プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

何事も始まりがあって 神田 海鮮居酒屋「魚海船団」

魚海船団全店では
手作り料理にこだわっていますが
その中の一つ・・【出し巻き玉子】

こちらも開店以来の手作り料理

昨日からこの玉子焼き作りに
新人がチャレンジ
その彼の初日の出来栄えは・・

P1130233.jpg

勿論 これは「賄い」へ直行

こちらがお客様へお出しする
伝統の「出し巻き玉子焼き」でございますからね
どうぞご安心を!

P1060606.jpg

アルバイトの皆さんの退社・入社の時期になり
新たな方々も入社されてきていますので
これまでのアルバイトの方々にお願いしてきた作業が
新人へ移行して つぎの段階の作業にステップアップ

そうして 次から次へと受け継がれていくんですよね

その中の一人
昼間だけきている青年なんですが
これまでは ブリの荒煮など煮物の下ごしらえや味付け等の
仕事を一生懸命やってくれていたんですが
その仕事の一部を今回入社した新人に教えながら移行中

そして一方では 新たな分野へ
それが 慣れと技術の必要な・・・玉子焼き作り

味付けはレシピーがありますのですぐに出来るんですが
問題は その焼き加減・・・と・・巻く技術

普通は手ぬぐいなどを使って練習するんですが
昨日は ぶっつけ本番

その結果が・・・上の写真
でも そのお蔭で気づいた事が・・・感謝

{じいじ}その子を冷やかしながら一口食べてみたんですが
あれ?ちょっとショッパイ・・聞くとレシピー通りに作ったとのこと

玉子の甘み旨みを引き立たせる為の塩のはずが
その塩が甘みより勝っちゃってしまっているんですね

慌ててレシピー変更・・塩を半分に
おそらく 気温や湿度などの関係もあるんでしょう
これからは 時季に合わせた味付け必要だろうと思います

何事もやらせてみるものですね
思いもしなかった事に気づかされたり・・!してね

{じいじ}夜は鹿児島から来た仲間と飲み会
早速 その「出し巻き玉子」頂いてみましたが 完璧!!

一か月もすれば 彼の手作り・・お出し出来る様になるでしょう?
なるかも
なって欲しい

三か月もすれば すっかりプロ・・気分???

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

神田 海鮮居酒屋「魚海船団本店」「司別邸」そして「宴別邸」でした

スポンサーサイト

<< 午前中はチビ助と 神田 海鮮居酒屋「魚海船団」  【BACK TO HOME】  何に命がけ? 神田 海鮮居酒屋「魚海船団」 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ