FC2ブログ
 

プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

守れ人の世 神田 刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん

昨日は 寒さがこたえました
一昨日が春爛漫?だったせいも
あるんでしょうが 10°近い温度差
さすがに幅があり過ぎ
年々 気温に代表される異変?が
{じいじ}の体にもしっかり感じられます
自然の何かが 静かに動いている様で
不気味さを感じているのは・・
{じいじ}だけ?でしょうか

ハム・ソーセージ入りサラダ
卵は半熟が美味しいですよ

ハムソーサラダ

最近は 高齢になりつつあるからでしょうか
自然の変化に敏感になった様な気もしています
と言うより 自然への驚異といった方がいいかな

地震や津波・・大雨 土砂崩れなどに対する恐怖感

今 ライフラインが止まったら・・・

そのせいでしょうか ミネラル水の在庫を一定にしたり
ガソリンが半分になる前には必ず給油したりを
当たり前の様に する様になった{じいじ}
それに 照明やガスボンベなどもチェック
缶詰やレトルト・・・・これらは 結局は料理に
使ってしまってはいますが ある程度はストックしてます

いつ起こるか分からない 自然の猛威

ところが 人の無力さを認めざるを得ない自然とは違い
千葉で起こった 両親からの虐待で死亡した女の子
どうしても 祖父の立場で見てしまう{じいじ}ですが
決して阻止出来ないものではなかったはず

今更 なにを言っても始まりませんが 無念
女の子の 心や体の傷は・・・
どれだけ 怖い思いをしたことか

死亡した事で 大きく取り上げられていますが
この子の思いをこれから先 どうして生かす事が出来るのか

同じ様な環境にある幼子が居るかもしれません
その子達が 死に至らない様に 何ができるのか
お役所だけに頼っても 完璧ではないんでしょう

{じいじ}祖父の立場で 思い切って書きますが・・
その両親は 冗談ではなく 市中引き回しの上打ち首
それを 日本中の親に見せる
子供の苦しみと同じ 苦しみを与える
それを露骨に見る事で 同じ事が起こらない様に・・・
我が 孫達の事を考えますと それぐらいでは済まない
そんな思いもありますが まずは そこが始まりでしょう

馬鹿親のせいで亡くなった女の子
冥福を祈りながらも 見るたびに涙が噴出しています

幼子は親が守るのが 当たり前・当然  それが逆なんて

今日も皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

神田 刺身居酒屋「魚海船団本店」「司別邸」「宴別邸」でした

スポンサーサイト

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ