プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

夏も終わりですか??

市場に出ている食材が季節を感じさせてくれます。マツタケや秋刀魚などは秋の知らせですな~

みなさん、夏の思い出は作れましたでしょうか??ボクは夏が苦手で、これからが一番好きなシーズンとなります。大好きな釣りも秋が最高です。魚に脂もノッてくるので、釣りが終わった後の美食会により一層花が咲きます。冬は釣り船も空いていまして、2月なんて寒い時期に凍えながら海に向かって竿をかざすなんて活きじゃありませんか!

そんな夏にも良いところはひとつ。子供の夏休みに合せて海や山へレジャーを楽しめる点です。今年は一緒にキャンプも行っておらず、少し残念ですが、それは秋に持ち越しということで・・・テントを張って、夜は気の許す限り星を眺める。。。贅沢な時間ですよ。

さてさて、当店では来月の人事異動シーズンに合せて、皆様に喜んでもらえるような宴会コースを企画しています。詳しくは「ぐるなび」のサイトからバリュープランをご覧いただきますと、詳細をのせてあります。こちら→http://plan.gnavi.co.jp/shop_plan_list.php?id=g312900是非、ご活用ください。(宣伝っぽくなってスミマセン・・)

ika
本日のワンショットは「活イカのお刺身」。来月の「ぐるなび限定コース」のお刺身に盛合せのひとつとして入ります。
スポンサーサイト

シラウオ大サービスでした

本日の「大漁祭り」で提供させていただいた【大盛りシラウオの寿司 280円】。結果的に大変でした

いつも行っている市場の魚屋さんに、ほぼ無理矢理気味にすすめられて(こう見えても結構気が弱いので・・)断れずに買ってしまった「シラウオ」。旨いのは
知っているので、それならお通しにでも使おうかと??しかし、料理長の意見もあって寿司にすることになりました。軍艦に山盛りにのせて寿司メシはオマケ程度になればとお思い、いざメニューに入れたまではよかったのです。

営業が始まってしばらくすると、今日はあまり客足がよくないことに気が付きました。シラウオは今日仕入れて、今日中に売ってしまいたかったので、これではほとんどが余ってしまう。せっかくいい状態で仕入れたのだから、一番いい状態でお客様に召し上がっていただきたいというのが、仕入れ担当の願いです。

お客様からの注文があまりなく、時間も終盤に近づいてきたので、僕がオーダーを取るときは、お客様に説明して食べてもらうことに。食べてもらえば、絶対に美味しいし、得した気分になります。

最後は原価無視!料理長に「シラウオをオーダーの方にはのせれるだけのせてください!」と叫ぶボク・・明日は火を通さないと使えないので、そうすると価値は半分以下ですよ。美味しく食べてもらえばいいかということで、大サービスのボリュームで提供いたしました。

sirauo.jpg

これが「大盛り!シラウオ寿司 280円(2貫)」写真は2人前です。一応、寿司ですが、シラウオでご飯が見えません!!

今年の秋刀魚は・・・

今年の秋刀魚は豊漁で、値段も安く最高です!

そろそろ、スーパーなどでも秋刀魚が並んでいるのを見かけますが、今年は脂がのっていて美味しい上に、値段も安く思い切り秋刀魚を満喫できそうです。
当店で仕入れているサンマも肩のところが盛り上がっていて、ぷっくら太っているうえに、こってり脂がのっています。今週は塩焼きオンリーで行こうかと思っていますが、もちろん刺身用のサンマなので、一言声をかけていただければ刺身にもいたしますよ。

値段も思い切って580円まで値下げしました。今後数週間は旬の食材として日本の食卓を賑やかにすることは間違いないでしょう。安くて美味しい、最高じゃないですか!

さて、昨日から好評発売中の「トロイワシ3尾セット 980円」(刺身 生姜たたき ナメロウ)の写真を↓にアップしておきます。皮目が真っ白で脂ノリの良さが伝わると思います。
3shu_20070828151635.jpg


さてさて、今週も海釣りに行きますぞ!今からワクワク、何を釣りに行くか頭が一杯です。

本日より

本日より「イワシ3尾盛り 980円」というメニューを特別に売り出します

3尾と言っても、ただ3匹付けるだけではありません。1匹はお刺身で、1匹は生姜をたっぷり加えたタタキで、もう1匹は味噌との相性が抜群のナメロウを1皿にまとめて提供します。同じイワシでも全然違う食べ方ができます。しかも今時期のイワシときたら、脂がのっていて最高に美味しい!僕なんて休日でもスーパーでイワシを買って食べています。イワシ中毒なんですよ、要するに・・

今回のイワシは脂がのっているだけではなく、とにかくでかい。食べ応えも十二分だと思います。酒の肴にもバッチリですし(特にナメロウは素晴らしいですよ)2~3人でお越しの際は、是非この「宮城産 トロイワシの3尾盛り 980円」にトライしてください。

今週1週間は「大漁祭り」で、お料理には自信のある旬の魚をガンガン提供していきます。値段も1品480円から1000円くらいまでとリーズナブル。
ちなみに本日は以下のような感じでやってます。ご参考までに・・・

「大漁祭り」
27日(月)のメニューはこちら↓
宮城産 トロイワシの3尾盛り
(姿刺身 生姜たたき なめろう)3尾入り3種類のレシピ
今だけ980円の猛烈特価!
※各単品のイワシ料理は580円となります

北海道根室港 新秋刀魚の塩焼き 580円(刺身用の鮮度ですので、ご希望に応じて刺身もお造りいたします)
竹岡産 キスの天ぷら 680円
銚子産 イワシの天ぷら 580円
オススメ! キス イワシ 夏野菜の天ぷら盛り合わせ  今だけ980円
銚子産 カマスの一夜干し 580円
船橋産 あさりバター 580円
長崎産 カサゴの姿煮 680円
大原産 大サバの一夜干し 880円
兵庫産 ハタハタの一夜干し 680円
佐渡産 小あじの唐揚げ 580円
3kinds.jpg

貫くところと、引くところ

今日はお店の営業中に、こんなことがありました

今までに何度か来店していただいているお客様が4時間の滞在で3人で18000円を使いました。当店の客単価は約2700円くらいですから、それを考えるとかなり高い・・そのお客様も会計の時に驚きを隠せずに「高い!」と言っていました。僕自身も間違えている可能性があると考え、もう一度レジを打ち直し、更にお客さまの前で伝票と照らし合わせ確認をしました。

2度の確認で自分の中では間違え無いと確信したので、そのお客さまに請求するべく金額を提示しました。渋々ながらもお金を払っていただいたのですが、やはり納得がいかないようで、一度帰られた後に店に戻ってきました。やはりその金額に納得できないのです。

要するに自分はそんなにたくさん酒を飲んでいないという言い分。当店の方が伝票を意図的に多くつけたと思っていたらしいです。僕は言いました。「誠心誠意、お客さまに喜んでもらえるよう、日々努力しているのに、そんなことをして何の得があるのでしょうか?」と・・・そこまでは良かったのですが、そのお客さまの担当にあたったアルバイトを非難し始めたので、完全に頭が熱くなりました。そのアルバイトは、ボクが一番の信頼を置いている最高のパートナーですよ。その子を非難されて黙ってはいられません。僕はボスに相談。そしてそのお客様とボスとのやりとりの一部始終を見て、完全にノックアウトされました。

正直言いまして、こちらに非はありません。ボスの行動は当方の正当性を一切曲げずにお客さまの立場を考え、頭を下げるという見事なものでした。ボスの話術は、お客様が納得するどころか、感謝さえしているほどでした。貫き通すところと引き際を、完全に使い分けていました。間違っていないのだから、正当性は貫く・・そこに妥協は無い。しかし、お客様に気分の悪い思いは決してさせない。

もしあの時、ボク自身で全て対処していたら・・と思うとゾッとします。感情のままに身を任せ、二度と来ていただけないお客さまを作っていたと思います。

今週の爆ヒット

今週から始まった「大漁祭り」のメニューで華麗なヒットとなった「青魚3種姿盛合せ 1580円」です

値段の方は魚の値段がほぼ毎日、変動しているので1480円だったり、1580円だったりしますが、ド旬のサンマ刺身をはじめ、脂のノッたトロイワシ、あとは活アジかその日のいいところの地アジ3点を組み合わせたセット。

これが凄いのは、どれも丸ごとの姿を入れて提供している点。サンマ1尾、イワシ1尾、アジ1尾が丸ごと一皿にのっているので、迫力満点で、どれも季節的に美味しい魚ばかり。値段も旬だからこそ、安く仕入れられるので、安く提供できるというわけです。

3日間で60セット以上は売れたでしょうか?ここ最近で大ヒットとなったのは間違いありません。

aosakana.jpgこれが実際に盛り付けた3点セットのお刺身です。来週はどんなヒットが生もうか、現在思考中です。

テーマ : お魚料理 - ジャンル : グルメ

ボスの独り言・・

昨日、ボスがテレビか何かで見たらしい、宗教家マハトマ・ガンジーが半世紀前に残した20世紀の「7つの社会的大罪(Seven Social Sins)」という7つの言葉が心に引っかったので、以下に挙げてみます。

Politics Without Principles  (原則のない政治)
Wealth without Work (労働なき富)
Pleasure without Conscience (良心なき快楽)
Knowledge without Character (人格なき教育)
Commerce without Morality (道徳心なき商い)
Science without Humanity (人間性なき科学)
Worship without Sacrifice (奉仕なき信仰)

どれもこれも、見事に今の時代を反映している大きな問題点だと思います。これが全てではありませんが、正に今の世界が抱えている大きな惨事や事件を象徴する根本となっている気がします。

とても考えさせられる言葉です。

カマスの一夜干し いざ試食!

昨日の続きですが、早速自家製カマスの一夜干しを試食してみました。

3パーセントの海水に浸し、部屋干しと天日干しを経て出来上がったのが↓の写真です
kamasu3.jpg


正直申しまして、売っている干物に比べると今ひとつです。何が足りないのか?何が違うのか調べてみました。まず、プロの干物は超新鮮な獲りたての魚を使っているそうです。僕が仕入れたのは、市場に並んでいたモノなので少なくとも数日は経過しているはず。まずそこは違う・・
そして、もう一つの決定的な違いは、市販の干物には食品添加物が入っているところでしょう。もちろん、そうじゃないモノもあるとは思いますが、味付けは塩だけで、風に当てて干すだけというのは、ないんじゃないかと思います。実際に他の干物の成分表示をみると、ナンとも色々書いてあります。
kamasu2.jpg

これに懲りずまたチャレンジしますよ!うまく行ったら店の看板商品になるかも・・なんて考えています。


自家製干物作り

先日、市場で大型のカマスが安く売っていたので、それを干物にしてみました

前回、アジの干物作りに挑戦しましたが、どうも海辺で売っているようなプロの味にならなく苦戦しました。調べてみたのですが、魚の干物は奥が深く、誰にでも簡単に美味しい干物が作れるわけではなさそうです。塩加減や干し加減、干す時の気温や風の強さなどが、密接に関係しているようです。

と、それにも懲りず今回はカマスの干物作り。海水ほどの塩水に2時間くらい浸して、まずは店内で水切りなる作業↓
hosikamasu.jpg
1時間くらい扇風機にあて、水分を飛ばしました。最近は外が暑いので、25度以上の気温で天日干しを長くするのは良くないのです。水気が取れたところで、ビルのオーナーにお願いして、屋上を開放してもらい、洗濯紐を張って日光にあてました↓
hosikamasu1.jpg

都会の真ん中で非常に不自然ですが(向こうに見えるのは東京タワーか?)今日は天日干しには最高の風の強さ。2時間ほど干して、いざ試食をすることになりました。

さて、いったいこのカマスを美味しく食べることができるのか??それは明日のブログにて紹介します。


価値ある1品です

昨日から「大漁祭り」を開催していますが、本日の強力な一品をご紹介しましょう

今回のイベント限りになると思いますが、名づけて「本日の旬魚3種盛り 1280円」です。旬を迎えた新サンマ 石巻産のトロイワシ 気仙沼産のカツオが一皿になっています。↓
3shu.jpg


魚の好きな方ならたまらないセットで、お値段もたまらない価格!かなり価値のある一品だと自負しております。特にこの中でもイワシは最高の鮮度と脂のノリです。丸ごと1尾ついていますので、ボリュームもたっぷり。絶対お奨めです。

明日は仕入れの関係で入荷するか、わかりませんのであしからず・・・

見れました

この前のブログで触れたイルカウォッチングのツアーでは野生のイルカが見れました

銚子海洋研究所http://www.irukanet.com/choshi/index.htmというところから出ている船に乗るため、日曜は5時起きをして銚子まで車をぶっ飛ばしました。9時の出船で1時間前に到着。外川港というところの近くにあるヨットハーバーからウォッチングに使う「フリッパー号」は停留してありました。

妻はあまりのり気ではなかったのですが、子供の夏休みの自由研究の題材のため、いざ出港。船員の話では、海鳥の群がるところはイワシが集まっているので、そのイワシの群れを追ってスナメリという種類のイルカが顔を出すとのこと。釣りをするときも全く同じなので、わかってはいましたが、鳥を追うこと30~40分くらいでしょうか、沖合いから数マイルのポイントで海鳥の群れを発見。鳥に混じって所々にねずみ色の光が!明らかにイルカの背中と思われる物体が何回も見えました。スナメリは海水からジャンプしたり、そもそも背ビレが無いイルカなので、思い描いている絵のようにはいきませんでしたが、それでも何度も何度も、しかも群れで親子で水面に浮いては、背中を光らせる。前回、グアムで高い金を払って見れなかったので、子供も自分自身も大変満足しました。正直言って、あそこまで何度も見れるとは思っていませんでした。flip.jpg



さて、その帰りですが、銚子といえばメシですよ。今回は今まで一度も入ることのできなかった「島武」に行ってきました。デカネタで有名な回転寿司で、本当にでかいネタだった。満足にメシを食べた後は温泉へ。銚子をとても満喫できた一日でした。
tako.jpg
デカイだけじゃなく、厚い!このタコ一皿でで腹一杯になってしまった。



イルカを見に・・

明日はイルカを見に銚子へ行きます

今年の家族旅行はグアムへ行きましたが、丁度台風が直撃していて大変でした。グアムに行く前から計画していたのですが、現地ではイルカ・ウォッチングに行くことに決めていました。なぜなら、子供が今年の夏休みの自由研究に「イルカ」を題材にするということだったので、生のイルカ見るという約束をしてしまったのです。

先にも述べたとおり、現地では台風に見舞われ、船は出ましたがイルカは姿を現わせず・・・遭遇率99パーセントを誇るイルカ・ツアーに参加したのですが、お金だけ取られ悲惨でした。

それでも約束は果たせねば・・という訳で、今度こそイルカを見てやろうとインターネットを検索したところ、あっさり銚子の外川港からイルカ・ウォッチングの船がでているではありませんか!http://www.irukanet.com/choshi/(←興味のある方はこちらをクリック)

遭遇率85パーセントらしいですが、朝5時に家を出て銚子まで行ってきます。子供との約束を果たすためのお父さんの意地ですよ。

さすがです

当店のお客さんは魚好きの方が多いだけあって、よく知っています

よくあるのですが、大型魚を買って「本日のおすすめ」などで提供する刺身には必ずアラという部分が出てきます。アラというのは、お刺身では食べにくい頭や腹骨の部分を指しますが、これが実は最高に美味しいのを魚ツウの人は知っています。他店で兜煮があんなに高いのは何故だか分かりませんが(多分、1匹の魚に1個しか取れないため??)当店では捨てるか、自分達の賄いで食べてしまうかのどちらかなので、安~く提供してしまいます。

前に、金目鯛のお刺身をおすすめで提供した時に、あるお客様が「金目の刺身ということは、頭もあるんだろ?」と質問を投げかけてきました。金目は煮つけるとトロトロで美味しく、賄いで食べようと思ったのですが、さすがそこに目をつけたお客様はツウです!自分達で食べるのを少し残念ながらもあきらめ、食べてもらいました。

つい先日もお客様がメダイのお刺身をお奨めで提供した時に、意表をついて「兜煮」をオーダー。メダイは煮つけるとナカナカ旨い魚で、食べるところも多かったせいか、大変満足していました。↓
PICT0010.jpg
「メダイの兜煮 580円」で食べてもらいました。まさに裏メニューというやつですよ。


ラーメン屋さん

毎日来店している「じゃんがらラーメン」の神田店のスタッフです↓
jang.jpg

右からミッキー船長 じゃんがら店長 当店の料理長 じゃんがらスタッフ

ボクが先日、街角でティッシュ配りをしている時に偶然受け取ってくれた方が同業者・・・神田西口商店街に位置する「じゃんがらラーメン」のスタッフで、当店をよほど気に入ってくれたのか、この3日間ずっと来店してくれます。

歳も近く同じ飲食業だからかは分かりませんが、ここの方々は面白い人揃い。お盆中は15時に店を閉めているらしく、明日以降も今週中は毎日来店してくれる??そうです。

せっかく目と鼻にお店を構えているので、ぼく達も今週の土曜に彼らの店へ出向くことになりました。北海道旭川育ちのボクは意外にもラーメンにはうるさいんです。果たして九州のトンコツラーメンが口に合うかどうかは、食べるまでわかりません!批評については、後ほどということで・・・(確か、うちのカミサンが旨いと言っていたので、期待はしています。)

暑くて大変な時期、ラーメン屋さんにはコクな季節ですよ。そんな全国のラーメン屋さんにリスペクト!

大漁祭り

アチアチ~っ 言いたくないけど暑い日が続きます

北海道生まれのボクが一番嫌いな季節の到来です。猛暑が続いて気合いが入らないこの頃です。(自分をコントロールできていないだけですが・・)暑い日は頭を坊主にするに限ります。昔から坊主で、将来も坊主でしょうが、さっぱりと髪の毛を切るとなんと気持ちイイ!最高です。男はやっぱりこれですよ。もし男の子の子供がいたら絶対坊主にさせます。(髪の毛に関しては、子供に選択の余地無しか?)

さて、来週から「魚海船団」の自慢のイベントが始まります。【大漁祭り】ですよ。【鮮魚祭り】は魚や貝など刺身系の生もの中心に対して、【大漁祭り】は魚の旨いところ取りです。刺身は勿論、干物あり、揚げ物あり、加工モノありで、その時に安くて旨い旬の魚を提供しています。お手ごろな値段とその日に仕入れる鮮度抜群の魚でレシピも豊富。是非、来週はお店に顔をだしてください!!!!旨い魚に出会えますよ



20070815162330.jpg

お盆なのにありがたい!

世間ではお盆だと言うのに、来店してくれるお客様にはホント感謝です

神田近辺はひと気がなくガラ~ンとしていますが、それにも関わらず来店してくれるお客様には本当にありがたく思います。さすがに普段のような混み具合にはなりませんが、それでも席が適当に埋まってガヤガヤと活気が沸いています。駅前の店ならともかく、こんな立地の悪いところに集まってくるなんて・・・だからお客様を裏切らないよう、がんばる活力になるのですよ。

夕方は時間と暇があったので、なるべく人混みに向かい、ティッシュ配りをしていたのですが、偶然にもティッシュを受け取った方が同業者の方で(同業者というのは後で聞いたのですが)素晴らしくも来店していただくと、つい嬉しくなり色々とサービスさせていただきました。そのお客様の店は当店の目と鼻の先。業種は違いますが、なんとも嬉しい来店となりました。街角のティッシュ配りはハッキリ言って嫌いですが(一番嫌なのが、常連様にしょっちゅう出くわすので・・)効果が出ればやって良かったと思うものです。

これに懲りず、がんばって街角ティッシュを恥ずかしがらないで出来るようになれたら・・・と思います。自分を捨てますよ。

kamasu_1.jpg
本日のワンショット「小田原産 カマスの一夜干し 480円」踊り焼き風にしてあります

「ばんや」に行ってきました

昨日は今年最初で最後になりそうな海水浴がてら、保田の「ばんや」まで足を伸ばしました

いつも海水浴は外房へ行くのですが、今回は穏やかな内房へ行くことにしました。その目的の一つが保田漁協の真ん前にそびえ立つ「ばんや」で食事をすること。きっとボクが将来店を構える上で、なにかのヒントになるかもしれないと思ったからです。

朝7時頃に家を出て、大渋滞にはまりながらも、最近開通された館山道を一直線に南下。金谷で降りてまずは海に直行。子供とカミサンでじゃぼんと海に飛び込んだあと、近くの磯に行くと、なんとあるではないか、食材が・・・魚は泳いでるし、イッチョ釣りでもしようかと思いましたがダメダメ。ウニなんかも転がっていましたが、獲っちゃいけませんよ、ここでは・・・

と、少し遊んだあとで、昼飯がてらに「ばんや」へ行くと、凄い人混み。1時間くらいは待ったでしょうか、席について壁にかかっている大量のメニューの中から、お刺身5点盛り(1280円だったと思う)やかき揚、イワシフライなどなどを注文しました。刺身に関しては、都会ではありえない厚切りで、鮮度もよく、これは原価かな??と思うほど値段以上のものが出てきました。お店は活気があってとても漁師町らしい雰囲気。詳しくは胸に秘めておきますが、勉強になることが多かったと思います。

メシを喰って、もうイッチョ海水浴へ。今度は保田海水浴場(先ほどとは違う場所)へ行き、一年分思いっきり海を満喫しました。

20070813212818.jpg
帰るころには、すっかり保田が好きになりました。また行きたいと思います。次は釣りに行きたいかな~


寂しいですな~

神田にはサラリーマンのお客様が多く、サラリーマンである以上転勤や異動は多い。そんなお店の常連さんが遠く離れてしまうのは、寂しいことです。泣き顔・2

大概のお客様は自分より年上の方が多く、年齢を召している方は特に、自身の経験から色々なことを教えてくれます。これもこの店の特徴なのでしょうが、経験豊富で苦労を重ねた中小企業の会社員や経営者の方々がボクみたいな小僧に色々なアドバイスをしてくれます。時には熱くなって怒鳴られたこともありますが、今考えると正論を叩き込んでくれたんだと思い返す事柄もあります。そういった方々が移動になって遠くに行ってしまったりするのは、とても悲しいこと。都内ならまだ来てくれる可能性があるからいいのですが、地方や本社に戻られる方は来店することがほとんど無理ですからね・・

昨日もボクが大好きだったお客様が定年退職で地元に戻ってしまいました。最後ということで顔を出してくれましたが、見送った際にボクの目に写った彼の顔といったら、もう忘れられない。。。こういった別れは今までに何度もありますが、身近な常連さんほど痛々しい気持ちになってしまいます。

我が家のようにお店に親しみを抱いてくれる常連様には本当に感謝、改めてそう感じさせられます。

タウンワーク

昨日9日から3週間に渡って、求人広告「タウンワーク社員」に掲載します

リクルートから週刊で発行されている無料求人誌「タウンワーク」の社員版に会社で求人をかけています。(コンビニなどに置いてあります)掲載期間は3週間、東京の他に千葉版と広範囲に募集をかけています。

ここ数ヶ月は信頼のおけるアルバイトさんも入り、安定したサービスができるようになりました。(といってもまだまだですが・・)しかし、会社が向かうべき次のステップを考えると、今回の社員増員に踏み切るのがベスト。売り上げ的にもなんとか形になり、現状のままでもいいじゃないか・・・と思いますが、更に上を目指すのが人間の向上心というか、欲であります。

ボクも含め、この店で働く人は、日々自分の店を持つために学んでいます。同じ志の方が今回の応募で集まることを願っています。更に良い店作り、更にそのサービスを横に広げること。ただ日金を稼ぐのではなく、それ以上の価値と言いますか、ライフワークとして突っ走れる環境はばっちりそろっています。

ボクの場合、「仕事が人生」とは言い切れない部分もありますが(多趣味なので・・)少なくとも仕事は自分の生活で多くの時間を費やしています。だから、どうせやるならガンガンいきます。ガンガンやった結果としてボートの一台でも買えればな~なんて思ったりして・・・

男36歳、この辺りでそろそろ勝負ですよ。。。

最近の愛読書

最近いろいろ読んでいる本の中で面白かった本です

当店のお客様の中には某ホテルの支配人ですとか、サービス業に関わっているお客様も多数来店していまして、こんなお店で和気あいあいと楽しんでおられる姿を見ていると、この店も捨てたもんじゃないと感じます。そういった業務に携わっている方々に、ある程度の安心感を与えられているのかと思うと、ちょっとした自信にもつながります。(思い込みの可能性もありますが)

そういった意味で昨日来店した某ホテルに勤務するお客様が「ここにはいつも感動がある」と言ってくれたことは、ボクにとって最高の褒め言葉でした。

この業界(仕事)で大切なこと・・色々ありますが、最近読んでいる本で非常に参考になったのがこちらです↓
hon.jpg


アメリカ人らしい発想といえばそれまでですが、ボクもアメリカで外食経験があるので、本の内容に興味とユーモアをまじまじと感じました。彼がどうしてアメリカでも指折りの成功者になれたのか。。。外食産業に命をかける方々にとっては、夢溢れる一冊です。サービス業は人々に感動を与えるエンターテインメント。たかが居酒屋でも、感動を与え続けるには並大抵じゃない努力が必要です。お客様にとって心地よい店となるよう、更に良い店作りに日々努めるだけです。



チャーシュー

「豚ちゃん祭り」のチャーシューが好調です

以前からも何度か提供させていただいてますが、イモブタのバラ肉をタコ糸でぐるぐる巻きにし、圧力鍋で煮込んだモノで、今回は厚切りを1枚単位で販売しています。(以前は2枚単位でした)

今回、わかったのですが、当店にはこのチャーシューを取り分けて切るためのナイフたるものが無い!(正確には1個だけあります)洋食屋じゃないんで仕方ないと言えばそれまでですが、飲食店なんだからナイフくらい用意しなければ。。。と反省。

あとは、今回の目玉になっている「スペアリブ」ですが、なかなかのボリュームで、それを食べてしまうと他のものが食べてもらえない恐れがあるほど、ボリューム満点です。箸でポロリとほぐれますので、ナイフなんて要りません。(と弁解しておきます)来週までバッチリおすすめで提供させていただきますので、ご来店の際はお試しを!

chashu.jpg

↑厚さが伝わるでしょうか?提供時には切らないでお持ちしますので、切るのは見ていただいた後に「切ってくれ」とお申し付けください。

だから面白い

この世の中では思いがけないところで、人と繋がるものです・・・

多分、こんなことは初めてでしょう。ことの経緯はこんな感じです・・
当店で期間限定で扱っている麦焼酎「二階堂」。この焼酎を扱っているお店を探してくれたお客様が偶然にもインターネットで当店を見つけてくれたのです。

ご予約のお電話では「誕生日ケーキを持ち込むが可能か?」ということだったらしく(他のものが電話対応したので、具体的な内容は不明)それくらいのことは、ボク的には全然OK。お店で誕生日会をやってくれるのだろうと思っていました。

予約の時間になってご来店した7名ほどのお客様を見て、びっくり!普段はサラリーマンの40代~50代の男性がひしめく店内に、20代前半風の女性達がぞろぞろと・・・正直、ウキウキしたボクはお客様が買ってきたケーキを預かり、「本人が来て、準備が整ったら提供いたしますので。。。」と伝えました。

すると、どうでしょ??「誕生日の本人は来ないんです」という回答が返ってきました。訳のわからない答えに混乱し事情を詳しく聞くと、ジャニーズ・ジュニアのグループ「Kis-My-Ft2」というアイドル・グループに所属する「二階堂 高嗣クン」と言う方の誕生日とのこと。その団体様は彼の熱狂的なファン達だったのです。

麦焼酎の「二階堂」を偶々扱っていただけなのに、なんという偶然!とおったまげてしまいました。今回偶然に扱った「二階堂」がお店に無かったら、どう考えても、そのお客様と出会うことは一生無かったと思います。偶然が招く人の出会いに感謝感激した瞬間でした。

PICT0156.jpg
「ニカニカ団」と「二階堂 高嗣クン」の一層の活動を応援しつつ、当店に来られるお客様で「Kis-My-Ft2」のファンと言うだけで、麦焼酎「二階堂」を百円引きの1580円特別特価に致します!

PS 「ニカニカ団」団長の野中様、本日お誕生日おめでとうございます!年齢は秘密にしておきます・・・

飲み放題

8月限定でやらせてもらいます「本格焼酎の飲み放題 お一人様2時間1260円」

8月中は2人より受け付けます。2時間で何杯の焼酎が飲めるか、人それぞれだとは思いますが、当店のグラス単価は平均的に安いので(1杯300円程度)一概に言えませんが2時間で3~4杯飲める方でしたら、面白い企画だと思います。

本格焼酎15種類の中から好きな銘柄をお選びいただいて、そのつどロックや水割りで提供いたします。一番高い銘柄は薩摩の将軍、島津家ご用達の「前田利右衛門」で、当店のグラス1杯が500円。(他の店に比べるとかなり良心的ですが、当店では一番高い!)2時間内に3杯同じものをご注文いただければ、もとはとれます。

鹿児島のイモ焼酎が中心ですが、胡麻焼酎や米焼酎、黒糖など色々ございます。お料理は含まれていませんので、メニューの中からお好きなものをオーダーしてください。飲み放題は30分延長ごとに500円(丁度1杯分位ですよね)を頂戴します。色々な焼酎をお試しいただける方にはおすすめですよ。

PICT0137.jpg

豚ちゃん料理

来週から始まる「豚ちゃん料理」の試作をしてみました

来週から2週間の予定で豚料理をレシピに加えた「豚ちゃん料理祭り」を開催しますが、厨房で仕込みを始めたのを機にボクも参加し、自分なりに提供メニューを考えて試作してみました。いつもホールでドタバタやっていますが、やはり料理の方も好きな性質なんです。

試作したのは題して「さっぱりトロ~り おつまみ豚足」。メニューに並ぶかどうかはわかりませんが、簡単で結構イケます。

まず、新鮮な豚足を半分にカットしたものを用意し、熱湯でさっと臭み抜きをします。
tonsoku00.jpg


そして、圧力鍋におろしニンニクとおろし生姜をたっぷり(適当です)水1に対して1の焼酎をガバガバ入れます。(余っていた麦焼酎を使いましたが、多分芋焼酎や泡盛なんかが良いような気がする)ネギの青い部分もどさっと入れ、20分中火で煮込みました↓
tonsoku01.jpg


一度蓋を開けてみて、とろっとしていたらOK。このときは、もっとトロトロにしたかったので、更に15分中火で煮込みました。すると完璧なトロミ具合になりました。

↓一つはこちらで、更に鍋を移し、角煮を作るように砂糖どっさり、酒もたっぷり、そして濃い口醤油で味を調えながら、更に20分ほど煮込みました。ネギと七味をふりかけて出来上がり。旨かったのですが、更にもう一つの方がよかったので紹介しましょう。
tonsoku_2.jpg


↓こちらの方が、さっぱりと食べられます。圧力鍋で茹でたモノに七味と青ネギを振り掛けるだけ。あとはポン酢でムシャムシャと食べてください。七味は真っ赤になるくらいでもOK。トロトロのコラーゲンといった感じで、酒の肴にばっちり。あまり量は食べれないですが、臭みもなく、食べやすいと思います。
tonsoku.jpg

豚ちゃん料理

来週の月曜から豚肉を使った料理の「豚ちゃん料理祭り」を開催!

これに向けて試作と試食をしているこのごろ。。。豚はもちろん、千葉県の特産豚「いもぶた」にこだわり、ばら肉を使ったチャーシューや角煮、夏らしさをかもしだす「スペアリブ」、レバニラやゴーヤの豚肉炒め(ゴーヤチャンプル)など、スタミナをつけていただけるレシピを用意しようと思います。

来週から2週間で、もちろんその間にも魚料理は一定に力を入れるつもりですので、豚料理はサイドメニューとしてお楽しみいただけるかと考えています。

先月、グアムに行ったときに「トニーローマ」でスペアリブを食べたのですが、そのボリュームと言ったらおったまげたモノ。長さ40センチほどの骨付き肉のバーべキュウ仕立てで、お肉がフォークでくずれるほどのやわらかさ。

昨年は宴会コースのメニューにスペアリブ加えましたが、結構原価コストがかかるので、大変でした。見た目が素晴らしく、お客様がきれいに食べつくした皿を見ると、悪くもない気がしましたが・・・当店のスペアリブもお箸でくずれるやわらかさです。かなり手をかけていますから、超ご期待ください。

buta.gif

来週6日より24日まで。「豚ちゃん料理」芋豚レシピが炸裂します!

大波コース好評です

去年の暮れから始めた、当店の宴会コース「大波」5980円が好評です

ハッキリ言って高いです。飲み放題は付いてますが、当店のような居酒屋では、最高レベルにしなければ、この値段を払っていただくわけにはいきません。

昨日は12名様と22名様の2組にこのコースを提供しましたが、ボリュームの多さ、食材の豊富さに満足していただけたようです。先付け2品から始まって全7種類のお料理。カニの盛合わせ(生のカニを当店で茹でたモノ)やマグロのホホ肉ステーキ、天婦羅や活魚の刺身盛合わせ、寿司などお腹にたまるものもあり、飲み放題でガブガブやると、満腹になるのではないでしょうか?

今月は8月ということで、大きな宴会需要は少ないと思いますが、2人や3人でもお店で楽しめるよう、「本格焼酎 飲み放題 1200円」というのを考えています。焼酎の種類はイモや麦、ゴマ、米など豊富に揃え、2時間はどの銘柄もお代わりが自由。色々飲みたい方には打ってつけだと思います。早速来週月曜からスタートします。お料理はフリーオーダー制でお好きなものを頼んでいただいて結構です。ガバガバ飲んでもOK!お店を潰さない程度にね・・・・



sinsan.jpg

本日から「新秋刀魚」のお料理が780円均一です。明日までの2日間限定です。

新秋刀魚

市場ではそろそろ新秋刀魚が出回っています

やっと梅雨が明けたばかりですが、市場では秋の知らせを届けるごとく、新秋刀魚(しんさんま)があちこちで売られているのを見かけます。まだ値段的には結構高いのですが、一足早く当店でも秋刀魚のイベントをやります。

日程は明日からで2日と3日の二日間限り。お刺身と塩焼きを中心に780円で提供します。サンマは1匹丸ごと提供しますので、たっぷりと食べていただけるはずです。若干脂のりはまだこれからのような気がしますが、一足早い秋の味覚をお楽しみください。

sanma.jpg

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ