プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

作り手の情熱 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん

今週に入って我が家のブーム
それが写真の・・玉子です

{ばあば}がお友達から頂戴して
それを頂いてから その味に感動

早速 養鶏場へ連絡・・お取り寄せ
今度はご近所やお友達に配っていました

中身は・・・・

P1140345.jpg

パッケージに歌い文句が・・
P1140344.jpg

DHAが入っていますよって決め台詞
その台詞も魅力ではありますが 実際に頂いてみますと・・
これが 何て表現すればいいのか・・・旨い

昔 庭で走り回っていた鶏が生んだ あの玉子の味と一緒
黄身がトロリ 白身は透き通ってトロリ
最近は卵かけご飯って まず食べなかったんですが
今週に入って毎朝 黄身だけでの「卵かけ」ご飯

白身は味噌汁や炒め物に使用

何年かぶりに 生で食べるのが一番の玉子に出会いました

先日 お店の店長が揃ってお邪魔した新潟の「鮎正宗」様
昨日 魚海船団本店にお見えになり 
これからの販売プランを店長と打ち合わせ

魚海船団「司別邸」を鮎正宗の特約店として
年4回ほど仕込む新酒を優先的に送って頂けることになりました

なりました!って報告を受けましたが正しいかな
酒造りの名人と魚海船団がコラボ

零細な魚海船団ではありますが これからは 作り手の思いや情熱が
それを召し上がって頂く皆様に伝わる為の努力や工夫を
積極的に続けていくことは大切です

特に 原材料からその製造工程まで見えるって
これからは当たり前の時代
農作物でも水産品でも そうなりますよね

楽しく食べて そして健康維持

落ちた肉でも平気で使う国もある様ではございますが
加工品として店頭に並ぶと 見分けなんてつくはずもなく
やはり 被害者は消費者
安心安全 それに 魚海船団だから出来る企画

昔の様に「がむしゃら」だけでは生き延びてはいけない時代に
入ってきた様でございます

それと 大型の台風が近づいているそうでございますので
 皆様充分にお気をつけて下さいませ

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

神田 海鮮居酒屋「魚海船団本店」「司別邸」そして「宴別邸」でした

スポンサーサイト

<< 猛烈台風? 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん  【BACK TO HOME】  薩摩の誇り 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ