プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

作る楽しみ 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん

先日 鹿児島へ帰った折に
撮影した 中央駅 近くの「屋台村」
観光名所になったと思っていたら
2020年には閉鎖になるそうですね

突然の話ではなく スタート当初からの
流れなんだそうです
果てさて 次の一手はなんでしょうか

記念に撮影した「屋台村」です

H30-1-27の3

昨日は「節分」の豆まき
孫達も 我が家で「鬼は外」「福は内」

{じいじ}も一緒に そして今月から我が家に来た・・
孫達の曾お祖母ちゃんも目を細めて楽しそう

節分は 昔からの厄除けだと思いますが
昨日 大型のスーパーを覗いてみますと
店内 あらゆるところに「恵方巻」だらけ

中身もバラバラ そしてカラフルな・・要は・・海苔巻き
今年は どの方角を見てたべるのよ??
もともとは ある地方で受け継がれていた行事らしいですが
それが 今では全国で大事になっているみたい

孫達が食事に来ることになっていましたので
{じいじ}も一本購入してみましたが それなりに旨い

手に持ってかぶりつくんだそうですが 上品な{じいじ}??
丁寧にカットして 孫一家と{ばあば}で分けて頂きました

あんなのを 一人で食べたら 他の美味しいものが
食べられなくなりますものね

{じいじ}も和食とか手作りとかに 
特別なこだわりはありませんが{じいじ}達の年代より
一回り 若い世代やそれ以下の年代の家庭での食事が
様変わりしているって報道もあります

母親料理が ある時代から変わった様ですね
作り手が 消費者に変わった時代 インスタント食品の台頭
家庭より 外に出る事がステータスの時代
学校での家庭科の時間の減少 などなど
様々な 時代背景があるんでしょうが 料理を作るから・・
そんな手間暇かけてはいられないから 買う・・みたいなね

どこに行っても おむすびやカップ麺はありますものね
一方では 料理紹介の番組も目白押し

どちらがいいの悪いのなんて言うつもりは全くありません

でもね 家族の笑顔が見たくて 美味しいよの一言が聞きたくて
料理を作るって 結構 楽しいものですよ
お店では お客様からの 旨かった!また来るからね・・
を聞きたくてね

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団本店」「司別邸」「宴別邸」でした
スポンサーサイト

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ