プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

慣れないものは 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん

夜中から
先ほど午前4時ぐらいまで
近くで大きな落雷の地響き
落雷の度に外が異様に
明るくなり その迫力たるや・・
恐いものがあります

先日 作ってみました
なんでも野菜のピリ辛味噌炒め
それこそ 冷蔵庫に残っている野菜
なんでもOKですよ
今回は豚ひき肉も入れてみました

P1150365.jpg

昨晩は 夕方の4時過ぎから 「本店」のある同じビルで
いつもお世話になっている方との懇親会

予定していた訳ではなく たまたまビルの入り口で出会って
世間話の合間に いかがですか?今夜・・軽く・・一杯

いいですね・・ってご返事を頂いて 早速スタート
日本酒に造形が深い方で {じいじ}もお話を伺いながら
日本酒でスタート
始めだけのつもりが そのまま 冷酒で継続
ここ数十年 冷酒だけで・・てのはまず無かったんです

でも ゆっくり味わいながら頂くと それぞれの良さや
旨みが微妙に違うのが面白くなり ついつい そのまま

自分に合う・・・旨み・・・・それに気づき始めて・・・・
ところが それも最初の3~4杯まで
いつもは焼酎をお湯で割って頂く{じいじ}
お湯ですので 飲み始めにまずは汗がふきでるんですね
その儀式を経て やっとアルコールに対峙できる体になるんです

ところが 冷酒は そのタイミングがなくて しかも
ある所までは酔ったって感じがないんですよ

夕方の6時過ぎには お別れしてそれぞれ帰宅
電車は夕方のラッシュタイム
それなりに込み合っているのに {じいじ}のまわりはゆとり

側にいた人が どんどん離れていくじゃありませんか

そうですよね 電車に揺られ人の熱気に押され
つり革にぶら下がって ウトウト・・・寝てるみたいな状況
その内 膝・・・カックン・・それで一瞬 目が開くみたいな・・

俗に言う・・救いようがない・・・だったろうと・・・

言い分けにはなりますが 明るいうちの飲み会は
いつもに比べて さすがに効きます
考えてみれば 休みの日に自宅で夕方4時から飲み始めると
その2時間後には爆睡しているんですもの
それを 外でやっちゃった・・・って事

今日からは 時間ではなくて・・暗くなっってから飲み始める事に
したいと思います・・・すいません!反省の色がなにもなくて

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

神田 海鮮居酒屋「魚海船団本店」「司別邸」そして「宴別邸」でした

スポンサーサイト

<< それぞれ 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん  【BACK TO HOME】  決断 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ