プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

猫も杓子も 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん

昨晩は「ママさん」が
本店でのお仕事にお出まし・・
久しぶりのハードワークで
幾分 お疲れ気味でございました

それを癒しに「司別邸」で一休み

外席は幾分 寒さも感じましたが
そこで一杯
ざる豆腐に季節の香味野菜
シャキッとトロッと 面白い組み合わせですよ

香味野菜と豆腐 (1)

昨日のブログにも書きましたが
やはり この四月は値上げが続いていますね

外食とコンビニの価格や品質の競い合い
そんな中 価格競争の中心的存在であった牛丼の世界
「すき屋」さんが食材の値上げや人件費を始めとしたコストアップに
耐えきれずに 値上げを発表

これ一つでデフレ脱却なんて言われる方もいる様ですが
これまでの あの値段が異常ではあったんですよね

それなりの肉を使えば あんな値段 出しようがないのでは
なんて 同じ 飲食業に携わる者としては思うんですが・・?

それでも 食べる方々のニーズがあれば そのニーズに
合わせていかざるを得ないのが商い

やはり安さを売りにする商売は どこかに無理があります
安くても極端に大量に販売出来れば多少はやっていけるんでしょうが
そんな大量に・・が続くはずもありませんし
どこよりも安く提供するには 目に見えない手品でもなくては
難しいですよね

でも 手品には必ず「タネ」があるんです
その「タネ」は原材料に何を使うか どこで誰がどんな方法で作るか
輸送の手段や管理状態は・・??

そして経費をどこまで下げられるか
一番の経費は人件費
これを合理化なんて呼ぶ場合もないとは言いませんが
バランスを崩してまでになると 顧客の口に入るものだけに
大きなリスクを負う事になります

食べ物以外の商売でも同じではありますが
今の時代 あまりにも美容や健康を訴求する商売が
多くなり過ぎて その世界でもやっぱり価格競争が
目立っては参りましたが これもどうなりますやら?

それにしても 猫も杓子も・・・値上げ
{じいじ}のお店での仕入れ 上がりました 一方的にね
二年連続での値上げ品もあるぐらい

早く それ以上にお給料がアップしないと 
このままで長く続くと
庶民の怒りが爆発しちゃいますよ

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

神田 海鮮居酒屋「魚海船団本店」「司別邸」そして「宴別邸」でした 


スポンサーサイト

<< 親孝行 子孝行 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」  【BACK TO HOME】  笑顔が一番 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ