚のうち「ソイ」の方は大きいわりに脂が少なく、プリっプリのコリっコリでした。薄造りであの歯ごたえは、天然釣りたての良いところです。もう片方の「アイナメ」はと言うと。半身を刺身で、もう半身は煮付けにしました。刺身は脂がのっていたので、こってり系で大人6人で食べたのですが、アイナメ派とソイ派の真っ二つに意見が分かれました。要するにどっちも美味かったんです。

これで平目が釣れていれば、文句なしだったのですがね~。ちなみに昨日は酒の量もついつい進んでしまい、知らない間に床で爆睡。一緒に釣りに行った友達もボクが知らない間に帰宅したそうです。何せ徹夜でしたから無理もないのですが・・・

今日は十分に回復して、また明日からガンガンいけそうです。

↓この刺身がみんなを幸せにしたのだ。
sasi


今日のおまけ写真は、先日間違ってスーパーで買ってしまった「アジ」。なるほどスーパーならではの鮮度だったので、自家製アジの開きを夜な夜な作りました。明日の朝食になります。
洗濯物と一緒に干しているところが渋いでしょ↓

PICT0110.jpg

テーマ : お魚料理 - ジャンル : グルメ

本日の釣果

昨日は仕事が終了した後に九十九里に釣りに行きました

待ってましたよ、この日!
久々だったので、気合いがはいりましたよ!

狙いは勿論、寒平目。火曜日から始まる「魚海祭り」で用意しなければならない平目を狙いに行ったのです。23時に仕事が終わって、九十九里に着いたのが2時位。アルバイトの娘を送り返した後、高速をぶっ飛ばして行きました。

少し車内で仮眠を取って朝の5時に出航。昼12時まで自然界との格闘を満喫しました。結果から申しますと、寒平目はゼロです。釣りたかったけど、釣れませんでした。波は高いし、風はピューピューと吹き寒かったです。辛い釣り日だった・・・・・

残念ながら、楽しみにしていた家族で平目パーティーは実現できず。代わりにアイナメとソイが釣れたので、刺身でこれがらいただくことにします。サイズ的には市場では見たことのない特大サイズ。しっかりと脂ものっている天然モノですから、本命ではありませんでしたが、感謝していただくことにします。

turi.jpg


↑疲れきって苦笑。一応嬉しいんですが。。。

turi2.jpg

さぁ、これから調理しますぞ!

社員募集中!

只今、魚海船団では業務拡大につき、正社員候補を大募集しています。

向上心とプライドを持って働ける方、どなたかいないでしょうか?
普通のチェーン店とは違って、メニューの献立や仕入れ、仕込み、ハッキリ言うと鉛筆一本買うにも自分で選ぶという世界ですが、非常にやり甲斐があり、勉強になることが多いです。将来飲食店で独立を目指す方には間違いなく良い環境ですよ。

ボクもこの店で最初に面接をしていただいた時に、担当をしていた今の部長に「必ず将来何かをやるときの役に立つよ」と言われ、この店に腹を決めたのを覚えています。ボスは真剣にやる人に対して一直線な方なので、マンツーマンで商売のイロハを学べます。普通のチェーン店はある意味サラリーマン的なところがありますから、魚を見る目が養われたり、料理の腕をぐんぐん上げるなど、ある意味で無理なところがあります。この時代に昔ながらの商売根性を学べるところは本当に少ないと思いますよ。

あと、この会社のもうひとつ特徴的なところは、社訓にもありますが「自ら考え行動する」という点。店を良くするのも、生活を良くするのもある意味自分の力量次第ということです。まずは行動をしてなんぼということですよ。

興味のある方は是非メールをください。未経験の方でも親身になって将来計画の相談にのります。

メール tokaisendan@aol.com

soini.jpg

本日のワンショット。真ソイのお煮つけ


本腰入れます

来週からのイベントですが、今から気合いが入ります

来週火曜からの「魚海祭り」ですが、毎日魚のオンパレードで特集
を組んでいます。以下のような感じなのですが・・・

2/13~14日 「寒平目特集」
2/15~16日 「寒サバ特集」
2/19~20日 「イワシ特集」
2/21~23日 「マグロ特集」

今がまさに一年中で一番脂がノッていてうまい魚を大々的に取り上げます。最初に平目がきているのは、その前日の連休にボクが平目を釣りに行くからなんです。
今から絶対釣ってやる!とかなりの意気込みですよ。もし釣れなかったらごめんなさいで、市場で仕入れることになります。あしからず。

でも、釣れたらこりゃ素敵に美味しい天然モノの寒平目が食べれるわけですよ。今まで釣り人にしか味わえなかった、あの味をお客様にもおすそ分けできたら・・・と思っています。がんばって3キロ級の寒平目を上げますぜィ!乞うご期待

ところで、昨日は市場で仕入れた寒サバを使って、今回の予行練習をしました。今回使用したのは九州産のサバなのですが、多分北の方から南下してきたサバなのでしょう、脂が半端じゃなかった。このサバを使って料理長が究極の「大トロ〆サバ」をつくりました。素材にもこだわりましたよ。〆る酢も極上もんを使いました。15日からのサバ特集も凄いことになりそうです。

saba.jpg

こいつが「大トロ〆サバ」。仕入れ次第ですが、極上モノを扱いますので、安くは出来ないかも・・・(と言っても780円くらいだとはおもいますが)


魔夜中の買い物

昨日は店が終わってから、無性に日本酒が飲みたくなり24時間営業のスーパーへ直行しました

帰り道に寄ることができるイオン系の大型スーパー「マックスバリュー」は24時間やっているので、非常に便利。しかも酒の種類が多いのなんのって・・・迷ってお酒を選んでいると30分位直ぐに経ってしまいます。

ことのきっかけは帰り道に部長と日本酒の話をしたこと。前も帰り道にブランデーの話をしたところ、家に着くなりブランデーをラッパ飲みしたことがありますが、昨日はなにかの拍子で日本酒の話をしたところ、我慢できなくなりました。

スーパーに行くと、なんとも種類が豊富で迷う迷う・・・
散々迷ったあげく、芋焼酎1本と日本酒1本をゲット。この酒が興味深いことに地元千葉の酒で、成田方面に工場を持つ老舗の蔵元。純米吟醸酒で一升瓶が2300円程度でしたが、値段も安いうえに口当たりの良さ、吟醸ならではの透明感がなんとも言えず大満足。しばらくの間は日本酒の晩酌になりそうです。

sake.jpg

↑こちらが大満足の日本酒、鍋店の「仁勇」純米吟醸酒。
この蔵、他にも色々リリースしているので、他の種類もあさってみようと思います。

テーマ : 日本酒 - ジャンル : グルメ

マッサージ機

気持ち良いんですよ、これが・・・

正月のバーゲンで買った「足モミ・マッサージ機」。たしか5000円で買ったのですが、これがなかなか重宝しています。なんせ立ち仕事ですから、この年にもなると仕事が終わった頃にはパンパンになります。いつもホールを走り回っていますから・・・(自分では知らないが、噂によると大声を上げながらとのこと。)

昼頃に店に入り、パソコンやら何やら夕方まで叩いてる間は座っていますが、夕方4時頃から夜の12時頃まで8時間くらいはバタバタやってるわけです。昔はボクシングをやっていましたから足腰は鍛えられているはずですが、35歳にもなるとあちこちが故障してくる。年々老いていく自分の姿を実感しています。

ちなみに運動をやっていた頃は朝5時に起きて5キロくらいジョギングをして夕方までは仕事。仕事が終わるとジムでサンドバックをブッたたき、7時頃に帰宅してから10キロのジョギングをするという殺人的なスケジュールでした。ベットに就く時はいつもボロボロだった記憶があります。それに比べると今は甘チョロイはずなのですがね。

PICT0146.jpg

↑一日の疲れを癒してくれます。

怪しい粉

当店の部長が自家農園でなにやら怪しい粉を栽培しています

店でもある一定のお客様にしか知られていなく、あまり表沙汰にはなっていません。実はこれ、今話題の「ウコン」なんです。

よくカレーの色素とかでも使われていまして、最近では「ウコンの力」なるものが大ヒットしているようです。よく、若いサラリーマンの方がお酒を飲む前に一杯やっているのを見かけますが、効くらしいですね。

当店のウコンは部長が来る日も来る日も愛を注いで育てた100パーセント純正のモノ。その辺で市販されているものとは全く違うんですよ。しかも今年は豊作だったようで、この健康促進の粉末を何とかお店で売れるよう考えています。お客様は年配の方も多く、ほとんどのお客様が毎日ハードな仕事をされて疲れてるときている。これを提供しない手はないでしょう。

以前、ウコン茶として売ったことがありましたが、なんせマズイので結構不評でした。僕自身も「なんでこんなマズイんだろう」と思いましたが、毎日飲んでるうちになんとも言えない感覚を覚えます。まるで体が「ありがとう」と言っているように・・・
お客様でも必ず注文される方がいらっしゃいますが、なんとその方は長年悩んでいた血糖値が驚くほど下がったということです。なんと素敵なウコンの力よ!

ただ、最初は抵抗があります。なんせマズイので・・・

PICT0149.jpg

100パーセント純正ウコン。そのあたりのお店ではなかなか手に入りませんよ。来店の際は一度お茶で飲んでみてください。きっと気に入りませんが、体は大喜びしますよ!

船団のおでん

旨そうに出来上がりましたよ、船団のおでん

今週から始まった船団仕込みのおでん。単品で17種類、100円から200円までそろえました。黄金色のだし汁は料理長自慢の昆布とカツオの一番だし。是非皆様に食べに来て欲しい・・・それだけです!

今日は信じられないほど暇な営業日で、今年に入って一番のテンポの悪さでした。こんな日は雑用などに専念できるので、それはそれでいいのですが、せっかく最近は調子よく走ってきた感じがあったので、残念です。

PICT0140.jpg

↑船団のおでん 盛合わせでござる!

あと、本日からのおすすめ料理で「豆腐屋さんの手作りガンモドキ 九条ネギのせ680円」というのがあります。いつも野菜を仕入れている八百屋さんで売っているのですが、その八百屋さんに毎朝豆腐屋さんが卸しているのが、このガンモドキ。分厚くて旨いんです。作るときに山芋を混ぜているので、フワッとしていて、九条ネギにめちゃくちゃあいます。かなり旨くてお奨めですよ。

ganmo.jpg

こちらが「豆腐屋さんの手作りガンモ 九条ネギのせ 680円」豆腐屋さんの作りたてガンモにネギの相性がばっちりです!

「おでん」やります!

明日、月曜日からは「おでん」初挑戦

昨年までは冬限定でおでんメニューの盛りあわせだけを扱っていました。今年は鍋に力を入れたこともあって、おでんはそっちのけだったんです。

しかし明日からやりますよ。単品メニューで15種類ほどそろえ、それぞれお好みで発売します。ダシ汁は皆で検討しましたが、昆布とカツオの一番だしをとります。濃縮タイプの便利なモノもありますが、料理長のプライドもありますから・・・・

ところで、昨日の夜は仕事を終えて近所の深夜営業をやっているすし屋に行きました。なかなか繁盛しているところで、店のリーダー的な職人さんの勢いには目をみはるものがありました。この仕事をやってきてわかるようになりましたが、繁盛している店というのは働いている人間に何か光る部分があります。それはやる気だったり、その人の信念だったりが感じられる何かです。

ボスはよく「執念と勢い」についてどちらも欠けてはいけないと言います。勢いだけあっても、そこに根ざすものがなければ結局は空っぽですし、執念だけあってもそれに伴う行動力がなければ前へは進みません。僕自身もその二つを胸中に抱けるよう心がけていますが、それをいつでも持続できることというのは今後の課題となりそうです。

マグロのカマ

ぼくも大好きなマグロのカマ

BBQのシーズンはスーパーなんかでよく売っていますが「とかいせんだん」ならいつでも食べられますよ。常連さんには結構定番のメニューで、わざわざ食べに来る人もいます。

いままで仕入れていた「カマ」ですが、最近までずっと買っていた店での扱いが無くなりピンチになっていました。でも良く考えると、食材の宝庫で我が町船橋の「船橋市場」に売っていないわけがない、早速市場のマグロ屋をあたってみました。

結果、あるある。。。どこにでもありました。どこのマグロ屋さんでも売っていましたが、やはり品薄なのは確かです。1匹から2個しかとれないので、当たり前ですが、魚海船団から「マグロのカマ焼き 680円」が無くなることはなさそうです。ちなみにマグロ屋さんいわく、カマもそのマグロ自体がおいしい方がいいとのこと。本マグロのカマやインドマグロのカマもあるわけですから・・・・

今後仕入れるカマは↓のような感じになりそうです。

kama.jpg

久しぶりの釣りへ!

まだ早いんですが、来週の11日は久々に釣りへいきます

今からウキウキして仕方ありません。釣りの前日なんてウキウキし過ぎて寝れないくらいの重症です。他の釣り人にも聞いたことがあるのですが、皆同じで釣り日の前夜は寝つけないそうです。

今回は寒平目か鬼カサゴ、やりイカ、もしくはフグなんかもいいかと考えています。どの魚も最高に旨いので、あとは千葉県各地の状況を見て一番ホットな場所を選ぶだけ。やりイカなんかは、スパーで買うと2000円級のものが場合によってはジャンジャン採れるので、そりゃやめられない訳ですよ。

休み明けは店に釣れたての魚が並ぶ可能性もあります。勿論、自然が相手ですので、全く釣れないときは普通に市場で買ってくるのであしからず・・・

ちなみに今週の日曜日は常連様のご要望で、貸切りにてお店をオープンいたします。日曜に団体でご利用いただけるなんて、ありがたいことです。

釣果は11日か12日のブログで発表します。ちなみに前回は超新鮮なシメサバがお店に並び、大好評でした!

最近の密かな楽しみ

音楽無しの生活なんてリズムがなくてイヤです

ボクは10歳頃から音楽が好きでバンドをやっていましたが、それ以降好きな音楽を聴く時間というのは、唯一誰にも邪魔されたくない至福の刻でもあります。

昨年の暮れに買ったソニーのハードディスク・プレイヤー(20ギガ)ですが、最近はこれにお気に入りの音楽を入れて、通勤の電車で聞くのが息抜きの時となっています。購入する直前はアイポットにしようか迷ったのですが、友達がほとんどアイポットで「電池のもちが悪い」と聞いていたので、電池の技術では世界に誇るスタミナのソニー製品が自分の中で圧勝し、これに決めました。

家には黒人音楽が約80パーセントで残りはロックとオールディーズ。いずれも洋楽ばかりですが、CDは多分1500枚くらい??(1000枚位までは数えたが、それ以降は不明・・)レコードは300枚ー400枚、カセット(古いな)は数えたことがありませんが500本くらいあります。カセットも昔はLP盤の代用として主流で売っていた正規のものばかりですよ。

洋楽の評論もやっていましたから、家にはいまだにレコード会社関係からCDが送られてきます。好きなCDを買うのは直接レコード屋に出向いてジャケットなんかを見て、想像を膨らませて購入するタイプです。アマゾンでも安くて便利ですが、自分の手にとってみないと気がすまないのでしょう。レコード時代のなごりだと思います。

walkman.jpg

音楽から与えられるパワーこそが、ボクの活力になっているのです。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ