プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

旬の味

鯛 (3)
今が鯛の旬の時期なんですよ。旬の味を大切にして!

野菜の世界では 水耕栽培を始め技術の進歩でほとんど一年中食べられる物が 多くなってきましたが 海の魚達の場合 まだまだ そこまでいきません。
旬の物が必ずしも 美味しいとは言い切れませんが 食卓に上がった料理を見て あーあ 春になったな とか こんな時期になったなとか 日本の素敵な季節を感じる事は大切な気がします。 
お金があれば、好きな物を自由に食べられる時代の様ですが 家族や仲間と 数少ない 旬の料理を 分け合いながら ワイワイ・ガヤガヤ過ごす時間が大切な時代かもしれません。
食べ物も 少し 不足気味の方が 人はやさしくなれるのかもしれませんね
(合掌)
スポンサーサイト

話し方の難しさ

P1020587.jpg
P1020587.jpg
人に伝わる話し方って
話し方の勉強を してみようと思って 樋口さんの書かれた本を読んでみました。
ところが 読んでみると 今までの{じいじ}の話し方が完全に間違っていた事にきずかされました。
 
こんな人とはつき合いたくない    人の話方
○自慢ばかりする
○人の話を聞かない
○正論ばかりをふりかざす
○あれふれたことしか言はない
○感情の起伏が激しい
などなど 今までの自分の話し方  大ショックでした。

人に言う前に 自分の事を冷静に反省しなくちゃ  良い教訓になりました。

巣立ちの春

P1020580.jpg
卒業 おめでよう!
今年も {じいじ}の店から2人卒業します。
○○弥と□□る です   2人共 一生懸命がんばってお店を盛り上げてくれました。
ほんとうに ありがとう!ただただ 感謝!
社会人に成ると 学生の時とは また違った 悩み 苦労にも出会うかもしれないけれど
お店の多くのお客様に教えていただいた事 アドバイスしてもらった事 思い出してくださいね。
きっと 助けに成るとおもいます。
目標を持って 突っ走って行けよ!!!

写真は{じいじ}がヤングの頃 流行っていた”歌声喫茶”によく 飾ってあった物です。
これを見ると 17 18の頃を思い出すんですよ

気持ちが悪くなったら

飲みすぎ・のりすぎ

若い人に多いんだけど 飲みすぎ・悪のりし過ぎで行き倒れする人がいるよね。
特に この時期のお花見や歓迎会は特にね
そこで{じいじ}が教える正しい○○の戻し方

①楽しく飲んでいる最中にあれって感じがあったら
②静かにゆっくり気付かれない様に席をたつ
③少し急ぎ足で  W/Cに向かう トイレのこと
④トイレの鏡に向かって一言 ”大丈夫か?”
  その返事 一・返事が無い
         二・何とか
         三・これ以上飲まなければOK
⑤一の場合は のたれ死ぬか 黙ってそのまま帰れ
 三の場合は 何も心配なし
 二の場合~~~~~
⑥水道の蛇口を口に突っ込みのめるだけ水を飲め
⑦飲んだら左手で便器のふたを開ける
⑧右手の人指し指と中指を合せ 少しへの字に曲げ喉の奥に思い切り突っ込む
⑨膝を着き左手で支えながら 顔を便器に思い切り突っ込む
⑩指先を痙攣させながら思いっきり○○する


この後が大事  すっきりしたら周りを良く見て汚した所があれば舐めてでもきれいにする事!

   以上

どうなるの?

P1020576.jpg
値上げ/値上げほんとにいいの
これから夏に向かってビールの美味しくなる時ですね 暑い日の仕事帰りの一杯はたまりませんよね
ところが いろんな理由を付けて値上げのラッシュ!値上げが当たり前みたいになっちゃってる

{じいじ}のお店ではどうやってお客様に少しでも負担をかけない様に無い知恵しぼって考えているんだけど 仕事がらいろんなお店を見に行くけど すごいよ 中ビール一杯で100円値上げしている所もあるんだわさ!メーカーさんも 大変なのは肌で感じるけれど皆で少しずつ負担して出来るだけお客様に今まで通り気楽においでいただける様にがんばろうよ

がんばって がんばって 大勢のお客様にいらしてもらいたいな!

はじめてのお使い じゃ無くて~ブログ

ブログって何?

はじめまして!3週間前からパソコンをはじめたばかりの{芋じいじ}です。 生まれてこのかた紙と鉛筆とそろばん せいぜい電卓しか触った事が無い{じいじ}がブログとやらを始めるはめになちゃあったなんてキーボードでAとかBとか探すのに大苦戦 探すのに全神経を使うと次書き込むことを100%忘れちやう   皆さんも始めはそうでしたか? 愚痴はこのぐらいにして初日をオープンさせてもらいましょう。

{じいじ}は千葉の船橋に住んでいるのす  仕事してるのが東京の神田  近いと言えば近いけど飲んで帰るには 結構遠い ただ飲む量が半端じやないからね ある意味 アル中と言われれば自分でも納得しちゃうんだよね。

毎日 午前11時ぐらいの電車にお世話になるんだけど 3回に1回ぐらいの割合で考えさせられる事があるんだな  {じいじ}のヤングの頃は女性の化粧するのを目の前で見るなんて お袋か婆さんぐらいがいいとこだったけど {じいじ}になってあかの他人の しかも 若い女性の(たぶん 女性だと思うけど  最近は男性でも女性? よくわかんない) 化粧を電車の中で見れるなんて超幸せなのか大不幸なのかと言うお話 

化粧前の土台から見ちゃう訳だから その変わり具合のすごさには そりやもう 何と言っていいものやら   黒めの肌がピンク色に 細めのおめめが真っ黒バチバチおめめ 緩めのお口が真っ赤に 無かった眉毛がへの字のくっきり眉に  書きだしたらきりがないっすよ 
その極端な変化をいやいや見せられ(見なけりゃいいんだろうけど)てると この娘さん何の為に化粧するんだろうっておもっちゃうのよ    あの土台で家を出る勇気があるんなら何でもできるスゴイ人なんだろうね!

女性が化粧しておしゃれして  とっても素敵な事   女性も楽しい 男性もウキウキ 子供もランラン こんな良いことほかには無いよ 
でもね   でもね  素敵な人って 女性でも男性でも外見だけじゃないんじゃないかな
日本人の奥ゆかしさ・しとやかさ それが自然と出てくるのが一番さわやかで素敵な部分だよね 
かっこいいんじゃ無くて 素敵なの! 
人前で化粧するのは どうかな? よくわかんないけど {じいじ}は素敵な人達からいっぱいエネルギーをもらってその日一日をガンバリたいのよ
{じいじ}もほかの人達にエネルギーを上げられるようにがんばるから!
勝手に見て勝手に文句を言う{じいじ}のたわ言でごめんなさい

これからも よろしく!   (合掌)
PICT0027.jpg
生ホタルイカ  今が旬 店でバカ売れ!

お世話になりました!

miyamoto03.jpg
長い間、大変お世話になりました先日から何度かお伝えしていますが、ミッキー船長こと店長の宮本は3月31日(月)をもちまして、魚海船団を卒業いたします。もともと修行のつもりで入店し、以後お店のために何ができるか日々考え、がむしゃらに突っ走ってきました。

前職は全く異業種でしたが、30代に入り今後の自分の道を考えたときに「果たしてこれでいいのだろうか?」と考えた結果、もうひとつの夢だった【自身の店を築く】ということ飲食業にチャレンジすることを決意。遅いスタートではありながら、この場所で学んだことは数知れず。何年分ものことを勉強できたことと自負しております。在任中は仕入れと原価コストの管理、接客、インターネットでの販売促進、企画と4つのことに力を入れ、微々たるながらも利益の出る会社にすることができました。これもボクの言葉を信じてくれたボスをはじめ、部長、料理長との連携、バイトスタッフも駄目な店長をカバーしてくれたからこそ、なんとか成り立ってきたと思います。特にボクのやり方にじっと辛抱して付いて来てくれたホールのスタッフには頭が下がる想いです。この場をかりて心からお礼を言いたいです。どうもありがとう!

ここのところ、お客様からも熱いお言葉をいただきます。一番多くいただく、ありがたいお言葉が「君ならきっと成功できるよ!」と言ってくださること。「必ず連絡をくれ」と言って帰り際に名刺を置いていってくれます。ボク自身は運良く、すばらしいお客様に恵まれていたため、これほどに勉強をすることが出来、成長することができたのだと思います。お客様の7割が月に1度は来る常連様、そのうちの半分は2週間に1度の頻度でご来店する方々です。(更にその内の半分は週に1~2回は来ます)メチャクチャな失敗もしましたし、駄目な料理を出してしまったこともありました。そんな時も、この経験不足なボクを痛めつけることなく、笑顔で接していただき、売り手であるボクの方が教えられる立場だったことは紛れもない事実です。

今後ですが、4月からは1日よりニューヨークに飛んで、長年の目標である海外出店に向けて、簡単な視察に出ます。ニューヨークには昔お世話になった恩師や友人が滞在しており、久しぶりに彼らを訪ねようと思います(生きていればですが・・・)そして数週間の滞在を経て東京に戻ったら、とあるビックプロジェクトに着手し、そちらを成功させられれば、目標の海外出店・・・というあらすじになっています。すべて計画通りに行くとは思っていませんし、そう簡単じゃないこともわかっています。そこまでたどり着くのに何年かかるかも今はわかりませんが、とにかくやってみるのみ。前に突き進むのみです。

途方も無いどん底から、勢いとハッタリで這い上がってきたボクの人生です。またいつドン底に戻るかはわかりませんが、常にプラス思考で、笑顔で、元気で・・・なんとか今後も精一杯やっていきたいと思っております。本当にいままでありがとうございました。

魚海船団は今後も繁盛店であり続けます。皆様、これからもよろしくお願いいたします。

なお、今後このブログは弊社の社長が「イモオヤジのたわごと」と言うタイトルで続けさせていただきます。初めてのインターネットを駆使してがんばりますので、そちらも兼ねてお願いいたします!


針千本見っけ!

魚をさばいていると、口の中から出てきました

いろいろな魚を捌きますが、大型の魚ですと、よくイワシが胃の中から出てきたり、小あじが出てきたり・・・・。カニや海老、イカや釣り針などなど、魚の口や胃の中には思いもよらないモノが入っているのです。

今日は8キロ級のブリの口から「ハリセンボン」の子供が出てきたので写真に収めました↓

はりせんぼん

針がトゲトゲしていて、食べれなかったのでしょうか? 口の少し奥の方でひっかかっていました。最初は何かと思いましたが、なんとも驚きです!弱肉強食の自然界の生々しい跡が、このような形で残っているとは・・・・



魚海船団ボスの独り言・・

船団ボスの独り言です↓
60才近くなって初めてのパソコン どうなる事やら?

店長の宮本君が 独立する事になりました。 3月31日が最終の日となります。
これまで インターネットを駆使して 魚海船団を それまで以上に多くの方々に知って
いただける様 最大の努力を惜しみなくやってくれました。
心から感謝しています!~~~~~本当に”ありがとう”

ところが  大変!
インターネットを引き継ぐのが 何をまちがったのか 私になってしまったのです?
今まで 紙と鉛筆とそろばんで生きてきた人間が~~~~なんとキイボードを(めまいがするよ)
触る事になつちゃいました。

この文章を書くのに2時間かかっています。 眼もチカチカしてきました~~~~?
でも これから 睡眠時間を10時間ぐらいに減らしてがんばりますので 不備な点は
許してやって下さい。

集中力

最近見た本で「集中力」について

小さいころから落ち着きがなく、いつも貧乏ゆすり、集中力にいたっては欠片もなかったボクの子供時代。大人になって初めて集中力の大切さを知りました。成功している方の多くは、この集中力を有効活用しています。

集中力がいかに大切かを唱える上で、このような例えがありました。
「レンズを使って太陽光線を一点に集中させると、同じ光線を分散させたときよりも何倍もの熱が生まれる。これと同じく、ひとつものに集中力をつぎ込むと、大きなエネルギーが働き、成果に変化がでる」と。

このエクササイズ法として、一日の中でゆったりとくつろいだ時間を作り、その状態で集中してひとつのことを考え続けます。余計な邪念が入ってきたら直ぐに取っ払い、そのことだけを考え続け、思考を深めるというトレーニングです。

一見簡単そうですが、ボクの場合ですとなかなかできません。せいぜい出来ても5分位でしょうか。この方法をイメージトレーニングとして活用できれば、効果はかなり見込めると思います。イメージトレーニングの大切さは昔、スポーツをやっている時に上手く使っていた経験がありまして、その大切さを知っている方は日本人ではあまりいないようですが、意識してトレーニングすることで長期的には確実に効果のある方法だと思います。
buta_saikyo.jpg

本日のワンショットは「春キャベツのコールスローと芋豚の西京焼き 780円」です。料理長の人間性が表れた一品だと思います。

モチベーションをどう保つか?

今朝、ある方と話をしまして、面白いことを言っていました

その話の内容は、飲食業に入ってくる人材は少し変わり者が多いということ。その方いわく「ぶっちゃけね、サラリーマンができなかったり、個性を出して生きたい人間の集まり」と言い切っていました。そして続けてこうも言いました。「だから普通のモチベーションでやっていたら、つぶされてしまう。情熱を持ち続けてガンガン働くヤツしか生き残れない・・・」と。

どんな仕事でも共通しますが、情熱と目標を持って一直線に進んでいくタイプの人間は、ある程度計算されていけない部分と、どれだけバカになれるかが大きなカギだとボクは考えます。良い意味でバカになれる人間の勝ちです。ボク自身は過去にバカになりきれずに失敗したことがあります。自分を信じられずに決めた目標をあきらめてしまうと、そこで自分の才能に終止符を打つことになります。

飲食で成功するということは、ボクにとっては最後の残されたチャンスです。36才で20年の飲食経験を持つボクの友達は「お前は飲食業界なんかに足を踏み入れてきて、アホだな」と言っていました。それだけ彼もこの世界の厳しさを叩き込まれた人間で、この業界にいかに勝者が少ないかを知っています。

それでもいいのです。やるだけやって灰になってしまったら、それだけのこと。ただ雇われて決まったことだけをこなす仕事の仕方もありますが、ボクはその方向は選ぶつもりはありません。どんな仕事もそうですが、一生懸命にやっていれば必ず次の道が開けてくると思います。それには毎日精一杯やっていなければならないと思い、自身のモチベーション向上に尻叩きするのです。


人生を変えた一冊の本

この本↓がボクの人生を変えた1冊です
奇妙な果実―ビリー・ホリデイ自伝 (晶文社クラシックス)奇妙な果実―ビリー・ホリデイ自伝 (晶文社クラシックス)
(1998/01)
ビリー ホリデイ

商品詳細を見る

あれは確かボクが16歳の頃だったでしょうか?ジャズが大好きになり、色々なレコードを買いあさっているうちにビリーホリデイというジャズ・シンガーに出会いました。彼女の音楽が好きになると同時に、彼女がどんなバックグラウンドをもって、どんな人物だったのかを知りたくなりました。そこで偶然出会ったのが彼女の自伝「奇妙な果実」だったのです。翻訳はなんと大橋巨泉さんが担当。さて、この本のタイトルが何を意味するかわかりますか?

彼女の代表作となった奇妙な果実はアメリカのの音楽史上に残る非常に衝撃を与えた作品ですが「木からぶら下がった不思議な果実にカラスが突っつく・・・」と、こんな歌詞の内容です。当時のボクにはかなりショッキングでしたが、当時のアメリカ南部で実際に起きていた黒人のリンチの様子を描いた歌で、木から吊るされているのは人間なのです。彼女は自身のお父さんが同じように亡くなったことから、その作品が描き出す言葉や音は生々しいものでした。

アメリカは世界の経済大国ではありますが、まだ歴史の浅い国です。200年ほど前に奴隷としてアメリカ大陸に強制連行された黒人。白人にマスターとして奉仕し、つい数十年前までこのような事件が現実的に起きていたということ。そして、未だに根の深いところで人種差別の問題が解決していないことは、実際にボク自身がアメリカに在住している時に強く感じたことです。16歳の時にこの本に出会い音楽の歴史を知る必要性を感じ、実際にアメリカに行ってみようと決意したきっかけとなったのは間違いありません。

1940年代という荒々しい時代に、このような問題作に勇気を持って歌い、挑んだ彼女の功績。彼女のレコードは全部持っていますが今でも大切な宝物です。

ぐるなび大学にて

本日はボスと2人でぐるなび大学で講習を受けました

当店のボスは今までにパソコンを使わずに生活している「非インターネット・テクノロジー派」なのですが、今回はボクからの奨めもありまして、ついにパソコンに触れる決意をしました。10年以上もパソコンに慣れ親しんでいるボクにとって、インターネット環境のない生活というのは考えられませんが、そんなモノは無ければ無いで生活は出来るというのが、ボスの言い分でした。

数週間前から少しずつ、操作法を教えているのですが、さすがに頭のキレる方なので覚えが早い。苦労するのは、その手順だけ教えても何故そうしなければならないのかを理解していただくこと。そうしなければイザという時に応用が効かないのです。特にフォルダの管理やどこにどうリンクして成り立っているのかなど、ポイントだけ理解していても後に行き詰ってしまうので、全体を把握していただく必要があるのです。

その点、本日講習をしてくださった西山さんという講師は全体を見せながら上手くパートごとに説明をしていました。さすが先生ですよ。ぐるなびで使用する管理画面からメニューの見せ方やお店の売り方などテキパキと説明をしてくれました。しかも美人だったので、あっという間に時間が経ってしまいました。

ボスは「あんなに素敵な方なら又講習を受けたい・・・」とのこと。いずれにせよパソコンに興味を持ってもらえたので、結果良しととらえようと思います。

走る方、多いようです

当店の常連のお客様、最近は特に走る方が多いようです

走るといっても遅刻しそうで走っているわけではありませんし、バーゲンで買い物をするために走って行くわけでもありません。いわゆるランナーですよ、ランナー。

会社のクラブで「走る会」のようなサークルをお持ちの方や、駅伝やフルマラソンなどに出場している本格チームまで様々です。仕事帰りに皇居の周りを何周か走り、お腹をすかせて当店まで足を運んでくれているようです。

そういった方々には面白いほど共通する特徴がございます。それは以下のような感じです。

1.ビールを大ジョッキで注文する。
2.とにかく、たくさん食べる。
3.陽気な方が多い。
4.シャワーを浴びてきたかのような香り(主にシャンプーの臭い)髪の毛がぬれたままである。
5.熱いトークでワイワイガヤガヤと楽しそう。

どのグループも間違いなく、この中の3項目には当てはまります。
ボクが今、思い出せるだけでも10チーム以上くらいはご来店しています。

昔の話ですが、ボクも20代初期までは毎朝5キロ、夜10キロを走っていました。10キロで45分くらいだったと思いますので、特別速くはありませんでした。走っていた目的はボクシングをやっていたので、持久力をつけるためで、いわゆるジョギングというヤツです。雨の日も、そして真冬で下半身の急所が縮まりながらでも毎日走っていました。不思議なもので毎日走っていると、一種の中毒みたいな症状にかられ、走らないと気持ち悪くなったりしていました。

昔の話ですから、今は無理ですよ。誘わないでくださいね・・・・

初カツオ??

ここのところ市場へ行くとカツオが並んでいますが、本日仕入れたのは一体何カツオでしょう?と疑問に・・・・

と言うのもこのカツオの産地が長崎だからです。一般的な常識ですとカツオは春に太平洋側を北上し
、秋に九州へ南下する。長崎というと日本海側なので、どういうことなのかと・・・多分、潮の流れがおかしくて迷い込んじゃったのかな?

それはそうと、早速試食と称して味見をしてみることに。炊き立てのご飯に皿一杯のカツオ刺身を生姜醤油でほうばる、、、という訳にはいきませんが、ちょこっとだけ身をつまみました。大きさが30センチくらいの小型なので、そんなに期待はしていませんでしたが、勿論脂はなく、さっぱり系。驚いたのはその歯ごたえ。何故かコリコリしている。とても新鮮ということなのでしょうが、びっくりするほどのコリコリぶり。イカを食べているみたいでした。

これからは千葉でもカツオ漁が盛んになる季節です。早く美味しく初カツオが食べたいものです。

katuomori.jpg
こちらは特別注文でカツオの姿造り入り刺身盛合せ。こんなの初めてです。

旬イカ祭り

本日より「イカ祭り」を開催しています。

イカのシーズン真っ只中。ヤリイカやスルメイカが美味しい季節になりました。イカの種類によっては夏のものもありますが、烏賊(いか)メニューをやるなら今しかないだろうということで、レシピを色々と考えました。何をやっても旨い烏賊ですから、レシピを挙げるときりが無いのですが、やはり基本に忠実に刺身、揚げ物、焼き物、炒め物などでしょうか?

富山の方ではホタルイカも漁が始まっており、市場にも鮮度の良い生ホタルイカが入荷しているのを見かけます。今日は生のホタルは買っていないのですが、小さいながら肝がしっかりとして卵まではいっているプリッとした品物を買ってきました。こちらは酢味噌でさっぱりと提供(380円)他にもホタルイカの沖漬けってのが、酒の肴に最高です。(一人前480円です)

刺身はヤリイカとスルメイカとスミイカの3種刺身盛りをセットで販売いたしております。魚は全てそうですが、イカも鮮度が命。身が透明で硬いモノ、吸盤が手に吸い付く、できれば活イカが最高ですな。千葉の近海モノでしたら、仕入れる時点でまだ生きているものがあります。

PICT0045.jpg
こちらが本日仕入れた富山 魚津港のヤリイカ。見るからにイキがよさそうです。

ちなみにボクが釣りにいくヤリイカはそろそろシーズンとなります。勝浦辺りから出る船ではビール瓶サイズやパラソル・サイズなんかも釣れることしばし。。。。身の透き通った、甘~いヤリイカは最高です。

引退宣言

魚海船団の店長を務めて来ました「ミッキー船長」こと宮本は3月31日をもちましてお店を引退いたします

このお店に入社してから2年と4ヶ月になりますが、3月末日をもちまして「魚海船団」を退社いたします。弊社を退職するにあたっては既に半年ほど前から計画をし、ボスを始め社員にはその意思を伝えておりました。私自身は独立をすることがスタート地点に立つことであり、一人でスタート地点に立った時に、なるべくなら「必要の無い失敗は防ぎたい」という意味で、チェーン店ではなく個人店で魅力的だったこのお店に修行に参りました。

ボクがお店を構えるのも最初は個人店なわけですから、個人店であるこの店で学ぶことは多いだろうということを当時は予想していました。そして当時のその考えは予想をはるかに超える勢いで、この2年強で学んだことは計り知れません。

まだまだやり残したことはあります。課題は山積みで、この課題を背に向けたまま去っていくことが今は一番心苦しいことです。残された数週間はよく考えながら、有意義に一日一日を過ごすことが最後にできることだと思っています。

そして今後ですが、自身の独立に向けて次のステップに向かいます。まずは準備が大切だと思っていまして、最終的に描いている絵を現実化させるために、今度は何をすべきかというところに来ています。今後2年間の予定も標的に定まっており、4月からは自分を休ませることなく、動き出そうと思っています。詳しいことは次の機会にでもアップいたします。残された時間内ではありますが、今後も宜しくお願いいたします。

mic.jpg

ちなみに今後も魚海船団の営業には一切支障はありません。皆様、引き続き当店をご愛好お願いいたします。

飲食店のパートナー

本日はぐるなび本社にて「ぐるなび大学祭」に参加してまいりました

朝はいつもより早く起きしまして市場へ仕入れに。「いつもより早いね。時間間違えたんじゃねーの?」と皆が口をそろえて言うではないか!あまりじっくり魚を見る暇がなかったのですが、とりあえず買い物を終えて高速をぶっ飛ばし、基調講演が始まる10時に有楽町へ、ヘッドスライディングしました。

なんせ目が悪いのと耳が悪いので、こういった集まりではなるべく前の方に座るのがボクの主義。最初にお話をいただいたグローバル・ダイニングの石田博嗣氏。具体的にぐるなびの販促法を語っておりましたが、最終的にはお店の実力というところを強調しておりました。組織力の強さ、自身のビジョンの明確さ、スタッフとのコミニュケーション能力など接客レベルや生産性を高める大切さがいかに大事か・・・毎日の実務に携わる者として非常に参考になるお言葉でした。

そしてお待ちかねの安田久氏の講演。「マネーの虎」で見て以来ファンで、今回の講演は2度目となりますが、自分の目標像としても描きたいキャリアの持ち主で、ハングリー精神を兼ね備えた素敵な歳の取り方をしている人物だと思います。20歳で飲食に入り、36歳で独立。現在45歳で厳しい飲食業で勝ち残っているタフな経営者です。一度は地獄を見て、そこから這い上がってきているだけに、話が面白く、あっという間に時間が過ぎてしまいました。こんな素晴らしい企画を全て無料でやってしまう「ぐるなび」さんですが、安田さんのお話ならまだまだお金を払っても聞きたい欲望にかられます。同業者同士のミーティングですから、これ以上興味を持ち合わせた会合は他に無いのです。

「ビジョンをしっかりと持ち、企業理念をしっかりと持っている会社であること」や「2番手や3番手の人材が良い会社は強く、社長だけが強い会社はワンマンになりがち・・・」など、一言で言ってしまえば何てことはないのですが、重みのあるトークから生み出される言葉の節々に、文章では伝えられない意味を持っていた気がします。

そんなわけで明日への活力をもらい、講演を終えお店に。店に着いてからが本日のメインイベント。本日はぐるなびの営業スタッフが予約を入れてくれました。チームリーダーをはじめ、当店の営業担当や新入社員の方まで皆様にお越しいただきました。コースは船長のアレンジ・コースで、とりあえずは「腹一杯」というコンセプトを外さないようにしましたが、いかがだったでしょう??ご来店いただいて本当にありがとうございます!飲食業界に多大な貢献をしている企業の社員として、これからも胸を張って頑張ってください!

guru_sta.jpg
宇田川氏をリーダーとする優秀な営業チームのご来店に感謝です!


numa.jpg
右側が当店の営業担当で沼田さん。(ちなみに左はボクです)現在の右肩上がりの数字がつくれたのも、彼のアドバイス抜きには語れません。

凄すぎるマグロ

マグロ祭りも残すところあと2日になりましたが、今回は凄いです

利益の面ではかなり苦戦していますが、今回仕入れているマグロの凄さにお客様をノックアウトしています。やはり良いマグロは高いもので、高いマグロは旨いものです。そのへんの居酒屋では仕入れられないような上物を破格で提供中です。

honnmagu.jpg
こちらは本マグロ中トロの握り寿司で1480円で提供しています。脂が強く個人的には2個食べれば充分ですが、マグロ好きにはたまらん代物です。

今回は刺身系も凄いですが、尾の身の煮付けなどはボリュームもたっぷりで580円。一から十までマグロを味わいたい方のために「まぐろづくし」というコースを今週一杯までご用意しています(こちらをチェック)→マグロづくし本マグロは勿論、インドや鉢の上物も堪能できる素敵なコースで5980円飲み放題付きとなっています。

是非ともよろしくです!



なるほど!教えられました

今日の営業中にお客様に聞かれました「コーラーフロート、できますか?」と・・・

ノーと言うのが嫌なボクの性格上、やってみることに。だって材料はあるんです、簡単なはずです。

しかし、実際にやってみるとアイスの上にコーラーをかけようとしたり、アイスを入れたとたんに泡がでてきてびっくりしたりと、意外と難しい。終いにはレモンを入れようとして部長に止められました。「アイスが分離するよ」と。

本日提供したものはとてもシンプルなので、今度はもう少し手を加えれないかと検討中です。今度、喫茶店に行って、どうやって作るのかを盗み見してこようかと思います。

flort.jpg
こちらの写真が提供前に撮ったコーラーフロートです。お客様に「又、今度注文してもいいですか?」と帰り際に言われ「もちろん!」の一言。

今度はもう少しがんばります。

超長い~

いくらなんでも長すぎます↓このミル貝nagamiru.jpg


先週の房総祭りで店内の水槽に入れておいた富津産のミル貝。生きているので伸び縮みが激しいのですが、水槽に入れると伸びる伸びる・・・酔ったお客様が帰り際に見て、非常に楽しんでいるようでした。見栄を張った方は「まるで自分のモノのようだと・・・」、、、まさか。

さてさて、本日からは「マグロ祭り」が始まっておりまして、これまたとんでもなく美味しいマグロを仕入れてしまいました。本マグロは勿論、インドマグロ、鉢マグロの上物などなど。この3種で盛り合せ1980円で提供しましたが、飛ぶように売れ、予定販売数を軽くクリア、明日また仕入れに行ってきます。しかしながら、残念なことに今回の値段は大サービスの値段でして、利益と言う面では全くいただけておりません。知ってのとおり良いマグロは値が張るものですし、少しでも多くの方に喜んでもらえたらという気持ちで、今回は望んでおります。

マグロなので部位にもよりますし、同じマグロでも個々のマグロによって微妙に味が違います。今日、市場のマグロ屋さんは興味深いことを言っていまして「兄弟の性格が違うのと同じで、マグロだって全部違うんだよ・・・」という説明をされました。育った環境で脂のノリも変わるでしょうし、身のしまりも変わります。全てのお客様に一番良い部位を提供するのは難しいですが、あえてチャレンジはしています。是非、この機会に当店の鮪祭りに参加してみてください。

尾の身の煮つけ580円や、インドのアゴ肉にんにく黒コショウ焼き480円なんかも最高ですよ!!

盛り合せます

いつもお世話になっている某社の社長様。接待でご利用のため、事前にお刺身を頼まれました

お刺身の盛り合せならミッキー船長と料理長のワッ君にお任せください。最強のコンビネーションでやっつけます!まず、わたくしミッキー船長こと店長のミヤモトが市場でご予算に合わせた魚を鍛え上げた目を使って厳選します。これとこれの組み合わせで・・・というように頭にイメージをしながら、そしてお客様の喜ぶ顔を想像しながら時間をかけて魚を選ぶんです。これがまた一日の中でも一番楽しい時間です。

選んだ魚は氷を敷き詰めた発泡スチロールに入れ、自分の車にのせたら高速道路を1××キロでブッッ飛ばしてきます。店に着くとそれを待ち構えるのが料理長であります。「ヨッシャ」とばかりに研ぎまくった日本刀を光らせ、大根のツマを作り(機械でですが・・・)魚をまな板の上になぎ倒すと、見事な手さばきで刺身盛りを手掛ける。まさに日本食ならではの芸術を間のあたりにする瞬間です。

こうして特別注文の刺身盛り合せができるのです。すごいでしょ?

blac_mu.jpg
こちらは超高級魚「長崎産の黒ムツ」です。2キロ以上ある魚を姿盛りにする居酒屋さん、神田では当店くらいだと思います。写真には全部写りきれませんでしたが、これでも1万円以下。魚を知っている人ならわかりますが、絶対にありえないと思います。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ