プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

蕎麦打ち名人 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん

天気予報通りに冷え込みましたね
外を歩くと 手袋が欲しくなる感じ
関東では雪の気配はありませんでしたが
福島では豪雪で電車が4時間も立ち往生
100人が閉じ込められる事故も・・!

昨晩は北海道 根室からの・・・
ホタテ」がとっても美味しかったです

hotate (3)

いま現在 魚海船団各店で大好評の「お蕎麦」
新潟妙高市にお店を構えられている【こそば亭】のお蕎麦

親子で二店舗のお店を持たれて それぞれ独立採算制で
営業されていらっしゃるそうです
同じ 妙高にある老舗の酒蔵「鮎正宗」さんにお邪魔した
{じいじ}の息子達が こそば亭さんを紹介して頂いたご縁

魚海船団で自信を持ってお出し出来る・・そんな・・・
お蕎麦を探していた矢先の話

蕎麦も ご自分達で栽培
勿論 天気や気温 四季折々によって配合を変えながらの
手打ち・手作り

抑え気味ながら しっかりと感じられる風味
そして 食感  {じいじ}も最初に頂いた時は・・ビックリ
{じいじ}の年代はお蕎麦好きな方々が多い・・かな?

{じいじ}も神田を中心に かなりの数の蕎麦屋さんを
徘徊?していますが どちら様も味・風味・食感そしてのど越しが
微妙に違っているんですね

それが それぞれのこだわりなんでしょう
だから 食べ飽きる事がないんですよ

魚海船団へお越しのお客様 ぜひ お酒の〆にお為し下さいませ

昨晩は その妙高の「こそば亭」さんは親子二代での営業を
されていらして 昨晩 息子さんが「本店」にお越し下さいました

{じいじ}の息子の店長と ほとんど同じ年代
こそば亭を開業されて およそ8年ぐらいだそうですが
社長のお父上からしっかりと 商いを伝授されているなって
お話の端々に感じられました

居酒屋とは違うんでしょうが それでも同じ飲食業
その生い立ちを聞けば聞くほど・・・魚海船団とよく似ています

お父上は脱サラしてお蕎麦屋さん
{じいじ}も脱サラして 焼酎屋さん

そして 何故だか? 息子達も同じ商いの世界へ

{じいじ}は早めに切り上げましたが その後 息子同士
先の そのまた先の夢や目標を語り合って
盛り上がっていたんだろうと思っています

雪解けの季節になりましたら {ばあば}と二人で・・
妙高に美味しいお蕎麦を頂きに参りますね
どうぞ お気をつけてお帰り下さい

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

神田 海鮮居酒屋「魚海船団本店」「司別邸」そして「宴別邸」でした
スポンサーサイト

<< お粗末で 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん  【BACK TO HOME】  個人情報を 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ