プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

年度末、何とか乗り越えました

神田周辺はビジネス街なので3月はザワザワしていましたが、おかげ様で弊社も何とか今期を無事に終えることが出来ました

これも「魚海船団」を応援してくれたお客様のおかげです。ありがとうございました!

昨日は今期の一日の売り上げトップ3に入るほどの忙しさ・・働き手が少なかったことを考えると、かなりのお客様に迷惑をかけてしまったと言えます。数日前に予約の電話をいただいた方のほとんどのお客様もお断りする始末・・・行き違いやお客様にビールをかけてしまったり、忙しい時に限って失敗が重なり、精神的にも参りました。自分はまだまだだと実感しました、ホントにスミマセン!

今回迷惑をかけたり、不快に思わせてしまったお客様には申し訳ありませんが、この経験を機会に次は同じ失敗をしないよう、精神的にも成長し、接客には細心の注意を払らえるようように努力します。昨日はボロボロで30パーセントのお客様にも満足を得られなかったことと思います。



当店はおかげ様で来期も無事に店を営業することができます。また一年、更に満足を得られるような店作りを目指して走り続けますよ。

スポンサーサイト

ミンク鯨

本日、市場で「ミンクくじら」を仕入れてきました

ボクの世代ですと、あまり馴染みがありませんが、一昔前は日本人の食生活を支えていた食材「鯨」。今日は市場で上物があったので仕入れてきました。早速、本日のおすすめメニューで提供したいと思います。

仕入れた鯨の販売元は日鯨商事http://www.nichigeishouji.jp/という鯨に特化したメーカーさんなので、モノは間違いないと思います。今となっては高級なミンク鯨を刺身で提供しますが、年配のお客さんにどう反応が出るか、結構楽しみでもあります。

買ってくるなり試食をしましたが、さっぱりしていて旨い。この値段でこの質なら誰にでも納得してもらえるハズです。ネット上ではグラム700円以上で出回っているものですから、比べていただければ「魚海船団」がいかに薄利で商売をしているか、分かっていただけるでしょう!

kujira.jpg

こちらが本日仕入れました「南氷洋産 ミンク鯨一級赤身」、お刺身で一人前 980円です。

海老祭り

来週から「海老祭り」やっちゃいます
なんでもかんでも「~祭り」と称してイベントをやっていますが、4月の頭からは海老を食材に使った「海老祭り」なるものをやります。正直言ってまだ詳細は不明なのですが、明日市場であらゆる海老を見て、使えそうなモノを物色してきます。ボクの場合、出身が北海道ですので「ボタン海老」は必須ですな。青い卵がお腹にのったデブであま~いヤツ、最高ですよ。上手く祭り日に売っていると助かるのですが、そうとも限らない・・・

あとは殻付きのエビチリなんかも良いですね。ハッキリ言って殻が付いていると食べるのが面倒なんですが、身が縮まないので見た目が素敵なんです。他にもジャンボ海老の天ぷらとかもいかしてますな。

市場には「活海老」も売っています。生きている海老をさばいて食べさせてもらったことがありますが、死ぬほど旨かった。ジャンボ車海老の刺身も食べたことがありますが、それは天国へ連れて行ってくれました。

昔、ニューヨークのレストランで働いていた頃に「海老カツ」が売りの店にいたのですが、当時どのように作っているか、興味がなかったので分かりませんが、とても美味しかったのだけは覚えています。余談ですが、南米系の方が仕込みをしており、いつも歌を歌ったり、机を叩いてリズムをとったり。。。楽しそうに仕事をしていました。

そういえば昨年ハワイへ行ったときに、映画「フォレストガンプ」をモチーフにした「パパズ・ガンプ」と言う海老料理屋へ行きました。映画では知的障害を持つガンプが最後には海老取り漁をして成功するところで終わるのですが、実際にその店をかれがやっているわけではありません。

当店のビルの4階にいるお客様がその会社の地元である大分から凄い「関サバ、関鯵」を持ってきました

前回、当店でも関アジを提供しましたが、それとは数段格上の魚を持ってきました。そのお客様の地元が関サバの名所、大分ということもあり、持ってきたのは空輸の超速便で、多分あの鮮度を見ると朝捕れたての魚です。目はビー玉のように輝き、身はピカピカ、内臓はまだカチカチでした。ただ大きいだけじゃなく、横幅が凄い。ぶっくり太って、見るからに旨そうでした。魚はアジが3尾、サバが3尾で各1尾ずつお店に技術代としていただくことができました。

以前にお店で1980円で関アジの姿盛りをやった時に、そのお客様は「関アジがこんなに安い値段で食べられるわけが無い」という理由で疑ってかかりました。ボクの方としては市場で正規ルートで仕入れたものですから、自信がありましたし、そのお客様にも食べて欲しかったのです。しかし、いくらボクが勧めても答えはノー。結局食べてはくれませんでした。

そういった事も今回そのお客様が魚を持ち込んだ理由だったと思います。「ミッキー船長、これが本物の関サバ、関アジなんだよ」という・・・確かに関東あたりじゃ、ああいった型の魚は入ってきませんし、見たこともありません。負けですな、納得しましたよ。

↓こちらが空輸したての関あじ、関さば。豊後水道水揚げ仕立てのホヤホヤです。
sekisaba.jpg


お刺身にすると、こうなりました↓
PICT0110.jpg

アジは試食しましたが、鮮度がズバ抜けで、コリッコりしていました。

ぐるなび大学祭 

logo_top2.gif

「ぐるなび大学祭 春の特別集中講座」に参加しました

本日は午前10時から夕方16時まで開催された「ぐるなび大学」の特別講座に行ってきました。ボクが受講したのは4科目で10時からの「ぐるなび活用のポイント」、11時30分からの「宴会獲得セミナー」、13時30分からの「安田久氏 特別講演」、15時からの「数値管理セミナー」の4つ。15ページにわたるノートへの殴り書きが、今後のボクの行動を変えることになるでしょう。多分・・・

いつもそうですが、ぐるなび大学の講習会は必ずといっていいほど参考になり、何かを得て帰ってきます。今回も同様、スペシャルな集中講座ということで、ノートを読み返すと断面的に講師が説明していた事柄が甦ります。しかし、今回一番、脳天に焼きついたのは「マネーの虎」で一躍有名になった安田 久さんのお言葉。
飲食に関しては、ボクの中ではオールタイム・べストな人物である当店のボスにも匹敵するほど、鋭い感性で商売をやっているお方だとお見受けしました。安田氏いわく、「現場で培った15年間の経験がトップになった今でも役にたっているとのこと」。「マネーの虎」どころか、テレビを見ないボクにとって、彼を最初に見た時は、現場を経験していない経営責任者という印象だったのですが、話を聞くにつれ次第に生い立ちが明らかに。なんともドン底から這い上がった方なのです。講演の最後をしめくくった言葉は「夢を見なさい!」というシンプルかつ、力強いお言葉。ボクが音楽をやっていた時に尊敬していた恩師達も全く同じ言葉を使っていました。「夢を持て」、「絶対にあきらめるな」と。こういった情に訴える言葉というのは、忘れにくいものです。

もちろん安田氏の話には、売り上げを上げるための実用的なお話もたくさんありまして、そこらもバッチリとノートにとって参りました。「50パーセントのリピート客を維持できない店長は失格」ですとか・・・これに関しては余裕でクリアでしょう。当店は70パーセント以上のリピート客がメインで成り立っていますから・・他にも色々ありましたが、これは今日彼の話を直接聞けた人の特権ですな。商売のノウハウとして役立つ法則があり、非常に参考になりました。

その他にも役立った講演がございますが、要はいかに数字に敏感になって正確なデータをもとに戦略を立てるか・・ということです。昨年から決めていましたが、2007年のボクの一番の目標となることは間違いなしです。「数字に強くなる」ということは

講演者の教える全てが当店の運営に当てはまる訳ではありません。しかし、自分の中だけでいくら知恵を絞っても限界があります。色々な経験を持っている方のお話というのは、必ずプラスになり、モチベーションを上げるためにも必要な活力となっています。


試験勉強

わかっていましたが、試験勉強は大変です

来る4月8日に行われる「1級船舶免許」に向けて、只今勉強中ですが、これが又大変なんです。自動車免許くらいに思っていましたが、よく考えると海上のルールですよ。陸上とは全く違い、全てが未体験ゾーンですよ。しかもきちんと覚えておかないと、免許を取ってからが厄介なことになるでしょうな。誰もいない海の上で、もし何かあったらどうなるんでしょ・・・とりあえず、泳げないんですよ、ボク・・・魚の餌だけは勘弁です。

と言うことで、テキストは肌身離さずの生活をしています。船の構造や海図の見方、海上標識やら覚えることがたくさんあります。いくら魚が好きと言っても自分で船を運転して、釣りに行くとは、バカな自分です。

さて、明日は午前10時から「ぐるなび大学」の集中講座というのがあります。飲食店におけるインターネット戦略についてで、4教科を各講師が熱く語ることでしょう。受講すると、いつも刺激を受けますが、今回はスペシャル講座というだけに、更なる効果があると思います。

受講した感想については明日のブログで公開いたします。

「あられ」ちゃん

今日からやってきました

今日のお昼にペットショップへ引き取りにいきました、例のレンタルペットの「あられ」ちゃん。シーズ犬で非常におりこうさんな犬です。年は4歳らしく、犬生経験も豊富なためか、よくしつけをされたおとなしい犬です。まだ一度も泣き声を聞いていません。

うちの娘が全て面倒を見るという約束で、1週間レンタルをする予定です。料金は15000円に保証金が10000円。初めて犬を飼う経験をするには安いと思います。娘はすっかり気にいったようで、ずっと離れようとしません。「あられ」も人なつっこく言うことを聞くので、たまらないのでしょう。

P1000251.jpg

こちらが「あられ」ちゃん。1週間限定の家族です

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

演奏会へ行ってきました

本日は共立女子高等学校吹奏学部の第25回 定期演奏会へ足を運びました

年末にご来店されたお客様で、今では常連様となっていただいたK氏が指揮を務める共立女子高 総勢90名ほどのオーケストラ。音楽が大好きなボクは今日が土曜ということもあり、仕事前に立ち寄ることができました。

まず会場に入ってびっくりですよ。一度にこんなに多くの女子高生を見るのは学生以来ですから・・・皆さん楽器を片手に精一杯の演奏を聞かせてくれました。K氏の素晴らしさを感じたのは、これだけ多くのメンバーをひとつにまとめているという所。来店されても他の方に気が利く所を見ると、皆さんがついてくるのが良く分かります。

そしてもう一つは、音楽的に非常に面白い取り組みをしているところです。特に印象的だったのは第一部で演奏した「ブルーロンド」と言うジャズ曲をアレンジしたモノ。原曲は思い切りジャズの曲ですが、難しい変拍子の曲をオーケストラ用にアレンジしており、しかも高校生がやったという意味ではかなりのチャレンジだったことと思います。結構長い時間ソロを弾いたビブラホーンの方も素晴しかったです。

第3部では卒業生とコーチが披露してくれたステージで、丁度昨日ご来店された方そろっていらっしゃいました。「昨日大変失礼なお酒の勧め方をしてしまった!」と、ふと思い出し苦笑。実は皆さんコーチの方々だったんですね・・・

最終曲はコーチグループと在学生が合流し、総勢200名くらいのメガオーケストラに。計3時間ほど、非常に心に残るステージでした。
お客様の日常を知ることで非常に勉強になります。どういったシチュエーションでお店を利用していただいているのか、良く分かりますしね。

↓こちらが在学生達90名位で編成したオケ。女子高生だらけで、びっくりしました。
oke.jpg


↓こちらはOG&コーチ達のオケ。さすが一人一人の楽器が良く響いていました。
oke01.jpg

一通の手紙をもらいました

昨日、ある方から手紙をもらいました

先日、当店で宴会をされた方のグループで忘れ物をした方がいらっしゃいました。忘れ物はクリーニングしたての洋服のようで、遠方から来た方だったようです。閉店間際に電話がありまして「今から取りに行きます」とのことで、1時間ほど待っていました。待つこと自体は何でもなかったのですが、もしかして「もう今日は来ないのかな?」とボクは判断してしまい、その夜はもしものためも考慮し張り紙をして帰宅しました。「洋服は預かっています」と・・・

次の日に出社すると張り紙が無くなっていることに気づいたボクは「しまった!」と思いました。多分その夜、忘れ物をしたお客様が戻ってきたと思ったからです。電話があり、その夜は店に忘れ物を取りに戻ったが、ボクが去った後だったらしいのです。

もう少し待っていれば・・・と罪悪感を感じたボクは、その方の住所をうかがい、忘れ物を送ることにしました。そういった一連の出来事が数週間前にありました。

そして昨日、そのお客様からご丁寧にもお手紙をいただきました。「お気遣いいただき、ありがとうございます」という内容でしたが、逆にボクの方がこういった礼状に驚いてしまいました。実は今までにも、忘れ物を郵送で送ったことがあるのですが、こんなに丁寧にお返しをいただいたことはありませんでした。

ちょっとした好意がこんな形でお返しいただけるなんて感激です。この手紙は今後も大切に保管して、大いに励みにしたいと思っています。



レンタルの時代です

娘の強い要望により、な、なんとペットをレンタルすることにしました

ペットもレンタルの時代かい?と思いますが、インターネットで探したら、あったんですよ。→http://www2f.biglobe.ne.jp/~poko/shop/rental.htm
以前から犬を飼いたがっていた娘は、「家じゃ飼えないよ」と言うワタシの言葉を押し切り、春休みの間だけという約束でレンタルすることにしました。どうせ最初だけで、面倒を見れないだろうというのと、犬がいつも一人ぼっちになりかねないというのが、ワタシの見解。

ワタシ自身は子供の頃に、ポメラニアンとマルチーズの雑種を飼っていましたが、なかなか犬が馴染めず苦労しました。可愛いのは分かるのですが、いつも家を空けがちなミッキー家に子犬は無理だろうと・・

命あるものをレンタルするとは、何事ぞよと思いますが、命あるからこそ慎重にと思い、今回娘がどのくらい本気なのかを知る上で、いい機会だと思っています。

arare.jpg

写真は今週日曜から借りる予定の「あられ」ちゃんです。見に行ったのですが、シーズ犬でとても人なつっこい犬でした。

春の知らせかな

家の庭を久々に眺めていると、なんとも春らしい光景が

普段は忙しくて庭を見渡す暇も無かったのですが、ふと気づくと家の庭にも密かに春が訪れていました。正直言って家の庭を見渡す暇も無いなんて、余裕が無さ過ぎですな・・・どんな毎日なんでしょ

寒さがしのげば、この庭はバーべキュウ場と化します。今年の夏も肉を焼きまくりますよ。2年前に家でアメリカに住んでいた時のようにホームパーティーを開こうと思って、人を呼んだら、友達など30~40人も集まってしまい大変だったことがあります。そこまで広い庭ではないんですよ。昨年はできませんでしたが、今年もBBQパーティー、やりますよ。ああ、待ち遠しい!

↓の写真の木は、一度は邪魔でギコギコと切断した木で、何の木かわからなかったのですが、まさかこんな花を咲かせるとは・・・びっくりです。なんていう木なんでしょうか
P1000225.jpg


実はこの水仙↓芝生をひく際に邪魔だと思い、全部ひっこ抜いたつもりだったんです。しかし生き残った水仙が毎年こうして生えてきます。恐るべし生命力です。
P1000229.jpg

助け神

さすが3月の金曜日。予約で一杯になりました

たくさんの常連さんをお断りしなければならない状況で大変申し訳ございませんでした。さすがに歓送迎会の季節だけあって、当店も開店前から予約で満席となってしまいました。

これだけの席が埋まり、今日はある程度の売り上げを確保できる!と喜ぶも束の間、完全に働き手が足りない・・・先日ママさんが足の故障を訴え、しばらくは休養をとると連絡が。日本舞踊の発表会で猛練習に励んでいたところ、がんばりすぎてしまったのだ。

トホホ、と思っていたところ天使のように舞い降りてきたのが、ママさんの娘さん、メグちゃんだったのだ。若い頃から魚海船団で鍛えてきただけあって、気が利くうえにバリバリ動きますよ。凄い凄い!

古いお客さんとの再開に思わず声が上がる場面もあり。なんせ僕よりもず~っと前からお馴染みのメグちゃん。今回の復帰はまさに一年半ぶりでしたが、復帰した日がこんなにも忙しい日でさぞかし大変だったと思います。お疲れ様でした!

今後もママさんんが回復するまでは、助っ人として顔を出していただけるようです。多分ですが・・・

ツマの色々

ツマと言ってもカミサンのツマではなく、刺身の飾りに添えるツマです

先日、料理長が「ミヤモトさん、写真、写真」と言って呼び出すではありませんか!滅多に自分から写真を撮ることを強要しないのに珍しい。何ぞやと思い厨房へ入っていくと、そこにはマブしいばかりの色とりどりのツマが奇麗に並べてあるではありませんか。

ボクが「これを写真に収めればいいんですか?」と聞くとニヤリと笑い「んっ」とうなずく。よっしゃとばかりに撮った写真がこれ↓です。
tuma.jpg


手前から赤が人参、緑が胡瓜、黄色がなんと黄色い人参、白が大根、そして又人参。一番手前の人参と最後の人参は種類が違って、手前側が長くて真っ赤な、馬が食べるみたいなヤツ(名前をど忘れした)です。

他にも時間があるときは食材を加工して、蝶々ですとか、花ですとか、鳥とか亀とか作っているのを見たことがあります。ごく普通の居酒屋さんですが、お刺身を注文して人参で作った蝶々がのっていたらお客さんもびっくり。見た目も品もよくなります。

ただ、こういったモノが作れる時というのは時間があるとき(言い換えると暇な時)限定なんです。仕込みで追われている時はそれどころじゃないので・・・


すし屋

近所の寿司屋さんパートⅡ

日曜なので、たまには寿司でも喰おうかと家族で近所のお寿司屋さんへ行ってきました。何事も勉強ですよ、盗める料理ネタは盗みます。ただし、当店のコンセプトに見合った場合ですが・・・

まずは刺身7点盛り合わせを注文しましたが微妙ですな。当店の6点盛と比べるとどうでしょう?ここは船橋でっせ。負けちゃあかんで、神田の店に。

焼酎も一杯500円でグラス売り。マグロはインドマグロで、美味しかったと思います。そう考えると、うちの店はギリギリでがんばっているのだな~と実感。生き残ることは大変です。

P1000216.jpg
同じ船橋市民として応援してますよ!お互いにがんばりましょう!又お店に行きます!!

最高の仲間です!

ずばり店の魅力は【人】だと思います

その「人」を育てるのも人です。だから、その一番上が腐っていると下まで腐って行きます。逆に上が有能ですと、下まで有能に育って行きます。当店のスタッフはある程度自由にやっていますが、個人的な意識は高いと思います。それは周りの環境がそうさせているのだと思います。それに順応できない人間は辞めて行くからです。

↓の写真は魚海船団のアルバイト達です。はっきり言って最高のメンバーですよ。予定では昨日までで、半分の人間が就職や試験で辞めざるを得ない状況でした。
staff.jpg


しかし、みんな分かってくれているんです。今辞めてしまうと代わりの人間がいないので、どれだけ大変なのかを・・・結果、新しい人間が入るまで、なんとか都合をつけてくれると言ってくれました。ありがたいことです。

多分彼らはお金を稼ぐという意識以上に「魚海船団」が好きな人達です。店の料理やお客さん、スタッフ同士の関係が非常にバランスよく、彼らを引きつけているのだと思います。

今週から求人誌でアルバイトの募集をかけていますが、それも巡り合わせだと思います。人の縁なので、どこで繋がるかはわかりませんが、今のところ素晴らしいメンバーに恵まれてきたのは確かです。

テーマ : 居酒屋 - ジャンル : グルメ

良い店 悪い店

この仕事をやるとなおさらですが、他の商売をやっている方の良し悪しがわかるようになります

商売は飲食業に限らず、人にモノを売る仕事全てに言えますが、そこで働く人材が教育されているか否かというのは、店に入り、働く方々を見ると直ぐにわかります。コンビニなど大手のチェーン店はマニアルがしっかりしていることもありますが、新人教育のノウハウを持っていて、研修なども充実しています。やはり何事も事の始めにしっかり教えてあげることが大切なので、そこでマナーをがっちり覚えた人材はその後もしっかりとした対応ができるようになります。

ボクが前にやっていた仕事で、危険物を扱う仕事に就いたことがあります。幸運にも真面目にやっていたので、無事故で退職しましたが、ほとんどの人は少し慣れた頃に事故を起こしていました。ボクは新人教育担当だったので、そこで新人に教えながら、密かに自分も勉強をしていました。最初の時点でいかに根気良く正確に教えるかというのは、その職種にいる限り、将来的にも影響を及ぼすと思います。最初に教わる人というのは肝心なのです。

それはともかく、何故そんなことを思ったかと言うと、今日仕入れの買い物に行って、あきれた対応の店員がいたからなんです。僕が訪ねたことに対して、まるであきれた言葉が返ってきました。アルバイトだから仕方ないのかな、とも思いましたが、少なくとも自分の働いている店にはああいった人間はいません。一個人の人間性の問題としても、そういった人間を雇う時点で問題があると思います。店が大きいほど、管理が行き届きにくいとも言えますが、チームプレイが大事な接客業では、そこで働く個々の意識が同じ方向を向いていないと、良いサービスなど提供はできません。

ボート免許

ついに申し込んでしまいました「1級船舶免許」

何考えてるんですかね~お金も無いのに・・・・第一、北海道出身のボクは泳げないんですよ。と思う反面、ついにボートに乗って釣りに行くという新たな人生が始まるのかと思うと、胸が熱くなります。うれしさのあまり早速、釣り仲間にもメールを入れました。(返信が帰ってこないので、危険を感じているということなのかもしれませんが・・・)

費用は学科の講習を半分独学でやるので、少し安く収まり7万くらいでしょうか。学科の残り半分は「海図」についてなので、しっかり講習を受けます。あとは実技は講習を受けないと、試験日が初乗りというわけの分からないことは避けたいので、しっかりと受けてきます。

まだ免許もないのに、夜になるとレンタルボート屋をインターネットであたっています。今年の夏は釣り三昧となるでしょう。店に釣りたての魚が頻繁に並ぶ日も、そう遠くはなさそうです。まずは泳げるようにスポーツジムにでも行こうと思っています。転覆してサメに食べられるのは御免ですからね。

↓は今回色々と探し当たって、一番良心的で対応の良かったボートの優良学校です。小岩なので、家からもそう遠くはありません。
http://www.jacs-boat.gr.jp/

試験は学科が4月8日(日) まずはこれをパスしなくては・・・。さっ勉強しますぞ!


忘れてた!

今日はホワイトデーなんですな。すっかり忘れていました

昨日の夜中にテレビをつけると、どこかのタレントが「ホワイトデーは彼氏と・・・」と話しているのを聞き、「マズイ!」と思った私。早速今日の朝、かみさんに電話して手配をお願いしました。一応、義理堅いワタシとしては、いただいた分はお返ししたいと思ったので、お店のママさんの分などを妻に買わせました。肝心の妻の分はどうしたらいいのでしょうね?!

さて、今期も年度末に入り、どこの会社も多忙のことと思いますが、当店の営業も多忙になるはずが意外と空回りしています。昨年のこの時期が順調に運んでいたので、今年は一体どうしたのだろう・・・と首をかしげる状態です。昨日、お客様からいただいた意見によると「魚海船団はいつも満員だから、常連さんが特にお店が忙しい3月は避けているのでは?」とのことでした。3月はまだまだ空席があるんです!いつでも予約カモ~ンって感じです。

今回の歓送迎会用に作った宴会メニューもナカナカ満足していただける内容ですので(他店比べると歴然の差があるハズです)是非よろしく!飲み放題付きで3980円から ワンランク上は4980円 5980円と料理の内容が良くなります。金曜もまだまだ空いていますので、お電話をくださいな。どんなことでも相談にのりますよ!


PICT0003.jpg
本日のワンショットは昨日完売しました、「宮崎産 初カツオのお刺身 780円」うまかった~


初カツオ

最近、市場へ行くと気になっていた鰹(かつお)ですが、今日は思い切って仕入れました

別に思い切る必要はないのですが、市場でこのカツオを見た瞬間、そこに立ちすくむこと10分位・・・・買おうか、買うまいか迷いました。このカツオを見ると他の魚はどうでもよくなり、まるでカツオが「ワタシをカッテクダサイ」とでも言っているような目つきで僕を見つめます。

実は今、「蟹祭り」をやっているので、あまり人気のある魚を買ってしまうと、そればっかりに注文が殺到してしまうので、あまり良くないんです。カニの売れ行きを邪魔しない、控え目な魚を買うべきなんです。しかし、我慢できず魚屋に「このカツオくださいナ!」と叫んでしまいました。

大きさは5.8キロの巨体。宮崎産の初カツオです。早速、味見をしてみましたが、さっぱりとした風味が口に広がり、思わず酒をこっそり飲んでしまおうかと思うほど。肴にはもってこいの一品ですぞ。

料理長に「迷ったけど、カツオ買っちゃった・・・」と言うと「ミヤモトさん、我慢できなかったんですね。。」とポロリ。心の中を読まれていました。

PICT0208.jpg
なんとも立派なサイズです。お刺身は一人前 780円で提供しますが、売り切れ御免でお願いします

「かに祭り」始動

本日からやってます「蟹祭り」

ボクは北海道出身なので、蟹には結構舌が肥えていると思います。北海道の人だからと言って頻繁にカニを食べていたわけではありませんが、食べる時は良いものを食べていた気がします。北海道でカニと言えば「毛ガニ」を指すことが多いですが、タラバも新鮮でプリプリのモノが出回っています。東京に来てタラバを食べてがっくりしたことが何度もあります。

昔働いていた割烹居酒屋では、店の大将が朝仕入れる蟹をチェックしていましたが、茹で方が少しでもしょっぱかったり、身がスカスカしていると、持ってきた魚屋さんに、つき返していたのを覚えています。「こんなモノ食えるわけがないだろ!」って言う具合に魚屋に叱るのですが、「お前も食ってみろ」と言われ、ボクが味見すると、まぁナンと美味しいのでしょう・・・と思いつつも「これはダメです」と言わざるを得ない状況でした。なんせ、店の大将は半端じゃなく怖い人間でしたから、逆らうなんて出来るわけがないのです。典型的な堅気の料理人でしたから・・・

ところで、今回は少し奮発して「タラバ蟹」をメインにほとんどのメニューは増量の設定です。単に利益率を落としているのですが、この値段でこの量はナカナカ凄いと思いますよ。機会があったら、是非お試しいただきたい。

↓こちらは「茹でタラバ(2~3人前)1580円」半肩付いています
kani2.jpg


↓そしてこちらが「茹でタラバのお得用サイズ(3~4人前) 2780円」どっさり一肩盛りです
kani4.jpg

Anything is possible

ボクの大好きな言葉「Anything is possible」

英語で「どんなことにも可能性がある」ということです。この言葉には想い入れがありまして、90年にボクサーのマイク・タイソンが東京で試合をやった時に、ジェームス・ダグラスにKOされてマットに沈んでいる写真が大きく映し出され「Anything is possible」と書かれているポスターがニューヨークのあちらこちらに貼られていました。確か青少年向けの教育の一環として宣伝されていたのですが、当時ニューヨークに住んでいた僕は、絶好調で無敵のマイクタイソンが倒されたことを知って大変ショックでした。しかし、この広告会社の妙なポスターに親近感を覚えたのは確かです。

マイクタイソンは当時ボクシングをやっていたボクにとって憧れの存在でしたし、ビデオなどを繰り返し見ては研究をしたものです。しかし、どんな物事にも両局面から見ると可能性を秘めており、絶対に無理なことなど無いのです。要は出来ると信じること、あきらめないことです。

人間は極限の状態に至った時は、最終的には精神面が物事を左右することが多いということではないのでしょうか・・・「できない」と思うことや「あきらめる」という行為はその人が可能性を否定したということだと思います。

船舶免許

以前から気になっていましたが、ついに資料を取り寄せてしまいました「船舶1級免許」

先ほど、インターネットで《ボート免許》と大きく掲げられた情報を調べていたところ、妻に「ちょっと、やめてよ!」と叫ばれました。「今度は何するの?」といった具合です。何って男のロマンですよ、船は・・今までにも飛行機やヘリコプターの免許に興味があって、下調べをしましたが、現実的に取得までの道のりが長い上に、費用もかさむ・・・あえなく断念しましたが、船は以外にお手軽なんです。

元々、免許マニアですから船舶免許に興味が出るのも自然な流れ。車の免許は一通り制覇したので、今度は車輪以外に挑戦したい・・というところから、実は結構前から気になっていたんです。今回こそ、マジで取得に乗り出します。とりあえずは、今年の夏くらいにレンタルボートで自力で釣りに行くことが目標です。いつも沖釣りに行くときは、乗り合いの船に乗っていますから、他の人も大勢いるわけです。それが自分の思いのままに釣りを楽しむことができるんですから、これ以上の幸せはありません。

今から結構楽しみにしています・・・ウシシ・・・
リアル船長になる日も、そう遠くはありません。


求人の難しさ

当店「魚海船団」では、業務拡大のためアルバイト、正社員を大募集しています

ブログで宣伝するのもナンですが、来期の事業拡大に向けて今から人材を募り、ある程度のところまで育てたいと考えています。まずは今月、就職や試験などで当店を去ってしまうホールのアルバイトが3名もいるので、そちらの確保に精一杯な状態ですが・・・

アルバイトですと、18~55歳までという幅の広い層を考えています。当店のママさんもその層に入ることも考えれば、フットワークの軽さがあれば問題ナシということです。ご年配の方は経験の多さから、人間的なところに訴えるモノがあるのではないかと思っています。接客業ですから、そこは大切なところです。逆に若い方に求めるのは作業的に補っていただくことでしょう。アルバイトもお店のファミリーですから、初めて来店したお客様は担当したアルバイトの印象でお店のイメージを植えつけてしまうことがあります。だからアルバイトとはいえ、とても大切なポジションです。

僕自身は若い頃に数え切れないほどのアルバイトをしました。飲食業は長いですが、1日でやめた土方から何年か続けた救命センターまで様々。向き不向きは別として、どんなバイトでも一生懸命にやったつもりです。その経験が今につながっていると思います。

さて、正社員の募集もしているのですが、これは結構難しい。まず第一に質の良い人材に募集を知ってもらうには、どうすれば良いのか?紙媒体やインターネット求人を使うなど、色々ありますが、この会社の良さを知ってもらい面接に来てもらうには、何がベストの方法なのか・・・色々な会社の方にお会いして、現在お話を伺っている状況です。

僕自身がこの会社を知ったのは職安経由ですが、将来的に飲食業で起業するのでしたら、大きなチェーン店で修行するよりも、流行っている個人店で経験を積むのがベストだと思い入社しました。この店に入社する直前までは、年間の売り上げが1000億円に近い某社の内定をいただいていたのですが、それを蹴ってここに来ましたから・・・今はとても満足していますし、会社の組織としてしっかり動いているのが実感できます。「オレが売り上げを伸ばす!」くらいの意気込みで仕事ができる環境だと思います。経験は全く問いませんが、意志のしっかりとした方で自分で考えて動ける方、カモン!

アルバイト(ホール、キッチン)
16:00~24:00の間で週2回程度、4時間位~でOK!
時給 900円スタート 能力次第で上がります
その他 制服有 賄いは腹いっぱい食べれます
年齢 18歳~55歳位まで 未経験者や女性も歓迎

正社員(店長候補、料理長候補)
12:00~24:00 日祝はお休み
給与 年齢や経験に応じます
その他 社会保険完備(健康保険、厚生年金、労災、失業保険)
年齢 18歳~40歳位まで(未経験は35歳位まで)
男女問わず。将来、飲食で起業を目指す方には最高の環境です。

興味のある方はホームページ経由でメールをくださいませ。
http://sendan.net/
担当 ミヤモト




恵比寿

ここ毎日、色んな鯵を扱っていますが、本日からは「恵比寿鯵」を扱います

昨日市場の魚屋さんが「明日からは今までのナダアジが無くなるから恵比寿アジを入れておくよ」と言っていたので、早速今朝市場へ引き取りに行きました。灘鯵は昨日と同じ値段で、型がやや小さめ。昨日より少し安い値段の780円で店売りできそうです。(昨日は980円いただきました)こういった値段を毎日変動させるのも、お客様からよけいにお金をいただかないためなんです。良い心構えでしょ・・・

で恵比寿アジですが、鹿児島のブランド鯵でインターネットですと結構な値段で取引されているようです。この鯵も海で収穫された後、いけすで泳がせて旨みを引き出している魚のようで、手がかかっている分、やや高めになっております。

ebisu.jpg

↑こちらが鹿児島産ブランド「恵比寿アジ」。本日は10尾しか仕入れていません。お見逃しのないよう・・・

ebisu2.jpg

同じアジでも見た目や味覚が微妙に違います。それぞれに良さがあるんです。

テーマ : お魚料理 - ジャンル : グルメ

灘アジ 

今回の「アジ料理づくし」で使用している宮崎ブランドの灘鯵(ナダアジ)について

魚屋さんに「何か旨いアジないですかね?」と聞いたのをきっかけに知った灘鯵(なだあじ)。当店のお客様でも知っている方がいましたが、海峡が関鯵の育っている場所と近く、限りなく関鯵に近いとも言われています。実際は関鯵の方が滑らかで、灘あじの方がこってり系とでも言うのでしょうか?明らかに外房辺りの天然鯵とは違うのは食べれば分かります。あとは、要するに好みと価値観の問題ですが、関鯵は高いけど、それで旨いと思えば高くても納得できると言うことです。

ところで、本日はここ数日九州地方を襲ったシケの影響で漁が止まっており、市場に全く関鯵が入荷していないそうです。今日はやむを得なくメニューから関アジをはずしました。築地にないということなので、日本中どこにもないと言うことでしょう。灘あじは海で収穫した魚を一度いけすに移し替え、1週間ほど泳がすそうです。餌を与えず魚の旨みを出してから出荷するので、とりあえず海がシケても数日なら影響がないのだとか・・・当店では明日分までは確保できましたが、肝心の金曜は関鯵も灘あじも欠品ということになりそうです。

nada0.jpg

↑こちらが、宮崎ブランドの「北浦灘あじ」今日は値段が高かったです。

nada1.jpg

見てください、この色鮮やかなこと!業者の回し者じゃありませんが、素晴らしい見栄えです。

nada3.jpg

お造りにするとこんな感じです。現在品薄状態、仕入れ値の関係で月曜は680円だったのですが、昨日が780円に、そして今日は980円に値上げせざるを得ない状況になりました。


テーマ : お魚料理 - ジャンル : グルメ

スポーツジム

最近は腹がボっこり出てきてしまって、スポーツジムにでも通いたいと切に思っています

日曜日に大好きなスーパー銭湯へ行き、体重を計ったらびっくり!増えているじゃありませんか、体重が(75キロ)。。。。今から15年も昔の話をして悪いのですが、ボクシングをやっていたので、腹筋はくっきり6個に割れ、カブトムシのような背筋をつけ、力こぶがもっこり出ていました。今はなんとも鏡に映る自分に嫌気がさします。

それに気づいた僕は、妻に「オレ、ジムにでも行こうかな~」とぼやいたところ「よくぞ気が付いた!行け行け」と言われました。最高に鍛えていた時期の体重は63キロほど。そこまで絞る必要はありませんが、せめて68キロ位までそぎ落とせれば、カラダが軽くなるのはハッキリわかります。

よく、体重を減らす(要するにダイエット)手段に食事を制限する方がいますが、それは自分には適さない。やはり、運動をしてぜい肉を落とすのが健康的な方法だと思います。今の自分を魚に例えるなら、不自然に脂がのった養殖のサバみたいなものです。なんとか黒潮で育ったタクマシイ天然モノになれるよう、そろそろやりますよ。

多分、この時期を逃すと一生デブの人生が待っていますので・・・

関あじ

本日から始まる「鯵料理づくし」のために、市場で関アジを仕入れました

手に入るかどうか不安だったのですが、魚屋のおいちゃんがキチンと仕入れてくれました。それはもう、素晴らしいブランド物の関鯵ですよ。大分漁協の公認付きで、豊後水道の一本釣りで捕った極上モノ。実は今まで、こんなに凄い鯵を食べたことがなかったので、試食させてもらいました。

感想ですが、口に入れた瞬間は普通の新鮮な鯵なんです。この鯵の凄いのはそこからで、臭みが全く無い白身魚のような口あたりから、一気に深いコクが広がり、最後はトろーっとした後味が残る。そりゃ、なんとも不思議な体験でした。確かに普通に鯵とは違いますよ。

それに負けず劣らずだったのが、同じく本日仕入れた北浦の灘アジ。宮崎県が力を入れているブランドアジで、お客様の中には知っている方が数名おられました。こちらは安く提供できましたが、関鯵はさすがに仕入れの時点で一尾1000円くらいついてますから(ぶっちゃけますよ、この際・・)そんなに安くは提供できません。魚をさばく手数料と大根などのツマ類、私達のお給料をほんの少々上乗せさせてはいただきますが、決して高くはないですよ!

さすがに、それを知っているお客様は「もしこれが本物の関鯵だったら安いよ!」という方もいました。もちろん、正真正銘の本物ですからね。

結局、お代わりなども続出し、見事関あじを完売!今日は天気も最悪だった中、お越しいただいたお客様には大感謝です。月曜なのに、関鯵が1ケースと灘鯵1ケースを完売することができました。ありがたい!

明日もやりますよ~

sekiaji.jpg

芸術的な「関鯵の姿造り 1980円です」

テーマ : お魚料理 - ジャンル : グルメ

小百合の微笑み

先日、お客様が大量の焼酎を店に持ち込みました

常連さんなのですが、いくらなんでも酒の持ち込みは困る・・・その前の日にも、とこぶし(貝類)を持ち込んで調理してくれ、と言ってきたのです。まぁいいんですが、あまり頻繁にそういうことをされるのは困ったものです。

持ち込んだ焼酎は6、7本の4合瓶で鹿児島産の芋焼酎ばかり・・その中にはかなり高額なものもありました。その中で、ひと際目についたのが「小百合の微笑み」という吉永小百合をモチーフにした芋焼酎。昨年の3月にヒットした「小百合の泪」に続く商品らしく、フルーティーな味わいが特徴と唄っている。

丁度、その前日にママさんがお客さんに特別ボトルで全く同じモノを提供していまして、飲みきった空き瓶から数滴を振絞って味見をしたのでした。正直言って結構辛口の印象でしたが、そもそも何故芋焼酎なのでしょうか?

話戻り、お客さんがボクに「この中で好きな焼酎があったら、持って行っていいからネ」と言ってくれたので、迷ったあげく「小百合の微笑み」をゲット。お店の棚に飾っておきました。持ち込みは困るよ・・とか思っていたのが一転した瞬間、なんとも単純な自分です。

PICT0182.jpg
レコードで言えば、ジャケット買いをしてしまいそうな、いい表紙の芋焼酎です。

テーマ : 焼酎 - ジャンル : グルメ

自家製鯵の一夜干し

来週からの「鯵料理づくし」の仕込みで、今日は市場で鯵を仕入れてきました。

お刺身などは当日に新鮮なものを仕入れるのですが、今回挑戦する「鯵の半干し」と「小鯵の南蛮漬け」は今日から仕込んでおかなければいけないので、早速開始しました。

↓まずは、超新鮮な姫路産の釣り鯵を大量に仕入れました
koaji2.jpg


料理長と二人で鯵を開き、腹を出して塩水(海水程度の)につけること数時間・・・
chou.jpg


↓調理場に洗濯ひもを引っ張って、洗濯はさみで干すこと半日・・かなり邪魔でした
PICT0191.jpg


↓ヘッヘッヘッ・・・焼きあがるまで待った後は試食です!
PICT0202.jpg


さて、この自家製鯵の半干しはいかなる味に?! 是非ご来店してお確かめくださいませ。

テーマ : お魚料理 - ジャンル : グルメ

ヒットしてます、鶏南蛮!

オススメ料理でヒットしてます「鶏南蛮」680円

当店の部長がレシピを考え、作っている「鶏南蛮 680円」がお店でバカ売れしています。こういうヒット作がでると結構うれしいんですよ、作っている方としては・・

先日もお客様が店に入ってくるなり、「鶏南蛮ひとつ!」と言って入ってきました。周りの仲間に「普通は先にビールとか頼むだろ」と言われていました。かなり食べたかったのでしょう。

ボク個人的にも、この料理は好きで賄いに出るとメシが進みます。甘しょっぱいので、酒にも合うし、メシにもバッチリ合います。今日も夜の賄いに出ましたが、他のアルバイトのために自分は遠慮して2きれしか食べませんでした。

PICT0100.jpg

今度作り方を教えてもらいます。旨そうでしょ・・・

テーマ : 居酒屋 - ジャンル : グルメ

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE



Powered by FC2ブログ