プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

殺伐と 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん

大地震から 72時間が経とうとしている
ネパール・・・
村や寺院が全壊したとか
死者が3000人を上回るとか
行方不明の方々の捜索もままならず

今は世界が一つになっての救出しか
他に手立てはありません

一昨日 作りました
野菜のトマト煮込み】です

P1150282.jpg
本当に いつ何時 何が起こっても不思議ではない昨今
ネパールで発生した大地震の様な自然災害もそうですが
人為的な事件や事故も頻繁に起こっていr気がします

特に 日本での未成年者の凶悪事件
誰かと一緒に 共謀しての殺人事件
先日も {じいじ}の住む船橋でも怒りました
見ず知らずの人を友達に頼まれたから
殺すのを手伝ったなんて・・・事件
一対一の勝負ではなくて 徒党を組んでのリンチ

怨恨や恨みによる事件の可能性もないとは言えませんが
その他 多くは 被害者とは面識すらないんだとか?

大人でも いさかい事と事故や事件は紙一重ではありますが
そこの境目を多くの人は自然と身につけているもの
それは 親であり先生であり 仲間であり
多くの人々から知らず知らずに教わっているはずなんです

何故なんだろう・・なんて考えてもどうする事も出来ませんが
昔の殺伐って言葉と今現在の殺伐って言葉
意味合いが違うような・???

風景が殺伐として・・・・と・・人の心が殺伐として
そんな違いかもね

本来は儒教の精神を受け継ぐ日本
そこには 人への思いやりや寛容さが根本にあるもの

決して 一人でゲームに熱中するから
こんな事が起こるとは申しませんが 仲間や友達と
そして親兄弟とも直接 接する時間が不足しているのかも
知れませんね

我が子や孫の事として考えると おのずと解決策も出てくるのでは
それぞれの状況は違っているんでしょうが
親の責任はゼロではないと思います

今朝も 勝手な「たわ言」書いてしまいました

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

神田 海鮮居酒屋「魚海船団本店」「司別邸」そして「宴別邸」でした
スポンサーサイト

<< 今日から 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん  【BACK TO HOME】  充実した? 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ