プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

明日から皐月

ボイルタラバ小

お店では5/8まで
北海タラバとマグロ」祭りを開催中なんです
とは言っても3~6の四日間はお休みなんですけれど


今日は4月の30日 当たり前ですが明日からは新緑の5月
俗に言うゴールデンウイークも始まりますね
多くの方がお休み中の楽しいプランをお持ちだと思いますが
{じいじ}・・何の予定もありません・・
{ばあば}や子供達や孫はそれぞれ用事や予定が
それなりにある様で・・全てから{じいじ}外されています

でも 豚インフルエンザの世界的規模での拡大の危険性や
高速道路の渋滞予報等を考え合わせると 家や近所で
ウロウロしているのも 結果的には正解かも知れませんね

誰からも お誘いが無い者の「ひがみ」ではありませんよ
本当は 少し寂しい気もしますけど・・・・

神田でお勤めの方々の中にも 今日からお休みが始まる方も
いらっしゃるようで余程 お好きな趣味とか この休み中にしか
出来ない事をお持ちでないと チョット長すぎる休みになるかも?
{じいじ}も間違いなく その一人!

皿ウドン2 (2)

写真は「海鮮皿焼きそば」です
五月から宴会のメニューも変わるんですが
漁火コースって宴会の最後の〆に登場します


三月・四月は歓送迎会を中心に多くの方々にお店の
宴会コースをご利用頂きました
皆様には 楽しんでいただけたとは思いますが いかがでしたでしょうか

明日からは 新緑の時期に合わせた料理内容に変更させて頂いて
楽しいお仲間の集いに 是非 お使い頂きたいと思っていますので
よろしくお願いいたします

以前のブログでも書いた事があるんですが
この連休中に お店の女性用のお手洗い(トイレ)だけを
全面 改装致します
三月にやる予定でいたんですが 工期の点が折り合わず
この四連休で一気に仕上げてしまいますので
開業21年目になり お店の一部が始めて モダンに変身します

男子のお手洗いについては すいません!
・・・・お金が足りませんでしたので もう一・二年ご辛抱の程を!!

実は その改装工事に立ち会うって予定
{じいじ}にはあったんですよ  
常連でお越しいただいている女性のお客様には特に
連休明けの「お手洗い」 見物だけでも結構ですので
一度 見て頂きたいななんて思っています

お待ちしてます~~~~!!

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)
スポンサーサイト

人間のやる事です

メカジキカマ1

これが料理かって感じですが
れっきとした「焼き魚」
メカジキのカマ焼き」です
とても一人では食べ切れません!


昨日の焼き物のお奨めに入ったメカジキのカマ焼き
ご注文を頂いてから焼き上げるまで約40分
テーブルに到着すると どのテーブルからも
「うお~~!」って声が聞こえてくるほどカマが大きかったんですよ

それをご覧になったお隣のテーブルから すぐにご注文!
焼き上げるまでの時間をホールのスタッフが説明して了解を
頂いてから スタートなんですが どのお客様もOK!
マグロ祭りの主役達のお株を奪っちゃいましたよ
召し上がって頂ければ 確かに美味しいんですが
更に良い事には お客様とスタッフの会話のきっかけにもなるんです
そこから 話が広がっていくなんて事も往々にしてありますしね

話は全く違うんですが
{じいじ} 日々のお店の売り上げを確認してその売り上げ金を
長い間 お世話になっている銀行さんへ入金しているんです
売り上げ金と金額を書いた入金伝票と通帳を一緒に窓口に出して
最数的に通帳に記載されて何時もはそれだけの事なんですが
今日 窓口の馴染みの方に 入金伝票の金額より
現金が一万円少ないんですがって言われたんですね

{じいじ}何度か確認して現金を袋に入れたものですから
あれ~~~って思ったんですが 銀行の方が
そんな間違いするはずも無いし {じいじ}のいつものドジだろうと
思って 別に一万円を出して金額を合わせてそのまま
お店に帰ってきたんです
ひょっとしたら つり銭が一万円多いかななんて つり銭を
確認しても それはピッタリカンカン

売り上げの一万円は いったい何処に?

夕方の4時過ぎ その時 窓口業務をされていた方と
その上司の方 お二人が{じいじ}のお店へお越しになったんです
「申し訳ございません!」・・・・

渡した売上金を確認される時に 何かの弾みで一万円が
一枚テーブルの下に落ちてしまっていたらしいんです
3時が過ぎて 現金確認をされるんでしょう
すると やはり その方の足元に落ちていた一万円が
多くて 合わなくなる事を確認してからお出でになった様です
当事者の方は本当に恐縮されていましたが
いいんですよ!
チョッとした慣れか気の緩みがあったのかも知れませんが
真面目にやられた上でのミスなんですからね
銀行ですから当たり前の事でしょうが 日々 最後には
キッチリと監査されてるなって分りましたしね
同じミスを起こさない様に お互いに気をつけましょう

お店の全員で頑張って作ったお金ですから 本当は
こんな悠長な事は言っていられないんですが
{じいじ}こうなる事は 何となく予測できてたんです

入金の確認は少なくとも4~5回はしますので
{じいじ}間違うはずはないんですよ

それなのに 入金の際に一万円現金が足りませんって
言われた時に そんなはずは無いって何故 猛抗議しなかったか?

その答えは{じいじ}のみぞ知るです

人のやる事ですから 完璧は望まないにしても
人様の汗水して作ったお金です 
これからは 充分に意識して気を付けて頑張って下さいね

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)






マグロ祭りで珍しい料理

写真では何の料理か
分らないと思いますが
マグロの目玉の後ろにある稀少なお肉で作った
竜田揚げ」なんですマグロ目肉の竜田揚げ1


昨日より「北海タラバ蟹」と「マグロ祭り」を同時開催しました
その中に 今までは量的に手に入りずらくて
お出し出来なかったんですが 今回 仲買さんにお願いして
やっと 量的にも仕入れられたマグロの目玉の後ろに
ほんの少ししかない牛肉の様な肉を使って
「竜田揚げ」を作ってみました
揚げても固くならずに柔かく頂けますし独特の甘みもあり
思った以上に美味しいと評判も上々でしたよP1040401.jpg
佐藤酒造さんの焼酎です
プレミアムの付く焼酎ですが
深い味わいのある旨い焼酎ですよ

鹿児島の霧島町牧園って所にある佐藤酒造さん
{じいじ}の本籍地の何軒か先
{じいじ}の親父は佐藤酒造の先代とは竹馬の友なんだそうです
(聞いた話ですけれど)
だからと言う訳ではないんですがある酒屋さんのお力で
まとまって仕入れる事が出来まして只今「ママボトル」として
販売中なんです
通常 お店で販売している720MLの焼酎に比べると
幾分 お高めにはなりますが さすが「佐藤」人気があります

佐藤酒造さんが書かれていた本格焼酎の飲み方を
引用してみます
①お湯割りは簡便法であり積極的の進められる方法ではない
②アルコール度数を低くして暖かくして飲みたければ
③水を選び
④飲む数日前から割って寝かしておく
⑤陶磁製の容器に入れゆっくりと燗をつける
⑥電子レンジは厳禁 

そこまでしなくてもって方には
ある程度さましたお湯を先に入れ焼酎をゆっくりと注ぐ!
ゆっくり注いで焼酎とお湯がしっかり対流するのが
旨さを引き出すポイントだそうです

確かに そこまでして頂けば間違いなく美味しそうですよね
自信を持って作られていらっしゃるので より旨く飲んでもらいたい
と言う作り手の気持ちも伝わってきます
量的にタップリないと困る{じいじ}にとっては手間隙かかる
飲み方ではありますけれども・・

豚インフルエンザの世界的な流行拡大が懸念され
今朝方 警報レベルがフェーズ4まで引き上げられたそうですが
正確な情報をスピーディーに入手して正確な判断をして貰いたいものです
専門家の方々の話はごもっともな当たり前の内容ですが
だから 今日 この瞬間からどうするのがベストなのか・・良く分かりません!
全世界の人びとの命に関わる最優先の事項ですから
トップの判断力・実行力などの力量が 試される時だと思います

不謹慎ですが{じいじ}焼酎のアルコールでやつけるのが
確実な気がするんですが 今まで以上に飲んで
体内にアルコールが切れる事が無いようにするってのは
だめでしょうか?    駄目ですよね!

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)


写真パネル完成!

210426 (4)

昨日 いろいろ無理をお願いして
作って頂いた写真パネルが到着
さっそく 壁に取り付けました


表面のアクリルが反射して上手には写せませんでしたが
これが その写真なんです
日本の風景ではなさそうですが 緑の丘らしき広々とした場所に
一本の木があり その木の根元に一人の老人(?)がカメラに背を向けて
座って何かを眺めていらっしゃる そんな 何気ないシーンなんです

{じいじ}と{ばあば}のお友達のお一人に女性のプロカメラウーマンが
いらっしゃるんですが その方の作品なんです
{じいじ}達 その方の普段の何気ない生活シーンを写された写真や
自然の緑や青空を取り入れた写真が大のお気に入りなんです

彼女の写真を眺めていると 見る人によっていろんな見方が出来る
そんな感じのする写真なんですね
写真にずぶの素人の{じいじ}達の無理難題にも 快く答えて頂いて
殆んど 手作業で仕上げて頂いた様で 
本当に 有難うございました!

写真一枚なんですが それだけで 部屋全体にそれまでと違う
暖かさが生まれた感じがします
今までが冷たかった訳ではありませんので 悪しからず

昨日は 完成記念宴会と言う事で その写真家のご夫婦と
{じいじ}の娘夫婦それに孫と写真を見ながら大宴会!
いろんな見方が出来るんですが
孫の一言「これ {じいじ}だあ」
木の根元に座っている老人の後姿を見ての感想でした
孫から{じいじ}を見ると こんな風に見えてるのかと思うと
ほんのチョッピリ ショックでしたが 素直な見方かな?

今日から お店は「北海タラバとマグロ祭り」が始まります
かに祭り小
今週からお休みの日が続きますが
人気のイベントですので 機会がありましたら
是非 お越しくださいませ

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

昨夜は37年ぶりの再会も

蟹刺身2 (4)縮小
明日27日から始まります
蟹祭り」と「まぐろ祭り人気のイベントですので
どうぞ お越し下さいね!
本マ・鉢赤・中とろ2小

昨日の土曜日 大学時代にお世話になった先生の退官記念の
お祝い会をお店で開催したんです

{じいじ}鹿児島大学の水産学部の卒業なんですが
{じいじ}が大学4年の時に助手として先生が赴任されてみえました

先生にとっては {じいじ}の代が 最初の教え子になってしまったんです
{じいじ}達が初代の教え子だった事が 先生にとっては最悪の
スタートだった様な気もしますが 以来36年のお付き合いになります

在京の卒業生31人と先生 32名での集まりになったんですが
一番 若い卒業生は平成18年卒業の方々まで年代の幅もワイド

{じいじ}の子供達より 年下
それだけ多くの教え子を社会に送り出されてみえたんですね

ワイワイ ガヤガヤで先生と二人でゆっくり話しも出来なかったんですが
いろいろと 勉強になる事がありました
{じいじ}達が学生の時代は 研究を共にやりながら自然に
知らず知らずに 教育が出来ていた記憶をお持ちなんですね
{じいじ}は遊びが殆んどで研究は ついででやっていた感じですが
先生とは 飲んだりボウリングしたり野球したり・・・女の子をナンパしたり
ナンパと言っても お茶を飲むとか そんな思い出しかないんですが・・

しかし 最近は「教育」って事が最優先で いかに当たり障りのない
学生を社会に出すかって事が優先されて学生を傷つけないように
更には ご機嫌取りの様な教育(?)が当たり前になってきた
そんな印象をお持ちのようでした

勿論 先生も {じいじ}達との時の若さと今の年齢では
体力なども違うとは思いますが {じいじ}達の頃は
それ以上はしないでくれってぐらい 学生が自分達で勝手に
やりたい方向へ 進み 行き過ぎるのを歯止めするので目一杯

今は ああしたら こうしたら って言ってやらないと 動かない人も
多いらしいんですね
中には それでも 動こうとしない人もいるらしいんです
全体を一括りにした話ですので 皆が皆そうでは無いとは思いますが
社会で協調して生き抜く為には 何かが欠けているのかも知れませんね

そんな お話を聞けたり 36年ぶりの懐かしい再会があったり
あっと言う間に時間が過ぎてしまいました

昨日は土曜日でお店の人員体制も普段より少なかったんですが
{じいじ}がふと気付くと お店は満席状態
スタッフは目が血走って走り回っていました
本当に ご苦労様でした!P1040387.jpg

昨夜の素敵な仲間達のスナップです


今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

一瞬でも必要な時

穴子の太巻き1 (1)

昨日 お寿司のお奨めでお出しした
たっっぷり穴子の太巻き」です


ご注文頂いてから穴子を直火で炙って作るこの太巻き
皿数が沢山出るのは良いことなんですが
曜日が金曜日と言う事もあり 
厨房の段取り的には大変だった様です

毎度の事ですが 昨晩もお客様とご一緒させて頂いて
楽しいお酒を頂いたんです
冷静に考えると最近は殆ど毎晩の様になっているんですが
お仕事がバリバリ現役の方や既に一線を引かれた方
いろんな方々の勉強になるお話を聞かせていただけて
本当に有難いと思っています

{じいじ}楽しくなり過ぎてオーバーペースでお酒を頂いてしまう
場合も多々あるんですが それでも 決して酔っ払いのおじさんには
ならずに(自分だけそう思っているだけかな?)電車で家までトコトコ
帰っているつもりなんですね

何故かと申しますと 家にたどり着いて一風呂浴びた後
夕刊を読んだり 今日一日の事を思い起こしたり 
明日の段取りを考えたりしながら チビチビ 焼酎を頂く時間が
大げさかも知れませんが{じいじ}にとっては至福の時なんです

世の中 大変な事件・事故のある日や 有名なタレントさんが
全裸で逮捕される様な(不謹慎ですが)思わず笑ってしまう事件まで
話題に事欠きませんが {じいじ}のお店は今日も無事に終わってくれた
明日も 間違い無く 明るい「お天とう様」が顔を出してくれるって
実感出来る時間なんです
毎日という訳ではありませんが {じいじ」にはこの時間を作る為に
毎日 それなりに頑張れているのかも知れません

だだし 飲み終わると何故だか一気に空腹感が爆発して
食事の時間に突入してしまうんですね
少し前までは{ばあば}が文句言いながらでも作ってくれて
いたんですが 最近ではレンジで温めるように朝や昼の残り物が
皿にラップしてお好きにどうぞ・・みたいに置いてあります

人間って 勝手なもので集団でいる事に安心したり
一人になる事で安らいだり 時々で感じ方が変化するものですが
{じいじ}いつまでも「理性あるアル中」でいる為には
両方とも必要な時間のように思います

今日は お店に{じいじ}の大学時代の同じ学部・学科・教室だった
仲間達が30人ほど集まることになっています
ついつい飲みすぎるパターンに間違いないんですが
それでも 家でその日の最後の一口を飲んで
お腹すいた 何かない?って騒いで{ばあば}に怒られながら
それでもひたすら食べて 意識不明で爆睡する事になるんでしょうね

そんな 今を過ごせる事に ただ感謝です

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

感謝の大切さ

ホタテ塩ダレ炒め (1)

昨日のお奨め料理に登場した
ホタテの塩ダレ炒め」です
薄塩でサッパリして美味しいですよ
ホタテの旨みがよく分ります


昨日のお奨め料理に久しぶりに炒め物が登場しました
久しぶりのせいでは無いんでしょが 予想以上にご注文頂きました
刺身以外では一番ホタテの旨みが感じられる料理法かも
知れませんよ

先日 {ばあば}と娘の間でチョットした出来事があり
{じいじ}その事で改めて教えられた事がありました

{ばあば}に娘から電話があり 「今夜 碩人(孫の名前です・・)を
預かってくれない?」って親子であれば何と言う事もない内容だったんですが
理由を聞くと 前々から その日お友達と夜 食事の約束があり
旦那が その日は早く帰って来て 子供の面倒をみる段取りに
なっていたらしいんですが その旦那が仕事の都合で予定どうりに
帰れなくなったそうなんです

{ばあば}も用事があった訳ではないんですが それを 断ったそうなんです
普段は とても仲の良い親子なんですが
娘は 何を勘違いしたのか 「ばあば 碩人が行くと迷惑なんでしょう」
なんて言葉まで出てきて 挙句は 「もう 頼まないから」・・・

{ばあば}に何故 断ったのって聞いても 「いいのよ ほっときなさい」の一言

{じいじ}と{ばあば}は 今から37年前に二人で上京して
回りに 親戚とか親とか居ない状態で生活してきた事もあり
その分 子育てやご近所付き合いなどは全て {ばあば}一人で
こなして行くしかなかったんですね

その事は別としても {ばあば}の一言
親が側にいるんだから 子供として親に甘えるのは当たり前
ただ 同じ事で甘えるにしても 実の親子だからこそ なお更
「感謝」の気持ちがなければダメ・・・・

親がいるから当然 やってくれる・・娘からの依頼の電話の口調で
{ばあば}瞬時に そう感じたみたいです
身近にいる親にすら感謝の気持ちを表現出来なくて 社会の中で自分が
助けられている 多くの方々に感謝の気持ちなんて持てるはずがない
その様な 意味合いだったみたい

{ばあば} 素晴らしいと思います
でも そこは仲良し親子 今では元のように仲良くやっていますが
娘も 良い勉強になったんではないでしょうか

{じいじ}も意識して日々生き抜かないと 次は夫婦間の「感謝」の
表し方の問題になりそうな予感がしています{怖}

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)


趣味

6点盛り1 (3)小

お刺身六点盛り合わせ」↑
定番にあるお刺身なんです

三点盛り7 (1)小

こちらも 定番のお刺身↑
お刺身三種盛り合わせ」です


上の写真のお刺身盛り合わせは定番料理として
メニューに入っている盛り合わせなんです
どちらにも 活のアジ刺が入っており それなりに工夫した
ものなんですが お店では 日々の仕入れの中で
どうしても 旬の魚をお奨めしていますので 最近は
定番のお刺身の注文を頂くと 逆に 一瞬 組み合わせを
考えてしまう様な時もあるんです
この事でも お客様が 何をお店に期待されているのか
見えてくる様な気もします

{じいじ}昨夜 数十年ぶりに再会した方とご一緒したんですが
昔の思い出話を散々した後で たまたま趣味の話になったんです
{じいじ}は 趣味らしい趣味もなく今まで来てしまいましたので
話に聞き入るだけだったんですが
その方の趣味は 日本の祭りの写真を撮ることなんです
その為に時間を作って それぞれの祭りの時期に合わせて
日本中を回られるんですって
その数多くの写真をベースにホームページを作られて
更には 書籍化する予定もあるそうです
言い忘れましたが その方は現役のサラリーマンなんです
お仕事をしながらの まさに 趣味なんですね

若い頃 単身で京都へ赴任された事があって その時 
休みの日の時間を持て余して せっかく京都に居るんだから
社寺・仏閣をくまなく見てやろうって事が全ての始まりだった様です

ある所で 偶然にお祭りを見る機会があり その時の神輿を見た時
神輿を担いでいるのは 親父達と息子たち その後ろを
お祖父さんらしき人が{はっぴ}を着せた赤ん坊を抱っこしながら
神輿の担ぎ手に指示を出して 皆がその指示通りに威勢よく
動いているシーンを見た時 これを 何とか記録に残せないかって
思われたそうなんです
四世代の人々が一つになり 知恵・力・義務感を共有しながら
それまでの 伝統文化を受け継いでいる素晴らしい姿に感動された
それが 源泉のようです
各地を回って 祭りを撮り続けるうちに それぞれの祭りの成り立ちや
その「ゆわれ」などにも どんどん引き込まれていかれた様で
今では 写真の範囲を超えた 趣味に広がっている様です

日本には 子々孫々に伝えていかなくてはならない事が数多くあるとは 
思いますし {じいじ}も礼儀や食の部分ではそれなりの気持ちは
あったんですが お話を聞けば聞くほど 勉強になりました

実際には 仕事との兼ね合いなど 大変ご苦労もある様ですが
後世の為にも 頑張ってやり通してもらいたいと思います

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)



雨のお陰でしょうか?昨夜はズッコケました

料理長の得意料理
おばんざい三種盛り」登場!うまき・コロッケ・豚バラ味噌漬け (2)

今ではお客様にも完全に認知して頂いた「おばんざい」料理
昨日も力強く登場致しました

今回は
◎北海新じゃがの手作りサクサクコロッケ
◎チーズ入り鰻巻き(鰻の入った玉子焼き)
◎豚バラ肉の自家製味噌焼き
の三種類でした

{じいじ}その中で鰻とチーズの相性がいいのにはチョッとビックリ
料理長もいろいろ考えてくれるものです
お客様には新じゃがの手作りコロッケが芋の甘みが旨く出ていると
お褒めの言葉を頂いた様です
お客様にはすっかりお馴染になった「おばんざい」ですが
作る度に「おばんざい」も進化してくれて有難い事です

いつもですと「おばんざい」料理 その日のうちに完売するんですが
昨日は 完売できませんでした
何故か?・・・それは ご宴会以外のお客様が少なっかったから・・
当たり前の理由ですが 雨のせいかな それとも {じいじ}のせい?

それにしても 昨夜の雨は夜 遅くまでよく降ってくれましたね
神田の町もさすがに 人通りが少なかったようです
だから お客様が少なくて当然なんて理由にはなりませんけれど・・

時代の流行っていろいろあるんでしょうが
どこまでの 流行かどうかは定かではありませんけれど
最近 二枚目シェフの写真集みたいな料理本が出版されたり
二枚目シェフの料理教室に若い(?)女性の方々が殺到したり
されているなんて報道を見ました
すいません 今の時代 二枚目なんて言葉ないんでした
イケメンって言うんですかね
きっかけはともかく 手作りの料理が夫婦や家族の絆だと
{じいじ}は思い込んでいますので 良い事であるのは
間違いないとは思いますが 若い生徒さんが 先生の写真を
携帯でバシャバシャ写しているのを見ると あれ~~って感じ

顔で旨い料理が作れるんなら {じいじ}なんか世界一の
料理が作れるはず!~~です!
{じいじ}自分に殆んど自信はないんですが 唯一 顔だけは
自信を持っています 他の方がどう判断されるかは別として(笑)

先生方は皆さん30歳前後の方の様でした
人生経験は これから まだまだ先のある方々ですが
家族の絆や仲間とのつながりが益々 深まるための
暖かい 旨い 美味しい 料理をぜひ伝授して貰いたいものです

どんな形にしろ 素材から始まり 自分なりの味を作っていくって
これからの家族には 今まで以上に必要な事だと思います

今の時代 髪を短くしろなんて言うつもりはありませんが
長くても 後ろで束ねるとか 帽子で髪を覆うとか
せめて 料理の基本中の基本だけは先生らしく守って欲しいものです

最後に 余計な「たわ言」でした!

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)








男らしさ?

平目イワシホッキ貝1

昨日のお奨めお刺身三種盛りです
ホッキ貝・平目・イワシの三種類


最近の話題でよく耳にするんですが 独身のサラリーマンの
若い方々の中には 自分で作られた手作りのお弁当を持って
会社に出勤される方もいらっしゃるそうです

サラリーマンですから 男性ですよね

{じいじ}これは とても素晴らしい事だと思いますよ
今の時代 男性の女性化って表現も目にしますが
料理に関しては 決して女性化の一つとは感じません
自分で作れば 栄養のバランスもそれなりに考えるでしょうし
何と言っても 外食するより経済的ですしね

一人分の料理を少量ずつ何種類も作るって かなり大変ですし
どうしても食材に無駄も出てしまいますよね
そこで 作れる時に ある程度まとめて作り 小分けして
冷凍保存して 日々 必要な分を使われるそうです
勿論 炒め物などの冷凍出来ないものは 都度 作られるんでしょうが
なにせ ほぼ毎朝の事でしょうから 大したものです

ある会社では手作り弁当の同好会まであるそうです
それぞれ お弁当を持ち寄って お互いのノウハウを
伝え合うんだそうですが そこまで行くとかなりマニアチックに
なっていくみたいな感じもしますけれど

それでも 出勤前の慌しい時間に 楽しみながら料理を出来るって
時間や心に「ゆとり」さえ感じられます
仕方なく作るのでは苦痛でしょうが 楽しみになると
何事も どんどんレベルアップしていきますし 次々に興味が
沸いてくるものです

田舎育ちの{じいじ}が物心つく頃は お袋が家事
親父は仕事って それが当たり前の時代でしたが 今は男女関係なく
お互いに やれる人がやり それが共同生活の基盤になって
ゆくんでしょうね

{じいじ}も家で朝ごはんの片付けや皿洗いなども
たまにですが やるようになって来ましたよ

{じいじ}鹿児島育ちの影響が無いとは言い切れませんが
やる事はそうでも やはり男は男らしくあって欲しいななんて
一方では思ってもいるんですよ
昔は 男は「質実・剛・健」である事が男としての美学であった様な
記憶もありますが 表現方法や言葉は変わっても そして時代が変わっても
いざと言う時の根本は同じでいて欲しいとは 思っています

男らしく 女らしく・・この「らしく」の意味合いが 生まれた時代
育った環境や教育 等など様々な要素で変化するものでしょうから
一概に言う事は出来ないのでしょうね
男も女もお互いに「ほどほどの幸せ」と「かたい信頼関係」があれば
それが 「~~らしく」の答えなのかも知れませんね

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)





四月も後半

鯛兜煮1 (2)小

先週は「桜鯛のかぶと煮」が好評でした
3KG以上の桜鯛も入荷していましたので
迫力あるかぶと煮が出来たと思います


今週の煮付のお奨めが何になるのか
今朝の料理長の仕入れで決まるんですが
きっと この時期の旬の魚を 選んで旨い煮付を作ってくれると
思いますので どうぞ お楽しみにしてください

昨日の日曜日 夕方からお店のメンバーが久ぶりに全員揃って 
飲み会を開きました
{じいじ}も含めて 何故だか 全員 千葉の船橋在住者
そこで {じいじ}の家の近所で やる事にして二軒ほど回って
夜10時ぐらいにはお開きにしたんですが 
{じいじ}自宅のすぐ近くって意識がどこかにあったんでしょうか
楽しさもあり グイグイ飲んで一人で喋り 皆と別れて
自宅に帰るときは足元ふらふら 右左と頭の中で考えないと
足が出て来ない状態でした

通称部長も料理長も どちらかと言うと 寡黙なタイプで
{じいじ}の様にぺらぺら 必要もない事まで喋りまくるタイプとは
違うものですから 結局 {じいじ}が一人で喋っていたようです

お店の営業のある時は なかなか話す機会のない話題など
ゆっくりと 話せる場って やはり必要だと感じました

{じいじ}がべらべら喋っている合間に帰ってくる一言に
彼は これから こんな方向に進みたいんだって 目標と言うか
チャレンジ精神とでも言うか そんな事になるほどって
気付く場合もあるんですね

お客様の為 自分の為 家族の為 日々頑張ってくれている部分と
自分自身を成長させる為の 冒険の部分
若い時代は大いに考え そして悩むものです
{じいじ} その狭間で悩む時間は とても大切な意味ある時間だと
思いますし それがある事が若さの特権なんだろうと思います

{じいじ} どうしてもより安全な方をアドバイスしてはしまうんですが
自分を振り返れば その逆の事ばかりして来た気もします

家族の事を 頭から一切なくして 商売をやっていた時期も
実際にはありましたが 今 思うと {ばあば}や子供達も
なんの愚痴も言わずに よくやってくれたと今は感謝あるのみです

それぞれ どの道を選ぶかは その人自身
でも {じいじ} 自分で決めた道なら どの道でも可能な限り
応援するつもりでいますので 大いに悩んで下さい

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)


朝から素敵なお話

ほや刺小

ほや縮小ほや2
」のお刺身!です
チョット早めですが旬の味


朝 起きると一面の「もや」がかかっていました
今日の 日曜日 お昼ぐらいには良いお天気になりそうです

若い方は ご存知ではない方も多いかも知れませんが
昔 音楽の世界で「グループサウンズ」ってブームがあったんですが
そんな中で 日本の先駆者のグループに「スパイダース」って名前の
グループがあったんです

今朝 TVにそのグループの代表的な三名の方が登場されて
対談されていました
かまやつさん・堺さん・井上さんの今も芸能界で 現役バリバリの
方々ばかりなんですが 皆さん芸能界と言う浮き沈みの激しい世界で
生き抜かれてみえた人生経験の豊富な方々ばかりで
お話に思わず身を乗り出してしまいました

かまやつさんは70歳になられていらっしゃるそうで
{じいじ}から見れば大先輩なんですが 皆さんの話に相槌を
打たれながらも 言葉使いもとても丁寧
言葉数は少ないんですが 風格と言うか威厳さえ感じさせられました

人気に火が付いて 一気に短時間で頂点に登りつめ
次の瞬間 気が付けば 一気に急降下・・奈落の底

暗黙の中 グループの解散の予感

グループの一人ひとりの解散後のゆく先のある人
何の具体的な当てのない人
若くして それぞれが人生の岐路に立った訳ですね

そこから お互いの進む方向は変わっては行ったんでしょうが
あの時の 判断やお互いが選択した道は今になってみると
少なくとも 間違いではなかったと言う事です

当時は 自分の事しか眼中に無かった部分もあったと思いますが
それ以来 皆さん 約50年近くのお付き合いなんだそうです
異なった仕事をされても お互いに意識はしなくとも
お互いを補完しあえる所が何かしらあったから 本当の
人生の友になれたんだろうと思います

商売も人生と同じ
思い以上に急激に伸びる時が最大の危機の始まり
「ほどほどの幸せ」を・・・「最高の幸せ」って感じられる仕事
そして日々・・今この時に幸せを感じる人生を送りたいものですね

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

大げさ過ぎました

昨日 特別注文頂いた
金目鯛の煮付け」です

P1040372.jpg

下の写真は「イサキ」の姿入り
「三種盛り合わせ」です
イサキ・カツオ・平目いさき姿・かつお・平目1小
の三種類!


金目鯛の煮付けは 日頃 ご愛顧頂いているお客様の
お一人の方が 個人的な同窓会を昨日{じいじ}のお店で
開いて頂いた時に特別料理としてお出ししたものなんです

普段は同じ会社の方々とよくご利用いただいて もう10年以上
{じいじ}より お店の事をよくご存知かも知れません
店長も料理長もいつもよくして頂いていますので 二人とも
いつもにも増して 力が入っていた様に感じましたよ

誤解のない様に申し上げますが 決して特別扱いなどではなく
お客様にご要望頂いた事にお答えするのが
{じいじ}の様なお店の唯一出来る事ですので どうぞ
お客様どなた様でも どんどんお申し付け下さいませね

昨日は小雨も降り  幾分寒さも感じた一日でしたが
今朝は お日様も顔を出し春らしい爽やかな一日になりそうですね

お天気は爽やかなんですが {じいじ}今朝は早くから病院通い
実は 昨夜 自宅にもう1分という所で濡れた道路で
見事に すってんコロリ 持っていた傘が倒れた体の下で「く」の字に
曲がるくらいの迫力でずっこけてしまいました

傘を右手で持っていたんですが その右手が倒れた体の下になり
右の手首と親指を いやって言うほど打ち付けてしまいました
ズボンも右半分はずぶ濡れ
いや~~ その瞬間の痛みったら たまりません
{じいじ} 生まれてこの方 骨折とか脱臼とかした経験は
一度もなっかたんですが 右手の骨が間違いなく折れてしまった
そんな風に思えるほど・・・いた~~ア・・・・・でした

必死の思いで 家にたどり着いて {ばあば}に救急車を呼べって
大騒ぎしたんですが {ばあば} 落ち着きはらって
何 血相変えてるの? 骨折なんかで 救急車呼ぶ人なんか
いるものですか! まずは 患部を冷やして様子をみたら・・・
なんて ケロッとして言いやがって

この怪我で命に関わる事になったら{ばあば}のせいだから
責任とれよなんて わめきながら 氷で冷やしていたら
大分 痛みも和らいではきたんですが それでも 手首が
回せないぐらいの 痛みは消えないんですよ
{ばあば}に手首に添え木をしろとか八つ当たり

{ばあば}の返事・・・「自分でやれば」の一言
所詮 夫婦ってこんなものなんでしょうかね(涙)

右手首にギブスされてしまうと {じいじ}を必要とするお店の
スタッフに苦労かけるな なんて心配しながら今朝 病院へ!
本当は 誰も 必要としてなっかたりして・・惨め過ぎる

医者が手を押さえて ここは痛みますかとか聞くんですが
痛いから来てんだろ・・触るより先にレントゲン撮れよみたいな?
結果的に 骨に何の異常もなし
「打撲」だけ
痛み止めもなし 湿布だけ

病院への朝一の予約 それに{じいじ}の送り迎えをした
{ばあば}のお言葉
「それは 何よりでしたね!骨は大丈夫?」
それだけで その後は無言・・顔に笑みは無し 目だけが冷たく光るだけ

無理しても 骨を折るべきだったかも

このブログを書いている たった今の状況なんです

とても 緊迫した空気が漂っています・・・・!



今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

人気の「めひかり」の天ぷら

めひかり小
写真は「めひかり」って魚の天ぷらです
前処理してありますので
丸ごとサクッと召し上がって頂けますよ

めひかり3小
これが「めひかり」の正体です
名前の通り目が光ってる様に
見えませんか?


天ぷらの素材としてはキスなども一般的ですが
この「めひかり」は天ぷらで召し上がって頂くのが最適な
魚だと思います
揚場の子がカラッと揚げますので どうぞ サクッといってくださいね

今週から始まった「大漁祭り」の揚げ物の主役を張っていますので
ぜひ一度 お試し下さいませ

{じいじ}は千葉の船橋市に住んでいるんですが
先日の千葉知事選で当選された「森田新知事」が
早速 新聞・TVを賑わしていますね

結果的に どうなるものかは分かりませんが 大阪の橋本知事の様な
話題性や官寮に対する改革意識を多少なりとも期待して
投票された方々もいらしたんではないでしょうか

{じいじ}も船橋市に移り住んで約30年近くなりますので
生まれ故郷での暮らしよりも長くなってしまいました
住めば都と言いますが まさに その言葉通りですね

東京がオリンピック招致の為に懸命になっている時に
知事に当選したばかりの森田さんが経歴詐称の可能性や
政治資金規正法違反の疑いで騒がれている千葉県

夕日に向かって青春をぶつけていた頃は 多少 脇が甘い方が
ストーリーとしては面白く 熱血漢らしさを表現しやすかったのかも
知れませんが 知事と言う県政のトップになるにしては
「脇が甘すぎます」よね!
人間がやる事ですから 政治でも商売でも 利害関係が
全く無しでは物事が進むとは思いませんが
政治家って仕事(立場)は それが少しでも 表に出るって事は
タブーだろうと思います
だって 県民の「公僕」と言う立場なんですものね

森田さんも ある意味では 知事としてはフレッシュマンのはず
新入社員の立場・・・ご本人にその意識があるかどうかは?

社会経済生産本部が毎年 発表している今年のフレッシュマンへの
命名は・・・
「エコバック型」だそうです
環境問題に関心が強く 節約志向で無駄を嫌う
折り目正しいけれど 酷使すると長持ちしない

当たっているかどうか 何とも言えませんが
不思議と 納得してしまう表現だとは思いませんか?

何度目の新人生活かは分かりませんが
森田新知事も この「エコバック型」の一括りで片付けられないで
欲しいものですね

{じいじ}達が子供んの頃のスターだったんですもの
あの頃のままの 森田さんに期待してますよ!

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)



手作り料理

新じゃが・角煮・おから1

二日間で完売してしまいました
(正確には一日半なんですが)
おばんざい」三種盛
○新じゃがのサクサクフライ
○そら豆など6種類の春野菜の入った「おから」
○千葉「芋豚」のとろける角煮
の三種類でした!


一つ一つの料理は何も特別なものではないんですが
料理長が素材選びから始まって 全ての工程を手作りで
手間隙かけて作っている料理の代表なんです

手間隙かければ 良いと言う事ではないんですが
その先に 一家団欒とか仲間団欒とかがセットになって
始めて 料理作りの手間隙が生きてくる様に感じます

美食の時代とか飽食なんて意味のない言葉が飛び交った頃もありましたが 
家族や仲間と楽しみながら食することに勝る美食はないと思います

そんな家族や仲間に食べてもらえるから 作る方もいろんな事に
気使いながら 丁寧に手間隙をかけて作る事が出来るんでしょう

人は生きる為に食べるのか 食べる為に働くのか・・どうなんでしょう?
今 現在は単身生活をされている方でも一日三度の食事だけは
意識して召し上がって貰いたいものです
若い方の中には 自分のやりたい事を優先するあまり 
いつの間にか食生活がおろそかになっている方も
いらっしゃるんではないでしょうか

時間に関係なく お腹がすけばジャンクフードで適当にお腹を満たし
やりたい事のついでに食事がある感覚
勿論 いつも 一人っきりの食事ではどんな美味しい手作り料理でも
逆に 虚しさを感じてしまうものです

個々の状況で 今すぐ家族団欒の場が持てない方もいらっしゃるでしょう
でも 自分が ほんの少しだけ見方を変えるだけで
実は 自分の周りに こんなに多くの仲間達がいるんだって事に
気付く場合もあるんではないでしょうか

質素で素朴だけれど 心のこもった日本の家庭料理
一人でもいい 屈託なく話せる仲間「友達」
この二つがありさえすれば たいがいの事には耐えられるし
暴走する事もないでしょう

お店では 料理の部分では少しはお役に立つ事も出来るとは
思っていますが もう一方は 自分で 自分なりの努力をしないと
誰かが作って出してくれるものではないんですよね

自分の都合を優先しない事・・これは絶対条件だと思います

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)





感心しました

〆サバ太巻き3小

照明が明るすぎて
白っぽくなっちゃいました!
現物はもっと美味しそうでしたよ
〆サバと青ジソの太巻き


料理長が〆サバで太巻きを作っちゃいました
青ジソとの相性もピッタリ
サッパリしていて ついつい手が伸びていくらでも頂けそうです
太巻きですと お酒の最後の〆に召し上がる方が多いんですが
この太巻きなら お酒のお供にってお奨め出来そうですね

お寿司と言いますと 
{じいじ} 先日 帰りの電車の中で感心した事がありました
それは お年の頃なら50歳前後の男性の方なんですが
右手に何か小さい物を持たれて 左右の手を小刻みに
動かしていらっしゃるんです
知らない方がご覧になると この人 何してんだろう?
なんか 変な人じゃないなんて思われるかも知れません

でも さすが{じいじ} 居酒屋 始めて21年
ひと目 見た途端に分りました
それは 寿司を握る時の 手の動きなんですよ

本当は 誰が見てもすぐ 分るんですけれどね

右手に持っていらしたのは 包帯を寿司のシャリぐらいの大きさに
してギュッと縛ってあるみたいなんです

左手でネタをつかみ右手の人差し指でワサビをつける仕草
それに右手のシャリに見立てた包帯を合わせて寿司を
握る・・それをず~~と続けて!

{じいじ}も仕事柄 こんな場面に遭遇すると感心と言うか
感動さえ感じてしまうんですよ
仕事に年齢は関係ないと言ってしまえばそれまでですが
これから 寿司の職人さんになられるにしては
十分過ぎる お年のようですし 何か事情があるのかな
なんて その方にとって 何の役にも立たない余計な事を考えたり
あっという間に 降りる駅に到着してしまいました

脳の活性化に為に電車の中で指の運動をするにしても 
まさか 寿司を握る動作をするって考えられませんよね
しかも 擬似のシャリ玉まで作って・・

お年の事を言って申し訳ないんですが
決してお若くはないお年で これから新たな事に
挑戦されるのであれば とっても素晴らしい事じゃありませんか

個人的な事情があるにしても 人目も気にせず
熱中するって事は それだけ寿司の技術を一刻も早く
身に付けたい 頭で考えなくても 体が勝手に寿司を
握る様になりたいって 「意欲」の表れなのでしょう

何処のどなたかも存知ませんので その方の握ったお寿司を
頂く事は出来ないとは思いますが 数年後にはきっと
素敵な「板さん」になっていらっしゃるんだろうと思います

お話した訳でもなく {じいじ}が勝手に想像しただけですので
悪しからず!

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)


「大漁祭り」もお陰さまで!

桜鯛・コウイカ・メジ2 (2)

「大漁祭り」初日の三種盛り
鯛・メジマグロ・コウイカの三種類
甲いか丸1 (2)
下の写真が 本日入荷の
「コウイカ」です!


昨日は宴会のご予約は少なめでしたが お席のご予約の
お客様があり お陰さまで それなりにバタバタさせて頂きました
本当に有難うございました!

大漁祭り 初日と言う事で料理長が朝一番 市場から
気合を入れて仕入れをして来ました
写真のお刺身以外にも「イナダ」や「イサキ」等も冷蔵庫に
目一杯 仕込みにも大分 手間取ったようです

四月に入り 社会人一年生も慣れない環境の中
皆さん 勉強され頑張っていらっしゃると思いますが
日本も なかなか 雇用情勢が好転の兆しがみられませんね
ハローワークがお仕事を探される方や失業保険の手続きや
受け取りの方でかなり混雑されてるという報道を目にしました

数年前に破綻されたお菓子メーカーさんの当時 出された
本というか冊子と言った方がいいんでしょうか
「お菓子を仕事にできる幸せ」ってタイトルの本を読む機会が
あったんですが 数年前にスタッフ用に作られたそうですが
逆に 今の雇用情勢の時にピッタリの内容かも分りません

性根の細い{じいじ}が言っても説得力が無いのは分っていますが
仕事のやりがいとか人としての生きがいとか・・・
自分の経験や多くの方々の考えやお話を基に 
結局は 自分自身で作っていくしか他にないんではないでしょうか

仕事のやりがいをその都度あるいは瞬間ごとに求めても
簡単に 感じられるものではない様な気もします
何十年もお仕事をされ そのお仕事をリタイヤされた時に初めて
それまでの自分に納得され生き方に満足される場合もあろうと思います

{じいじ}健康であれば 選びさえしなければ
仕事はいくらでもあると思っています
働く理由が 生活の為でOK!
きっかけはそうであっても その仕事をする内に周りに助けられながら
自信を持ち やりがいになって行く事だって無いとは言えません

これからは 会社と個人の責任を明確にする事も今以上に
必要とされるでしょうし 
勿論 肉体的あるいは精神的な障害を持たれた方への
社会全体での救済も徹底しなくてはならないと思います

年齢的な理由で働き口が見つからない等の現実の問題は
あるのは 間違いないと思いますが
若くて 健常な方々には申し上げたい事もあります
楽しい職場が「やりがい」を持たせてくれる可能性より
真面目に必死に取り組む姿勢が楽しい職場を作る可能性の方が
高いのではないでしょうか

「仕事のやりがい」が後からついて来ても 結構 満足出来るものですよ
それまでの 個々の歴史がこれからの 「人生の生きがい」にもなりますしね

またまた 好き勝手に書いてしまいました

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)




本日より名物「大漁祭り」始まります

本日より「大漁祭り」開始です!
料理長がどんな旬の魚達を
市場から仕入れて来るのか
楽しみです!

サーモン丸1 (2)

写真は「大漁祭り」とは全く関係ない
サーモン」の写真です


昨日の日曜日 まるまる一日 孫のお相手をさせられました
1~2時間 遊ぶ分には {じいじ}も楽しみながらお相手出来るんですが
さすがに 1日は キツイ

公園に連れて行けば 砂場で頭から砂を浴び 他の子の
遊んでいる玩具が気になると それを取り上げに暴力三昧

玩具を取られて泣き出す子供達の親御さんに {じいじ}謝りっぱなし

お天気が良くなった中で遊ばせていたので ほっぺたは真っ赤
頭は 汗だらけ それに砂だらけ

遊びに一段落すると {じいじ}・・ジュース持って来いみたいな
{じいじ}が膝に座らせて ジュースを飲み終わると
静かになったなと思うと 昼寝ではなくて 夕方寝を始めてるし
本当に やりたい放題
寝た孫を 公園から自宅まで抱っこして・・・重かった!!

自宅にやっと到着してからも 風呂にはいるの入らないので一暴れ
挙句に 「僕 じいじ 大嫌い」まで言いやがって
もう一度 言いやがったら ぶっ飛ばしてやろうか!!

話は写真のサケに戻りますが
今 チリやロシアそれに 北海道などの冷たい海で水揚げされた
サケが常夏の国タイで寿司ネタや おにぎりの具材向けに
加工されてから 日本に輸入されているんだそうです

人件費を始めとする 経費の要素もあるんでしょうが
日本からの細かい注文にも全て対応出来るように
基本的には 人による手作業が殆んどなんですって

細かい骨抜きや 用途によって10グラムとか30グラムとか
切り身の厚さ どのリクエストにも対応するそうです

衛生管理なども 日本の経験豊富なプロが現地で指導管理
されているそうで徹底していると言う事です

国際的な条約で いろいろと 複雑な取り決めはある様ですが
養殖技術の進歩などもありますし いろんな 人の手を経由して
世界に 「日本の食」が広まっていく事はいい事だと思います

ただし タイで加工されたサケの寿司ネタやフレークは
北海道で水揚げされたサケでも タイ産になってしまうんですかね

{じいじ}のお店は 魚は 殆んど丸の魚で仕入れますので
あまり関係はないんですが 気になる所ですね

ルートは変わっても 安全・安心で そして旬の美味しい魚達を
せめて やり放題の孫の代ぐらいまでは伝えていきたいものです

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)



薄曇りの日曜日

いさき丸2 (1)縮小

今日は薄曇りの日曜日
孫が昨夜からお泊りでしたので
今日は一日 遊び相手になりそうです

先週から水揚げが多くなってきた
イサキ」です!玉子・角煮・さつま揚げ (2)

こちらは 料理長が明日から予定している
おばんざい」三種盛」!


実は 明日からの「おばんざい」の中身とは写真は違うんです
明日からの「おばんざい」はまだ未完成でしたので
去年の写真でごめんなさい

明日からは 
千葉ブランド 芋豚の角煮
七種類の具材の入った手作りおから
新じゃがフライ

の三種類の「おばんざい」料理になる予定です
それに 明日からは 船団 名物の「大漁祭り」も開催致しますので
どうぞ お越し下さいませ!

{じいじ} 昨夜は甥っ子と食事をしたんですが
甥っ子は 仕事や人間関係で 追い詰められたと思い込んでいる様子

出来るだけ その子の目線にあわせて話を聞いていたんです
ある一点に目がいっている子に 見る方向や角度を
ほんの少しだけ変えれば 景色が大きく変わる場合もあるよって
話をしてみたんですが 少しは参考になってくれたかな?

{じいじ}達が若人の頃・・かなり昔ですが
「若者よ 大いに悩め!」
「悩んで 悩んで 大きくなれ!」なんて事を言われた時代もあったんです 

今の時代も 基本は同じだと思いますが
その悩む内容や 周りの環境が40年ほど前とは大分変わって来た様です

内容は人それぞれの違いはあると思いますが
一番 違うなって感じるのは 周りの仲間あるいは友達なんです

甥っ子は一年前に鹿児島から上京して来て 今は仕事場での
お付き合いがほとんどらしいんですが 逆に 仕事を離れての
友達がまだ いないようなんですね

{じいじ}達の時代が今に比べて良かったのかどうかは分かりませんが
大喧嘩しても 仲間の為に 意見してくれる余計な奴が自分の周りに
どのタイミングにもいてくれた気がします
{じいじ} この年になっても そんな連中と付き合っていますし
これからも 続いて行くでしょう

同じ様な 年代での話しは 悩みが深ければ深いほど
本音が出ますし お互いに 対等で語りあえますよね

年齢が離れるほど 勉強にはなるけれど 諭されるって感じは
幾ら意識しても出て来てしまいます

この どちらも 大切な事だと思っているんですが
今は 仲間とか友達の中身が{じいじ}達の時代とは
チョッピリ 違っているのかも知れませんね

今日は 三歳の孫と同じ目線で 孫の悩みでも聞いてあげましょうかね

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)





生育環境

春キャベツと蒸し鶏胡麻サラダ2

春キャベツと鶏ささ身の胡麻サラダ
初夏の陽気の今日この頃ですが
お酢も入ってサッパリと如何ですか


黒胡麻と白胡麻の両方を使ってサラダを作りました
勿論 料理長の作ですが これからの季節には
ピッタリなサラダではないかと自画自賛の代物なんです
これからも 改良を重ねて お奨め料理に登場すると
思いますので どうぞ よろしくお頼み申し上げますね

昨日も多くのお客様にお越し頂いて お店のスタッフも
キビキビと動いて 活気ある一日を過ごすことが出来ました
本当に 有難うございます

そんな中 {じいじ}の甥っ子が 遅い時間になって尋ねて来たんですが
社会人になって 丸一年 本人は何か思いつめている様子
話をしても 目に勢いがないんですよ

学生時代の環境と 今の環境では違うのが当たり前って言うのは
{じいじ}達から見ると当然の事なんですが 本人は目の前の事で
目一杯のようです

その日はゆっくりと話が出来なかったので 今夜 ゆっくりと
話を聞くために会う事にしているんです

桜を始めとして 様々な花が咲き誇るエネルギーの溢れる
この季節 普段 至れり尽くせりで可愛がられた花より
川辺や道路の端に自然の恵みだけで 大きな花や葉をつけている
木々の方が スケールが大きく 瑞々しく見えるのは{じいじ}だけでしょうか

生命活動に不可欠な水
葉が萎れる直前まで 水を与えない
そうすると より多くの根を張り巡らして水を必死に求めるそうです
そうする事で根っこが強くなるんだそうです

草花も 生育環境を あえて 厳しくする事で強い花が生まれる!

ここで 最も気を付けなくてはならない事があると思います

萎れる直前が どのタイミングか
そこを 見損なうと 枯れてしまいますし まだ 余力の水を
持っているのに気付かず 余分な水を与え過ぎると 自身で
水を求める必死さは失われます

草木と人間は違うと言ってしまえば それだけの事ですが
生きとし生けるもの 根っこは 同じ

人間の場合 忍耐力になるんでしょうかね?

心の病になる様な事だけは 回避させる為に {じいじ}が
今 側にいて 話を聞いてあげる事ぐらいしかありませんが
今夜は そんな時間を作りたいと思っています

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

本日 春の旬魚・旬菜祭り最終日

下線文本日 旬魚・旬菜祭り最終日!
今週 メインになった魚達ですカツオ刺身1

まずは 房総の勝浦港で水揚げされた
かつお」です

鯛刺単品1小

こちらは ほぼ毎日登場しました
桜鯛」のお刺身ですよhirame01.jpg
大型サイズが多かった
平目」の甘みのあるお刺身です


今日までのイベントで料理長がいろいろ工夫した料理を
作ってくれましたが やはり お店の顔は「お刺身」!
今週 主役をはったのが この三種類の魚達でした

話はまるっきり変わりますが
今日は 天皇陛下ご結婚50年を迎えられたおめでたい日です
天皇陛下のお言葉に
「本当に50年間よく努力を続けてくれました」
「その間にはたくさんの悲しいことや つらいことがあったと思いますが
よく耐えてくれたと思います」
皇后 美智子様へのねぎらいと感謝のお気持ちをこのお言葉に
全て込められているんだろうと思います

{じいじ}が{ばあば}へ話しても 何 それ?って感じでしょうが
天皇陛下のお言葉ですと 重みが全く違いますね

昭和から平成に変わって 20年がたちますが
改めて その違いを漠然と考えてみると {じいじ}こう思うんです

昭和には戦争と言う暗い現実もありましたが
高度成長の波に乗り まだまだ裕福ではないけれど
明るくて 前向きな時であり 何でも皆で分け合う事の出来た
国民 皆 中流の大きな塊だった様な思いがあります

戦後 右肩上がりが当たり前だった時代
頑張れば これから先は必ず良くなるって誰も疑わずに
一緒に 走れた時代

昭和で思い浮かぶ人物
昭和天皇・・田中角栄・・美空ひばり・・長島茂雄・・
アンケートでも 昭和天皇が ダントツの1位だそうです

平成が決して悪い訳ではありませんが 昭和に比べると
先行きが不透明な感じはゆがめません

「ほどほどの豊かさ」が基盤であり その事で平和国家を
官主導で作り上げて来れた時代と 今の日本は明らかに
変わってきてしまいました
官 自体が計画経済の青写真すら作れなくなっている様です

中流意識が良くて 格差を一概に悪とは言い切れませんが
日本人にあるはずの 義や人情 それに恩・・これだけは忘れずに
誇りを持って 日々 暮らしたいものですね

天皇陛下 ご夫婦を範として {じいじ}も{ばあば}との
結婚生活を振り返って 感謝状を贈らなくては・・なんて
思うだけは 思っています

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

健康ばかりでも・・

ミル貝と菜の花酢味噌1 (2)

春の旬魚・旬菜祭りに登場!
ミル貝と菜の花の酢味噌かけ


春がきた 春がきた なんて言っていたら
この2~3日 初夏の陽気かなと思うほど暖かですね
電車もエアコンを入れて走っている様です

写真は 昨日 料理長がお奨め料理の一つに入れた
ミル貝と菜の花の自家製酢味噌かけなんですが
お客様に好評を頂いたようですよ

酢味噌は基本的には白味噌・砂糖・酢それに練り辛子を
ブレンドして 好みの味に仕上げるんですが 
菜の花だけの場合と それにミル貝などを合わせた場合では
配合を変えて 素材の本来の味を損なわない様にしているんです

味はともかく {じいじ}も殆ど毎朝三陸か沖縄の「もずく」を
頂いているんですが これからの時期 お酢は何かと料理に
取り入れてお出ししたいと思っています

米とかりんごとか梅等の天然原材料を用いた醸造酢を
使う事がポイントなんですよ・・酢にもいろいろあるんですって

酢そのものが 直接 病気の予防とか治療に役立つとは
思いませんが 不足しがちな栄養素を摂取しやすくして
体の代謝をよくしてくれるのは 間違いなさそうです

それに 料理の油っぽさなども和らげてくれますしね

旬の新鮮な食材でバランスのとれた食生活があって
初めて 酢の効果が最大に生かされるそうなんですよ

つまり 酢だけを飲んでも効果を発揮できない訳ですから
【ここからお店の宣伝です】
旬の食材を主力にしている{じいじ}のお店などが
二工夫ぐらいする事で 美味しくて体に必要な栄養素を
逃がさずに効率良く吸収できる料理を作れるんじゃないか
これから向かえる夏場に備えて そう考えているんです

健康居酒屋なんて・・おかしいですか?
焼酎も「米酢」割りとか「りんご酢」割りとかいかがでしょうか

そこまでするのなら お酒を止めてもよさそうですね

そうは言っても お店で召し上がる分はほんの一部
やはり 全体のバランスを考えてそれぞれで意識して
健康的な食生活をする事が一番必要なことですね

昔は 出された料理を美味しくお腹いっぱい頂くだけで
何も考えなくても 健康管理できていたんですけれど
今は 何故 こんな事まで気を使って食事しなくては
ならなくなってしまったのでしょうか?

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)



自分のお店って?

新ごぼうとじゃが芋点 (1)

写真では何か分りませんよね
これは 「新じゃがと新ごぼうの天ぷら
でございます
天ぷらの場合 写真でパット分るのは
海老ぐらいかな

新モノの味を味わって貰いたいのは当然なんですが
今回は食感と言うか歯ごたえと言うか
それも 是非 感じて頂きたくて あえて 薄めにスライスせずに
ドンドンって状態で天ぷらにしてみました

と言う料理長の説明でした・・・
先週は「ふきのとう」を使った天ぷらをお奨めしていたんですが
今週 素材を変えてみても 「天ぷら」はよく出ますね
揚場の担当の子はお店が終わるとヘナヘナになっちゃってますよ

これも 多くのお客様のお陰で 本当に有難い事です
昨日も ここ二回ほど たまたま満席の時にお見えになって
お入り頂けずにご迷惑をおかけしたお客様がお越しになって
今日もダメだったら 二度と来ないつもりで来たんだよなんて
冗談(?・・冗談って思いたい)をおっしゃって 楽しく過ごしていらっしゃいました

居心地のいいお店って いつでも どんな時でも気持ちよく
向かえてくれる そんなお店なんですよね

一回目は「商売繁盛 なによりだよ 又 改めて来るからね!」

二回目は「え~ 今日も! どうしちゃったの?」
「今度 来る時はTELしてから来なくっちゃダメ?」

昨日のお客様は三回目ではお入り頂けたのでここまでですが

三回目 「狭くてもいいから 何処か席ないの!」
「仕方ないな  今日で三度目だよ!」

こうなると しばらく お顔を見れなくなるんです

{じいじ}がお客様の立場でも 同じです
訳も無く 腹が立ってくるんですよね

自分の店だと思っていたお店に入れないんですもの

勿論 {じいじ}のお店が 毎日がそんな日ばかりでは無いんですが
たまたま そんな日ばかりに重なるお客様がいらっしゃるんです

昨日 お越し頂ければ お席もゆっくりお使いいただけたのに・・
そんな事 思ってしまう場合もあります

お店が 暇だろうが 忙しかろうが お客様には関係ない事で
自分の居場所が 自分の家にないような そんな気持ちになってしまいます

一日の疲れをとる為に お風呂に入ろうとしたら
風呂釜が壊れていて 入れずに 我慢して寝るしかないみたいな

たまたま こんな日にお越しのお客様がいらっしゃいましたら
最後に 店長に確認して下さいませ
「裏の事務所は???」
二坪ほどの 狭い場所で回りに 調味料や書類やコピー器が
置いてありますので 店内とは雰囲気がかなり違いますが
店内のお席の準備が出来るまでの ツナギの場として
お使い頂こうかなんて 考えていますので ぜひ どうぞ
あくまでも 最終手段ですけれども!


今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

衣替え完了

P1040332.jpg

昨日 お店へ向かう途中で
爽やかな「桜の木」を見つけました
さすがに四月
春はやっぱり来るんですね


ここ数日 春の爽やかな日が続いて何となくウキウキしますね
{じいじ}も昨日から 衣替え
洋服も軽くなって足取りも軽くと言いたいところですが
日曜日に久しぶりに自転車に乗って買い物に出かけて
左足の膝を少々痛めてしまいました

本当に情けない話です(涙・・・)
普段 自転車を使わない方が たまに乗られる時は
足だけでも準備運動をされてからの方がよろしいかと思います春野菜と角煮6
春の旬菜料理として
料理長の昨日のお奨め
春野菜六品と芋豚の角煮」です

芽キャベツ・新玉ねぎ・新じゃが・ごぼう・菜の花等などの春が旬の野菜と
千葉のブランド豚・芋豚の角煮を一緒に炊き上げた料理です

味付けも決して濃ゆくは無く 健康的な素材ばかりですので
こんな料理を頂いていれば メタボなんて心配ないかも!

お花見もピークを迎えているようで 取引先の配送の人に
聞くところでは お花見のスポットの近くの飲食店などは
注文の量が大分 増えてきているそうなんです
一年に一度ぐらいは 桜の花を愛でながら旨い酒とお弁当
それに 気心知れた仲間達とワイワイガヤガヤ いいものですね

最近は若い方々の外での飲酒の機会が少なくなったと言われますが
お花見のゴザを引いての宴会は 何故か 若い方々が多いようですね

お花見の宴会だけは 意識しなくても代々 受け継がれている様で 
何か 不思議な感じがしています

この典型的な飲んべーの{じいじ}が言うのは 正直 気が引けるんですが
桜の木の下では 爽やかなお酒の飲み方にしましょうね
{じいじ}が言うと 本当に 真実味がないですね

よく お酒は適量って聞きますが これが問題
{じいじ}は 常に心がけているんですが 他の方から見ると・・?

ビールなら中ビン1本とか 日本酒だと1合だとか書かれている様ですが
それって 食前酒の意味でしょうかね

しかし 下戸の方もいらっしゃる訳で その方々は大変だろうとと同情します

お酒の上手な断り方も必要かも知れませんね
お酒の場でも チョットした機転がきく方や明るくてユニークな方
気使いのある方とか 酔っ払っていても 印象に残るものなんです
お花見の出来るこの時期に お酒の勉強は早めになっさった方が
いいのではないでしょうか

{じいじ}30年以上前の事で 俗に言う 時効になった話なんですが それでも
今になっても 言えないお酒の失敗談・・あるんです(あの時は御免なさい!)

30年以上たっても ハッキリ記憶に残ってしまうような悪い事だけは
間違っても経験しない事を祈っています

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)




時代の変化

新社会人が社会に出て
もうすぐ 一週間
食生活は大丈夫かな?肉味噌

煮込んだ数種類の野菜と
鶏のひき肉を合わせた料理です
この中には
いろんな色があると思いませんか?

新社会人にも 人それぞれの状況があると思いますが
幾つになっても 体が基本

体の基本は バランスのとれた食事と適度な運動

若さだけでは 長持ちできないですよね

日々の事ですので 現実はなかなか難しいのは分かりますが
特に 一人暮らしの方々は食事の内容には常に意識を
持って貰いたいものです

本来は カロリー計算とか(食事量)とか食べるタイミングとか
栄養バランスとか考えて食事するのが理想なんでしょうが
一日三度の食事で そんな計算しながら食べるなんて
健康なうちは 出来るものではないですよね

{じいじ} 食事に関して 自分でも意識している事は
食材の異なった色のものを 何種類食べるかって言う事なんです

大根は白 ほうれん草は緑 かぼちゃは黄色 トマトは赤
肉は茶色・・・・・
一回の食事で最低6色以上は意識して食べるようには心がける
これが 目安になると思っています

それと よく噛まざるを得ない素材も大切だと思います
長寿で お元気な方々の多くは 自前の歯をお持ちの方が
殆んどなんだそうです

良く噛んで食べろなんて親父に言われましたが 
本当なんですね

考えてみると 目で見て美味しそうに感じる料理って
色合いがカラフルだと思いませんか?

青色ってあまり美味しそうには見えませんが
暖色系の色の組み合わせって食欲をそそる色なんですね

忙しい時ほど週に1~2回はそんな事を意識しながら
自分で料理を作ってみるのも楽しいんじゃないでしょうか

中年になって急にメタボになるんではなくて
それまでの 積み重ねなんだそうです

仕事や人間関係で悩む事も多くなってくるんでしょうが
悩むためには 体力がないと 前向きには悩めません
意味の分からない表現ですんまそん!

さて 今日も {ばあば}の作ってくれた朝食を腹八分美味しく食べて
旬魚・旬菜祭りの待つお店へ向かいます

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

気になっていた花

P1040325.jpg

気になっていた花
我が家の仲間入り


他にもいっぱいある花や観葉植物の中で 何故か気になっていた
花を購入しました
いかがですか?
お店で名前を教えてもらったんですが ブログを書く今・・・
思い出せません  こんな感じって名前は出てくるんですが
これだって 自信のある名前が今一なんです
{じいじ}の脳細胞 大丈夫かな?

花でも何でも 人それぞれ 好みは違うんですが
お花屋さんにある数多くの種類の中で この花が目に付くって言うのか
際立って見えたんです
今までは 自分が気に入って購入した 殆んどのものは
家に持ち帰ると {ばあば}や娘・・今では孫にまで 非難を受けるケースが
100%だったんですが 今回は{じいじ}の美的センスからすれば
「まあ まあ じゃん!」なんてお褒めのお言葉を頂いたものですから
ついつい 写真まで写してしまいました

北朝鮮がミサイルを我が国 日本の頭上を通過させるなんて時に
のどかな話かも知れませんが これが 今の日本なんでしょうね

安全や平和それに 共存すると言う事については考えさせられる
今回の北朝鮮の横暴行為ですが 国を守ると言う観点からは
{じいじ}も含めた 戦後生まれの人間が 改めて真剣に真摯に
考え 日本の戦後63年 悲惨な戦争記憶が風化しないうちに
その対応手段を作り上げなくてはならないんだろうと思います

平和は当たり前だと言う感覚に浸り過ぎると問題かも分かりません
PICT0024.jpg
{じいじ}が北朝鮮の話しても
何の役にも立ちませんので
お店の話!

3月と4月の ご宴会の料理にタラバ蟹とズワイ蟹を入れたコースが
あるんですが 宴会シーズンと言う事もあり 蟹の仕入れが
一気に急増
ピークの週には一週間で20kg以上仕入れているんですよ

為替から見ると 値下げされても良いはずなんですが
一度 値上がりしたものは 不思議と値下げされないものなんですよ
水揚げが少ないとか 理由はあるにしろ 何とかして欲しいものです
{じいじ}にとってはミサイルより 恥ずかしながら こちらの方が
切実な悩み・・・・・

値段が高いの安いの 北朝鮮の話とはなんの脈絡もありませんが
これが 日本の現実なんでしょうか

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)


久しぶりに厨房で・・

桜鯛押し寿司2 (2)

昨日 好評頂いた
桜鯛の押し寿司」です!
色合いも春らしくて・・・
旬の魚は良いですね


昨日も多くのお客様にお越し頂き 誠に有難うございました

{じいじ} 昨日 久しぶりに厨房のお仕事をやらせてもらいました
アルバイトの子が 学校の都合でお休みになったものですから
急遽 {じいじ}に出番が回ってきたんですよ

ここ二ヶ月ほど 厨房には入っていなかったんですが
それは このベテランの事・・自分ではそう思っているので(勝手に)
手際良く 流れる様に料理が出る事を確信していたんです

結果的に スムーズに流れる様に料理は出たんですが
{じいじ} 厨房に居ただけ 殆ど 何もしていない と言うか
させてもらえなかったと言うか

三ヶ月前と同じスタッフなんですが 三ヶ月前とは仕事の段取りが
数倍 確実で早くなっているんですよ
オーダーを耳で聞いて 自然と体が反応して動いているんです

それに それぞれの持ち場の仕込み(準備)がキチット出来ていました

別に 自画自賛するつもりで書いているのでは無く
数年前まで{じいじ}何でもかんでも口と手を出していたんですが
その当時の子達より {じいじ}が口も手も出さない今の子の方が
作業がスムーズな事は間違いありません
昔は{じいじ}自身に心のゆとりが無いままに
作業で先頭に立っているつもりで 油にまみれて汗だくになりながら
だから お前達もやれって感じでやって来た気がします

今だから言えますが・・・
いきりたった汗まみれの親父を見て 夢や希望を持って
ついて来る人なんかいる訳ないですよね

経営が何とかなっているから「心のゆとり」が出来るのではなく
「心のゆとり」をほんの少し作る事を覚えたのでお店が続き
お店のスタッフも楽しく続けられるんだろうと思います
昨夜の 厨房の子達を見て 改めて感じさせられました

微笑みながら仕事してるんですよ
大切な事ですね

{じいじ} 何でも気づくのが遅いんです・・
そして すぐに忘れるし・・・ね

モチベーションなんて良く分りませんが
必死に だけど楽しく(愉快じゃ困りますが)一日付き合える場所を 
働く子達に提供するのが{じいじ}の本当の仕事かも?

そんな事を考えさせてくれた 昨夜の厨房でした

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)





企業のモラルが問われる事件ですね

P1040319.jpg

昨日までは熊本県の代表的な日本酒でした
美少年酒造の「美少年」
その老舗の企業が・・・


「阿蘇山系の清純な伏流水を仕込みの水とし
熊本県産の良質米を高精米し醸した・・・・」って
ラベルには記載してあったんですが これが嘘!!

特級米を使った事にして3級米を使い 取引先に
特級米のお金を支払い 3級米との差額を裏から返金させて
俗に言う「裏金」を念出していたそうですね

つい この前の「三笠フーズ」の事件とは その内容は違いますが
どうしたものでしょうか

お米の中に人体に有害なものが含まれていたと言う事は
無いんでしょうが 企業の姿勢が根底から疑われ
社会的な信用は地に落ちてしまいました

実は {じいじ}のお店でも この「美少年」を定番メニューに
入れて約10年ほどになります
お店の日本酒は焼酎に比べると 量的には多くはありませんが
それでも メーカーの製造原価からみると高いお酒を販売していた
ことになってしまいました

殆どの企業は真面目に真剣に取り組んでいるはずなんですが
今回の様な事件が起こると 加工した食べ物や飲み物に
不安感や猜疑心を持ってしまいますよね
頑張って販売しそれに報いる利益を上げて・・・そして
決まった税金を払えば大手を振って使えるお金なんですけれど
その税金を払うのが・・・嫌だったんでしょうね
それでは 健全な会社ではないですよ

世の中 そんなに簡単で単純なものではないんでしょうか

救いは カビに入ったお米とかでは無かったことですが
この会社との取引は{じいじ}が元気なうちは二度とありません

この会社は 結果的に社会的な制裁を受ける事になるんでしょう

今の 税金の使われ方をTVや新聞で見ると正直 腹も立ちますが
「悪法も法なり」・・・すいません 使われ方の問題かも知れませんね
社長が辞任して 元に戻るんだと こんな簡単な事はないんでしょうが

{じいじ}の様な零細会社でも 今回の事件 
肝に銘じて これからも商いを続けさせて頂くつもりです

勿論 昨日より「美少年」の販売はストップしましたので
ご安心下さいませ

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

何が起こるか分りません

生桜えびとシラス1 (3)小

静岡からの贈り物
生桜えびとシラス」のセット
春らしくて 食べても旨い
この時期ならではの料理?ですよね
(盛り付けるだけですが・・)


新年度の初日 お店も春の旬魚・旬菜祭り 
爽やかにスタートいたしました

お店は気持ちの良いスタートをきれたんですが
{じいじ}昨日の1日 電車で通勤の途中でどんでもない場面に
遭遇してしまいました

{じいじ}メトロの東西線で日本橋まで行き 
日本橋で銀座線に乗り換え神田で下車するコースなんです

それは 乗り換えの日本橋のホームで起こった出来事なんです
{じいじ}が銀座線の浅草方面に乗り換える為にホームに
到着したのがお昼の12時40分ぐらい
神田駅での出口が進行方向一番後ろなものですから
最後尾の所で いつもの様に ボォ~~~トとして電車の
来るのを待っていた時です

すると ご婦人の声が「きゃーーーー」!!!
見ると サラリーマン風の若い男性が前のめりにバタ~~~ン

原因は分りませんが 意識を失ってそのまま受身もなしで
頭からホームへ倒れこんだんです
倒れた際に顔を打たれたせいでしょう 頭の回りには出血が
あり 頭の位置はホームの端 ギリギリ
そこに 電車が入ってきたんです
{じいじ}慌てて その人の上着をつかんで引っ張ったんです

そんな時って ひ弱な{じいじ}でも不思議な力が出るものです
結果的には電車と接触しての惨事にはならなくて何よりでしたが
本当に 一歩 外へ出ると何が起こるか分りませんね

{じいじ}も回りにいた方々に「駅員を呼べ!」なんて
怒鳴ってしまいました・・ゴメンなさい
電車は急停車 目の前の電車の窓には黒山の人だかり
今思うと 恥ずかしい気もしますが その時は必死

倒れた方の容態は心配ですが 若い方でしたので
すぐに 元気になられるだろうと信じています

駅員の方も一生懸命にやられてくれたんですが
意識の無い人に「大丈夫ですか?」なんて聞く時間があれば
3人も来たんだから まず 救急車の手配の方が先だろうと
思うんですが ・・
余計な事でした
ホームは見物の人で一杯
{じいじ}15分遅れで発車した電車に乗っちゃいました

こんな事 書いた後でなんですが

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)





お陰さまでこの一年も無事に終えられました

桜鯛白子1小

「春の旬魚・旬菜祭り」で
旬の味としてお出ししている桜鯛
今日 入荷の特大の桜鯛を捌いたら
お腹に見事な「白子」がギッシリ
桜鯛白子の特製ポン酢」です


料理長から桜鯛のお腹に白子がビッシリって聞いて
さっそく 見にいってみると 真っ白でプリプリした白子がそこに

鯛がかなり大型だった事もあるんでしょうが これだけの白子を
持った鯛に当たるのは 珍しい事なんですよ

料理長 これを 早速 白子ポン酢に仕上げて本日のお奨めへ!
それでも 7~8食分しか作れないんですが 限定8食と明記して
お奨めボードへ
思った通り 一瞬で完売
{じいじ}も料理長から おこぼれを頂いて味見してみたんですが
トロ~~~~~リとして幾分 濃厚な味・・・旨い!
商売で言うと昨日が一年の〆の最終日
そんな日にまず普段はお目にかかれない桜鯛の白子を頂けて
これも 何かのご褒美なんでしょうかね

{じいじ}ご褒美を頂けるような事 何もしてないんですが・・
そして
昨日も大勢のお客様にお越し頂き 本当に有難うございました
お客様の日頃のご愛顧のお陰で この一年 なんとか
乗りきる事が出来ました事 心より感謝申し上げます

お店も 今年で開業以来21年目に突入いたします
お客様にとって居心地の良い「居酒屋」である事を
常に意識しながらスタッフ一同 邁進いたしますので
今後とも どうぞ宜しくお願い致します
芋豚と芽キャベツの角煮6 (2)

昨日 好評頂いたもう一品
千葉名産の「芋豚」のバラ肉と
芽キャベツの黒糖角煮です


厨房も料理長が中心に日々 手作りの料理を考え 
労を惜しまずに手間暇かけて作ってくれていますので
どうぞ よろしく!!

今日が新年度の初日!
張り切ってお店へ向かいますよ

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)





  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ