FC2ブログ
 

プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
45年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

どうしたら 神田 刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん

トラックがバスを含む4台の車に
追突してバスに乗っていた子供達が
被害にあったり・・・・
そして昨日の夕方の福岡では
高齢者の運転する車が原因で
とんでもない大事故も発生

{じいじ}もほとんど毎日の様に
車を運転していますので
他人事ではありませんが
事故ってとっさの出来事
どうしても自分は まだ大丈夫と
思ってしまいがちです
そろそろ 真剣に考えなくてはいけない
そんな年代に入って参りました

インゲン厚揚げ竹輪辛子酢味噌和
辛子酢味噌は市販品ですが 白ごまを塗して
これは お酒のおともにピッタリでした


インゲン辛子酢味噌

それにしても ここにきて どうしてこんなに・・
人様を巻き揉んでの交通事故が毎日 起こるんでしょうか

車同士の事故や何かに接触したりは 保険にさえキッチリと
入っていれば 解決もさほど難しい事ではないんでしょうが
その事故現場にたまたま居合わせた通行人を巻き込んだり
これって どう謝罪しても 解決ってあり得ないんでしょう

被害者の方々の体や心の傷
特に幼い子供達の傷は 大人が頭で理解するのは難しい
亡くなられた方々は勿論 家族やお友達の人生さえ
大きく歪に変化させてしまうんですね

毎日 忙しいの疲れたの 生きがいがどうしたこうした
これが言えるうちは そんな悲惨な事故や事件の
当事者ではないって事を もう一度再認識する気持ちも大切

当事者の皆様方へは不遜な表現に聞こえるかも知れませんが
そんな意味合いは全くありませんので どうぞ ご容赦下さい

どんな病になっても 今の時代 その多くが治療もできます
でも 事故や事件での被害者の方々は 考える暇もなく
相談する時間もなく 一番は そこに 何故 自分が・・
その思いを思う家族の方々

運命とか宿命って言葉では片づけられない

我が身に 我が家族に 我が仲間に 
それを 忘れずに・・・{じいじで}は耐えられないと思います

どなた様も 一緒だろうと思います
それまで 全くご縁のなかった方々を・・
(ご縁のある方々もそうですが)
因果な事に巻き込むのだけは あっちゃいけない事

本当に どうしたらいいんでしょうか
重苦しい内容で 朝から ごめんなさい

今日も皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

神田 刺身居酒屋「魚海船団本店」「司別邸」「宴別邸」でした

スポンサーサイト



  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP