FC2ブログ
 

プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

仲間の本のご紹介

昨晩は鹿児島から
高校時代の同級の仲間が遊びに

2007年に九州文学社から
「ブーゲンビリアの花」で作家デビュー
こちらは 最新作
海紅豆の秋」って作品です

ペンネームを「おおくぼ 系」と申します

P1080282.jpg

昨日は 大勢のお客様 本当に有難うございました
鹿児島からも高校時代の同級生が尋ねてきてくれました

数年前から執筆活動も始めたそうで
その生き方の熱意には驚かされました

写真のタイトルの本が最新版かな?
鹿児島と沖縄を舞台にした現代小説になるんでしょうか

まだ 本屋さんのベストセラー本の棚には並んでいませんが
そろそろ ブレークしそうな予感???

よろしかったら 本人に送らせますのでご連絡を(笑)
すいません! 有料でございます 悪しからず

お互いに 違う社会を歩いてきて 今 又同じ目線に戻って
一献かたむけながらの語らいって
何故か 気持ちが穏やかになるものですね

{じいじ} これまでブログに頻繁に書いている事ではありますが
飲食業界 全くの素人の{じいじ}が東京神田にお店を
開店させてもらって 今になって一番良かったって思えるのは
この店があったおかげでそれ以前に比べると比較にならないくらい
同郷も含む多くの方々と知り合い あるいは再会出来た事なんですよ

彼も大切な その一人

一期一会 深い意味を感じる素敵な言葉です

{じいじ}これまで多くの方々に支えられて
今の商いを続けてくることが出来ました

これからも 人と人のつながりそして笑顔を忘れずに
語り合いながらその事を改めて再認識する事が出来ました

次回は鹿児島で・・・かな

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

神田 刺身・かに海鮮居酒屋「魚海船団」でした




スポンサーサイト

<< 考えて考えて  【BACK TO HOME】  一人長閑に >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ