プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

5月も終了 ワラサも終了です

毎月の月末に結果として出る最終売り上げにドキドキ!

おかげ様で毎年右肩上がりで前年の月をクリアし上昇中。これというのも「魚海船団」にわざわざ来てくれるお客様がいるからです。本当にありがたいことです。これからもそういったお客様を裏切らないよう、自分にムチを打っていきますので、宜しくお願いします。

ところで、昨日買ったばかりの5キロ×4尾=20キロのワラサは昨日の内にほぼ売り切り、本日は新たに仕入れることに・・・5日間で使ったワラサは、なんと約9尾。45キロ以上のワラサがお客様のお腹へと消化されていったことになります。恐ろしャ・・・・

↓の写真は結局、試食をすることが出来なかった「ワラサの焼き霜 握り寿司」馬鹿売れはしませんでしたが、出るたびにヨダレをこらえていた一品です。
PICT0149.jpg


明日は金曜日。ワラサ収穫祭は終わりましたが、どんな魚を仕入れてこようか???楽しみでたまりませんな!
スポンサーサイト

調子に乗って

「ワラサ」のイベント大好評につき、調子に乗って5キロオーバーのワラサを4本も仕入れてきました

↓↓↓オモイ、オモイ↓↓↓
PICT0138.jpg

合計20キロ以上ですよ。一体誰が食べるのでしょうか?(多分、今このブログを見ているあなたです!)

いや~調子に乗りすぎましたかね?とりあえず品切れの心配は無くなりました。明日までガンガン売りますよ。「ワラサ料理 780円均一」明日で終了します。

さて、魚海船団には新たにバイトも加わり、お客様を迎える体制が整いつつあります。今までは完全に人不足で、バタバタでしたが、数ヶ月後にはある程度までは育ってくれるハズです。(ワタシの技量次第ですが・・・)まだ、彼(彼女)達は研修中なので迷惑をかけるかもしれませんが、誠意のある人間揃いだと思いますので、宜しくお願いします。


ワラサ絶好調です

今週から始まっている「ワラサ大収穫祭」絶好調です

特に良く売れているのは「刺身」がトップで、次いで特大の「照り焼き」。全ての料理が780円ですから、一番出る料理が簡単に比較できます。使用している魚は同じものなので、量の多さでいうと「照り焼き」はやはりお得だと思います。人間が切っているので、全てが同じ大きさではありませんが、小さいステーキくらいはありますから・・・ご来店の際は、くれぐれも「照り焼き」をオーダーしないでくだい。よろしくです!

さて、率直に天然物のワラサを味見して意見を述べますと、まずひとつにかなりアッサリしているということ。冬場の寒ブリはこってりと脂がノッており、味も濃い。2切れも食べれば充分といった感じです。ワラサはそれに比べ淡白で口に脂が残らない。焼酎は無論、日本酒にも程よい相性だと思います。

個人的に食べたいのは、やはり「照り焼き」ですよ。カルパッチョ風サラダも良く売れていますがね。良く食べるグループなら1人1個は食べて欲しい勢いの「照り焼き」です。(赤字商品につき、実際はそんなに食べないでください。)

kanpa00.jpg

旨そうです。身がピンクがかっているんですね、天然物って。

ワラサ料理

昨日は横浜で行われるボートショウに行く予定でしたが、風邪でダウン。布団に包まっていました

久々に風邪をひいてツライこと・・・風邪をひくと何故か腰がいたくなり、土曜にその前兆が来ていたと思ったら、やはり。今朝は38度の熱を振りきって市場へ行きました。

本日から「ワラサ大収穫祭」というイベントをやるのですが、今回仕入れたワラサはデカイこと。5キロ超えの魚で下手したらブリのサイズに限りなく近いですよ。産地は三重県志摩と記載されており、そちらで獲れた天然物です。31日までの4日間限定でワラサ料理780均一。我ながら大胆なイベントを企画したと思います。本来ならば「カツオ祭り」とかをやるべきなのですが、外房でもそろそろワラサ釣りが始まるし、ワラサなら安定供給ができるだろうと思い、これになりました。カツオですと、今年は不漁らしいので、入荷無しという最悪の事態も考えられるので、ある意味怖いのです。よく、スーパーのチラシでも「海の状態により入荷しないことがございます。ご了承ください」とか書いてありますよね。あれは避けたかったのですよ。

さて、今回メニューに上がっているのは刺身や寿司(焼き霜造り)も含め6点。ブリテリならぬワラサ照り焼きやブリ大根ならぬワラサ大根など。そこそこ脂もノッているので、旨い筈です。まだ試食はしていませんが・・・

warasa2.jpg
こちらが本日の朝仕入れたワラサです。5キロ級を2本仕入れてきました。

本日運動会

本日は子供の運動会でした

昔は運動会と言えば秋だったのですが、最近はこの時期なんですな。小学校5年生になるうちの子供は足がナカナカ速いらしく、2年連続でリレーの選手。その点は僕のDNAを引き継いでいないようです。僕は長距離得意バリバリの根性タイプで瞬発力はないんです。ちなみにカミさんはずっとリレーの選手だったようです。

運動会を見納め、仕事場へダッシュ。本日は予約で一杯でした。土曜だと言うのにありがたいです。皆さん、色々なシチュエーションで集まりいただいているようですが、ゆっくりくつろいでいただけることが僕からの何よりの願いです。当店でアルバイトを始めた栗原クンは本日が誕生日だったらしく、仲間20人ほどを引き連れて来てくれました。お店で働いてくれたり、仲間と飲みに来たり、本当に魚海船団を愛してくれています。ありがたいことです。

明日は日曜日。しっかりと休養をとります。横浜で開かれるボートイベントに行ってきます。ワオ~楽しみです!

いつもはミッキー船長が書きますが・・・

今日は代わりに団長が書きます!

皆様初めまして。この度東海船団でアルバイトをすることになりました団長こと栗原です。
いつもは船長が記事を書くところですが、本日はボクが書きたいと思います。
元々ボクは東京電機大学という大学の管弦楽部に所属していて、そこの先輩方に連れられて東海船団に通うようになりました。
ある日、いつものように部活の練習が終わった後にみんなで飲みに行くと、ミッキー船長がこっちに近づいてきて「誰かうちでバイトしてみない?」と聞いてきました。
「これは船団で働くチャンスか?!」と思い、後日アルバイトを申し込んだわけですが、これまでまったくバイトの経験が無かったボクにとっては何もかも初めてづくしなことばかりでした。
声の出し方から接客のやり方など、これまでやったことのないことの連続で、周りの人たちについていくのがやっとな感じです。普段ボクたちが飲んでいるときにお店の人たちはこんな苦労をしていたのか、と気づく面もいろいろとありました。
でも何より良かったのは、接客することの楽しさを知ることが出来たことです。

まだまだ不慣れなボクですが、これからもがんばりたいと思います。
皆様、お店にいらした際は是非よろしくお願いします!

イカにも色々ありますが

イカと言ってもスルメだけではありません

只今、「房総鮮魚祭」を開催中ですが、房総半島は色々な種類のイカがウヨウヨしています。この期間にメニューに入れただけでも「銚子や勝浦のヤリイカ」、「銚子の甲イカ」、「富浦のアオリイカ」など様々。それぞれ味に特徴があり、刺身で良し、焼いて良しのグルメな食材ですよ。特にヤリイカなんかは柔らかくて、甘くて最高です。欲を言うと釣りたてのヤリイカは無色透明で身がパッチンパチン。死ぬほど旨いのですが、これだけは釣り人の特権ですな。スーパーや市場で、いくら新鮮と言っても身は白くなっていますし、パチパチの食感が無いですから・・・

そろそろ、時期的にもヤリイカは終わりです。これからの房総の釣りはスルメイカになります。一番いいのは、ヤリイカとスルメイカが半々位で釣れると、スルメイカの肝を醤油に溶かして、ヤリイカを食べる。こんな贅沢な食べ方、しばらくしてませんな~

PICT0111.jpg

明日で「房総鮮魚祭」は終了します。↑は本日まで提供しました「ヤリイカ刺身 880円」です。

ミル貝安いよ!

先週もメニューにありましたが、富津産の上物「活ミル貝」が又入荷しましたよ!

↓へスクロールすると、先日紹介した「ミル貝」のそのもの画像が卑猥な形で写っていますが、先週の880円から一挙に値下げして本日より680円で売り出します。別に腐っているわけじゃありませんよ!店頭の水槽でブクブク泳いでいるヤツですよ。(泳いではいません、じっとしていますが・・)

ボクとしてはなるべく安く仕入ることができれば、その分はお客様に還元したいと思っているので、こんなことができちゃうのです。ある意味魚屋泣かせなところもあるのでしょうが・・いいんですよ。

早速、大好きな味見をしてみましたが、なんともコリコリしていて、甘いのでしょう。見た目はあんなにグロイのにね~
安いし旨いし、ミル貝ちゃん、ホントに良いこと尽くしです。困ったことといえば、水槽が汚れることくらいです。水槽にいるアジとかカサゴなど他の魚が「おえっ~なんでミル貝なんて入れるんだよ!水が濁るじゃねーか」と言っているように見えます。

miru.jpg

こちらがそのミル貝。富津生まれの富津育ちです。大量に仕入れましたが、なくなり次第終了しますよ。

干物の達人

干物を作るのって、意外と難しいのです

いつも仕入れている魚屋のおばちゃん。そのおばちゃんが作る干物はナカナカの絶品です。おばちゃんは自分の店の魚を何でも干物にしてしまうのですが、以前仕入れたカマスにはド肝を抜きました。「特大カマスの一夜干し 980円」で提供したのですが、値段が高いからか、あまり売れませんでした。しかし、実際にオーダーされたお客様はブツを見て食べて納得。こんな大きなカマスがあるのかと思うほどでかく、脂のノリも最高!見ていてヨダレモノでした。お客様として当店に来る際は、ボクに「今日のお奨めは?」と一言聞いてくださいね。間違いないものしか奨めませんから・・・

さて、本日もその魚屋にてカマスを仕入れてきました。昨日、作ったばかりのカマスの干物。昨日は風が弱かったため、半干し状態とのこと。ちょっと生っぽいのですが、それが又旨そう!その他にもイサキの一夜干しも数枚ですが、仕入れてきました。丸秘メニューとして知っているお客様に提供するためです。

kamasu.jpg

こちらが焼く前の状態。この状態でも旨そうなのがわかります。

kamasu2.jpg

焼いた後です。メシが食いたくなるのは僕だけでしょうか?塩加減も良い感じですよ。


イナダ

イナダという魚、今まで馬鹿にしていましたが、結構イケます

イナダは出世魚で、ワカシの次でワラサの手前を指します。順序を具体的に表すと「ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ」となるハズです。ワカシだと本当に小さく、アジとかとほぼ似たよな大きさで、はっきり言って美味しい魚ではありません。煮ても脂が無いし、焼いても駄目。以前にお店で買って失敗した経験があります。

今回、「房総半島鮮魚祭」で仕入れたイナダですが、はっきり言ってこれも大した美味しい魚ではないと決め付けて仕入れてしまいました。ところがドッコイですよ。脂は少ないのですが、それが違った意味で良いのです。さっぱりしているとでも言うのでしょうか?魚の旨みはしっかりと味わえるのに、さっぱりとしている。これは自分にとって新たな発見でした。よく、千葉の大原などで釣り船が出ているのですが、今までにあまり興味がありませんでした。今年はこれからがイナダのシーズン。一回くらいは釣りに行ってみようかと思います。

ちなみに5月28日(月)より【初夏のワラサ大収穫祭】と称して、ワラサ料理 オール780円均一をやっちゃいます。ワラサは7キロくらいのモノもあり、脂もノッていて、焼く煮る、刺身ナンでも旨い魚です。是非、そちらの方もよろしく!

PICT0061.jpg
小湊産のイナダ。本日4本仕入れました。1本1キロ位、1歳くらいの魚でしょうか。さっぱりしていて旨いですよ。

人とのつながり

人とのつながりで助けられました

ボスの口癖ですよ・・・「人とのつながりで成り立つ」ということ。
店の働き手にさんざん苦労し、猫の手も借りたいほど人材が集まらなかったのですが、ここ数週間で口づてに広がり、何とか人材を集めることに成功しました。先日、紹介した大学生のK君をはじめ、ボクと同じ年の女性でCさんも来週から加わります。これで、お客様に叱られたり、迷惑をかけることも少なくなるはず。アルバイトの情報誌でお金をかけて掲載しましたが、結局は店の人間の横のコネクションから人材を確保することで一件落着しました。よかった、よかった。

当店に来店するお客様にも言えるのですが、常連さんが新規のお客さんを呼び、そのお客様が常連さんになる。このつながりで何とか成り立っているのが、うちみたいな店なんです。「人とのつながり」本当に大切にしたいですね。

最高級のボトル

当店で扱っている中では最高級のボトルです

数ヶ月前から、常連のKさんに頼まれていたのですが、ウイスキーが好きな方らしく「ねぇ、サントリーの【響 17年モノ】を置いてくれないかい?」と言われていました。そのお客様はわざわざ池袋から、当店で食べるだけの目的で足を運んでくれる、ありがたい方なのですが、いつもタイミングが悪く、このボトルを仕入れ逃していました。

一昨日に虫の知らせで、Kさんが明日店に来ると感じたボクは早速その勘を信じて【響】を仕入れました。見事に勘が当たり、昨日Kさんがお越しになったのですが、なんせサントリーの【響 17年モノ】といえば高級ウイスキーの代名詞。仕入れ値もかなり高く、ディスカウントにも限界があります。「スミマセンが、1本 15000円ですけど、大丈夫ですか?」と言うとKさん曰く「安い!」。後で調べてわかったのですが、飲食店で【響】を提供しているところでは20000円~30000円が相場のようです。

早速、Kさんが【響】のボトルを開ける瞬間に立会い、片手にはグラスを潜めて、さっと差出しました。「試飲させて!」と、ドピークの忙しい時間にひと時の安らぎの時間。。。。信じられないほど飲みやすく、ウイスキー特有のツンツンした感じが全くない。まろやかで、いくらでも飲める・・・そんな感じでした。安バーボンに慣れているボクには、かなり上品な口当たり、Kさんも大喜びで「こいつは最高に人を幸せにするボトルだよ」と乾杯してくれました。

hibiki.jpg

↑これが当店で最高級のボトル。Kさんのために仕入れたサントリー響 17年モノです。よろしければ、あなたのお探しのボトルも仕入れますよ。

最後の奉仕

今までにこうなるとは考えたことがなかったのですが、お客様から当店のバイト部員となる方がこちらです                 ↓↓
PICT0048.jpg


魚海船団の超常連、TDUのオーケストラ部、元団長ですよ!多いときで週に3回は拝んでいた顔です。その彼がまさか・・・
正直に言うと、ボク個人の中では非常に良い印象のある人物です。泥酔いすることもなく、他の部員への気遣いも出来ている。さすがに団長に選ばれるだけあるな~と思える人物です。と、ほめるのはここまで。彼とは、お客様としての関係は本日をもって終了です。明日からは兄貴と弟の関係ですよ。バシバシしごいて目の上のアザは当たり前。他のお客様に失礼なことをした日にゃ~ボコボコですよ。なんちゃって・・・

週に3日出勤してくれるそうなので、彼を見かけたらやさしく声を掛けてください。まだ大学生なので、ある意味この店で色々と学んでくれたら。。。と思っています。当店はジェントルな良いお客様が自慢の店、しかも常連様がほとんどを占めているので、彼が始めて社会経験をするという意味では最高の環境だと思います。

栗原くん、では明日からがんばって!




すごい画像です

↓18歳以下はこの写真は見てはいけません!
PICT0006.jpg



かなりグロイ写真です。写真を撮っていると、横でアルバイトのおばちゃんが笑っていました。本日たっぷり仕入れて、店の水槽に泳がせている「ミル貝」です。お刺身で一人前880円で提供しています。

本日はその他にも色々仕入れてきまして、甲いか、カツオ、金アジ(これは明日、南蛮漬けで出すため仕込み中です)そして極めつけにメゴチ。これにはて手こずりました。小魚を裁くのは大変ですよ。天ぷらにしようと思っていますが、先ほど試食をしたところ、フワッふあ~で旨いことナンのって・・・

旨いモノづくしの水曜メニューなので、是非是非お近くにお寄りの祭は宜しくです!

姿造り

鮮魚の姿造り、色々ありますがこれは最高です

先日、銚子へ行ったときに銚子と言えば「金目鯛」ということらしく、町をあげての「金目祭り」が近々行われるとのこと。銚子の市場でも金目は高級魚として扱われていましたが、しかし場所柄でしょうか安いこと。思わず買って帰りそうになりました。

釣りの話になりますが、僕自身も金目釣りというのには前々から興味があるのですが、夜の釣りなので、行けず仕舞いになっています。館山とか南房総の方で釣り船が出ていますが、そこまで行くにも遠いので、重い腰が上がりません。

さて、昨日から始まっている「房総鮮魚祭り」では金目鯛の姿造りもメニューに入っています。一尾付けで1680円。高いととるか、安いととるか・・(知ってる方なら激安ととるでしょうな)他にも今週は色々と魚が入って来ますので、乞うご期待です。

kinme.jpg
こちらが同じものです。どうですか??この目の色!

しったか

知ったかぶりはいけませんが、尻高(しったか)はOKです

本日から「房総鮮魚祭り」ということで、千葉県沖でとれた超フレッシュな魚を求めて朝一で市場へ向かいました。千葉の房総半島は海に囲まれた非常に恵まれたところですから、近海産の魚は数知れずあり、魚種も豊富に揃います。特に勝浦や銚子は黒潮の影響を受けると、非常にいい魚が潮に乗ってきます。カツオやマグロ、青物など一通りはあり、安くて旨い、それが千葉の魚ですよ。

さて、本日メニューを考えながら、貝も何か加えようと視察していると、結構あるある。どれにしようかと迷いました。その中で目についたのは「尻高」という三角の小貝。魚屋の方に食べ方を聞くと「茹でてから醤油に漬ける」というので、店に着いてから料理長に説明し、仕込みをしました。

店を開けると、入ってきたお客様が「あっ、尻高だ。ひとつもらえる?」と意外にも皆さんよく知っていること。食べたお客様から「これはもっとこうなんだよ」と色々とご指摘があり、反省しました。尻高は最高の酒の肴だけど、知ったかで料理を作っちゃあかんな。

sitaka.jpg

これが「尻高」(しったか)の醤油漬け つまようじでほじくって食べます。とろりとした肝が旨いんですよ。

神田祭り

神田周辺は何日か前から「神田祭り」の準備でザワザワしていましたが、本日みこしが上がりました

僕もハッピを着て、みこしを担ぐよう言われていましたが、今回はパスしました。とりあえずお店ではネジリはちまきをして、そんな皆様を応援しようと待ち構えていました。が・・・意外とお祭りに関わった人達は流れてきませんでした。噂によると、外でクイッと一杯やっているそうです。そうなんだ・・・

しかし、土曜にも関わらず大勢の方にお越しいただきました。10人の団体、30人の団体・・TDUの新団長は大量のカステラをお土産に持ってきてくれました。ありがとネ。旨かったわ。

PICT0137.jpg

神田周辺は、昼頃から忙しそうにざわめいていました。実はミッキー船長はみこしを担いだ経験がありません。

旨いマグロは高い

マグロを扱っていて、いつも思うこと。奥が深いね~この魚は・・・

本マグロだとか、インドまぐろなどの高級食材を中国人なども好んで食べるようになり、世界的に市場が広がりつつあるところに、みなさんご存知のあの規制が追い討ちをかけ、今年になってどんどん値段が吊上がっています。値上がりには出荷調整なども関係しているのでしょうが、それにしても旨いマグロは高い!それでも当店のお客様は好きなんですよ、結局。皆さんバンバン注文してくれます。その影響か、売り上げ的には一人に対しての単価が少し上がるのですが、儲けはと言うと・・・もともと高い食材ですからね。

さて、昨日まで「本マグロの脳天 炙り握り 1貫100円」と突発的なことをやりましたが、お客様の感想は色々でした。一番多かった意見は「脂が強すぎる」ということ。大トロ以上に脂がノッてますから、1つ食べれば充分と言った感じです。

関係ありませんが、昨日フっと思ったのですが、当店はなんとも常連様が多い店なのでしょう・・・と改めて感じました。ありがたいことです。商売に携わっている人にとってリピーターが多いことほど嬉しいことはありません。

昨日の店内は特に常連様がひしめいていたのですが、お客様が店員を呼びつける時に、名前が飛び交う店って、どれだけありますかね??「ミヤモトく~ん、ちょっとこっち来て!」店を走り回りながら、ちょっとした幸せを感じた瞬間でした。


PICT0130.jpg
本日のワンショット。「インドまぐろのホホ肉 竜田揚げ 680円」写真は試作なので、量が少ないですが、本来はもう少しボリュームがあります。牛ヒレ肉の様な食感。是非、お試しください。本日限りです。

決断力

どんな業種でもそうですが、判断力こそが要です

僕自身、昔のアルバイトを入れると多種多彩に渡って色んな仕事経験をしてきました。小学6年の冬休みから中学校3年間はびっちり新聞配達をしましたし、アメリカに在籍中は仕送りなんて甘ったるいものはありませんでしたから、ハイスクールに通いながら飯を食うために働きました。その頃から飲食店が多かったですが、首になったりもしました。

今の仕事の前はラジオ局のディレクター、その前は危険物を陸送するトレーラーの運転手、他にもポロポロありますが、色んな職業を経験すると、ある事実に気づきます。完全に組織化された大きな企業では、毎日歯車の一部となって、他の車軸とうまくかみ合わせながら、前に進みます。なるべく外れないよう、噛み合って回ることが重要。しかし、どうでしょう。これがベンチャーの起業したての会社だったりすると、そうはいきません。100円玉を握りしめ、事務用に使う1本の鉛筆を買うにも、20円の安い鉛筆を買おうか、25円でメーカー品の鉛筆を買うべきか常に自分で考えなければなりません。20円で5本買えたとしても、バキバキに折れるような鉛筆なら、4本で丈夫な方がいいのです。
要するに常にそのような選択に追われる毎日ということ。結局、自分でビジネスをやるということは、そういうことです。安泰な組織の中に身を投じるか、一度の人生を夢に託すか、選択は自分自身で決めれるのです。

DSC_07241.jpg
初公開!料理長と船長のツーショット。

人材不足

ここのところおかげ様で売り上げもグングン伸び、これからもその兆しが見えつつあるのですが、ここにきて深刻な人材不足に悩まされています

常連さんが他のお客様を連れてきてくれたり、口コミなどの効果もあるようで、お店のが良い調子に傾いてきたところなのですが、その体制を支える人材が少なく、この波を逃してしまうのでは・・と懸念しています。多分、どこの飲食店でも同じ悩みを抱えているとは思いますが、このピンチをどう切り抜けるか、今後の課題です。

先日もお客様としてご来店していただいているK社に求人の広告を打ちましたが、かかってくる電話は同業者(求人広告の代理店)ばかり・・・手っ取り早く、広告主を捕まえたいのはわかりますが、弱いところをついた電話の内容に本当にうんざりしてしまいます。

どなたか、アルバイト正社員問わず、がんばってくれる方いませんか?優遇しまっせ!!! 是非メールをください→ tokaisendan@aol.com
 
さてさて、今週はマグロ祭りで大賑わいする予定です。ビールが旨く感じる熱さになってきました。マグロとビール、最高の相性ですな。特に尾の身の煮つけ 580円はボリュームも味も最高の出来です。是非食べにきてくださいな。

PICT0095.jpg
こちらが「まぐろの尾の身煮付け 580円」 ビールにばっちり、ハマりますよ!!


本マグロの脳天 炙り握り

100円ですよ、100円

今回の「まぐろ祭り」で一番の目玉でしょう。多分、普段食べる機会はないでしょうから・・・
最近は鮪屋をふらふらと徘徊し、何かギョッと言わせるような食材がないかとチェックを怠りません。今日はたまたま行った鮪屋にとてもパンチのある「鮪の脳天」と言う部位(しかも本マグロ)を譲っていただいたので、早速赤字覚悟で「まぐろ祭り」の目玉にすることにしました。

しかし、店に着いてから困ったのが、その調理法・・・煮たり焼いたりしましたが、どれもしっくりこない。そこで、バーナーで軽く炙ってから握り寿司にしてみました。すると、こってりした脂身が口でとろけること。。。早速、料理長にお願いして本日のメニューに加えました。

しかしながら、稀少部位なので数に限りがあります。1尾のマグロから数百グラムしか取れませんから、そんなにたくさんは無いんです。かなり大量に仕入れたつもりですが、せいぜい明日くらいで終了するでしょう。今日がたまたま暇だったので、明日もなんとか出来るといった感じです。

aburi2.jpg

1貫たったの100円です。しかし、大トロ並みの脂ノリなので、1貫で丁度良いと思います。話のネタにも、ご来店の際は是非お試しを
多分、明日くらいまでですが・・・・・

マグロ祭り再開

ゴールデンウィーク開けの本日7日より、マグロ祭りをやっています

本日は7時台に家を出て、市場で大量の買い物をしました。多分今までの買い物記録を塗り替えるほどの金額で、車の中も助手席までパンパン、午前中の買い物だけで、かなり疲れました。

その中でも特に値が張る「本マグロとインドマグロ」。本日からはじまる「マグロ祭り」の主役ですよ。がっちり美味い上物を仕入れてきました。

刺身の他に「メカジキの頭」とか、尾の身(尻尾の骨が付いた部分)もしっかりゲット。とろっと煮付けて旨い仕上がりになっているので、是非試していただきたい一品です。写真の方は後日アップしますので、チェックしてください。

天候悪く釣り行けず・・

前から楽しみにしていたボート釣り、悪天候で中止しました

結構楽しみに予定を立てていたのですが、本日は風がピューピュー、残念ながらあきらめました。船長初乗船体験でボートをひっくり返したら大変ですから・・という訳で、突然やることがなくなり、朝からフラフラ車を洗ったり、ホームセンターをぶらぶらしたりで、無駄な一日になってしまった。

ついでに家から一番近い「浦安マリーナ」を見学に行きました↓
DCF_0044.jpg

写真は携帯で撮ったものなので、写りが悪いですが、でかいボートやヨットがあちこちにあり、ゆっくりと夢をふくらませながら拝んできました。ちなみにボクが申し込みをしたのが木更津マリーナにある「セントラル」http://www.central-boat.co.jp/marine.asp というヤマハ系のお店。レンタルボートがお手ごろな値段で借りられます。

船長デビューはもう少しお預けです。


銚子へ

本日は早起きをして家族で銚子へ旅立ちました

温泉と魚三昧の旅をしようと、おじいさんとおばあさんも連れて車で銚子を目指し一直線。渋滞にハマりながらも片道3時間半、チンタラと車を走らせました。

まず第一番目にたどり着いたのは、ポートタワーの近くにある「ウオッセ21」という場所。魚屋さんが並ぶ小モールで家用に干物を買いまくりました。サヨリの一夜干し、金目の一夜干し、特大カマスの一夜干し、アジの干物など、しばらくは焼き魚づくしとなりそうです。

そして、次に「一山いけす」という巨大いけすが自慢の店へ行きましたが、予約終了とのことで、残念ながら撤退。太平洋が目の前にある、巨大イケスをテーブルで囲んだ素晴らしい店でした。値段も安そうで、名物料理は「イセエビ天丼 2100円」。これに興味が沸かないわけがありません。なんせ素敵でしたよ、パラソル級のヤリイカもイケスに入って食べれるのが非常に気になりました。喰いたィ~

結局、前にも行ったことのある「島武」という魚料理屋。1階がびっくりネタの回転寿司になっていて、並んでいるのですが、実は2階の料理屋の方がすごいんですよ。

P1000436.jpg
こちらは妻が食べた定食で2500円ですが、ドデカ煮魚の方々、カレイのから揚げ、カニ味噌たっぷりカニの味噌汁に刺身の盛り合わせなどがセットになっていて、ボリュームたっぷりです。

P1000441.jpg
こちらがボクが食べた「煮魚定食 2500円」ちょっと度肝を抜く金目鯛が丸1匹。魚海船団でもあのサイズはあり得ませんな。金目の産地、銚子というだけあって、もの凄く脂ののった金目の煮付けでした。うまかった~




久しぶりの飲み会

本来ですと休みの本日、16名様のご予約でいざ仕事へ

2時位から5時まで、常連様の予約をいただき、特別に仕事に向かいました。昔からの常連様だったので特別に店を開けました。正直言うと結構しんどかったのですが、お客様の盛り上がる様子を見ていると、役に立てて良かったな~と。

その後は社員同士で久しぶりに飲み会へ。同じ神田エリアの宿敵「魚可祝」へ行き、お手並み拝見とばかり勉強してきました。感想は店の雰囲気が今風で非常に良く、とてもよい店だと感心。しかし価値感的には値段、ボリューム、接客と当店の方が満足度をはるかに上を行っていると思います。

久々に社員が揃い、バカを言いながら今後の方針を話しつつ、それぞれの考えを引っ張りだすことができました。お互いの考えを確かめるという意味では良かったと思います。

PICT0091.jpg
船長は写っていませんが、他の皆が深刻に??ただの雑談ですが・・・

角玉梅酒

梅酒にも色々ありますが、この「角玉梅酒は別格でっせ!」

まず、蔵元が鹿児島の芋焼酎などで有名な佐多宗二商店。当店でも芋焼酎を取り扱っていますが、角玉の芋焼酎といえば泣く子も黙る、信頼のある蔵元。すっきりした味わいで、一度飲んだら忘れられないまろやかさ、ロックでいただくと最高です。その蔵元が作った米焼酎の梅酒は、これまたすっきりした味わいの梅酒で、何杯も飲みたくなるほどアトをひく・・・しかも今回はこの梅酒に和歌山産の梅をポトンとひとつ付けています。タネを明かすと、この梅はチョーヤの梅酒に漬かっている梅で、最初はおつまみとして売ろうと思ったのですが、やはり梅酒に漬かった梅には梅酒ということで、最高級に旨い梅酒と組み合わせてみました。

早速、本日梅酒好きの方に奨めたのですが、お代わりがくるくる。すっきりしているので、何杯でもいけちゃうんです。来週から本格的に売り出す予定なので、興味のある方は是非!!!

ume.jpg

当店のオリジナル芋焼酎

5月より魚海船団オリジナルの芋焼酎を売り出します

準備に数ヶ月かかってしまいましたが、ようやくリリースできそうです。ボトルに渋い「魚海船団」の名前がデザインされたもので、中身の芋焼酎は何ヶ月も選び抜いて厳選した米麹とサツマイモだけを原料にしたコクのある芋焼酎です。

瓶は4合徳利なので値段はまだ未定ですが、かなり安く設定します。もともと当店は芋焼酎が強いですが、このボトルがメインに売れてくれればと思っています。リリースした祭は是非皆様にお試しいただきたいと思っています。そういったこともありまして、1ヶ月間限定でキャンペーンを行いたいと思っています。一度飲んでいただければわかる旨さなので、お試し価格でどか~んとやります。期間は多分休み明けくらいから、6月初旬くらいになる予定です。

bottle.jpg

お奨めの飲み方は7対3の水割り、または6対4のお湯割りでしょう。ロックですと少し辛口だと思うので、ツウにはロックもお奨めします。結構、芋の香りが強い方だと思います。是非お試しあれ!

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ