プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

今はどんどん 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん

昨晩 「司別邸」で頂きました
サワラと夏野菜のあんかけ
赤く見えるのは「トマト」です

甘酢の酸味が何とも爽やか
炒めものにもお酢はピッタリ
香りがするだけで 元気になりますね

鰆と夏野菜あんかけ (3)

夏野菜として「トマト」「茄子」それに「ミョウガ」
素揚げした「サワラ」とグッドジョブ?のお味でした
最近 味の表現がどんどん意味不明になり
自分でも 何をどう表現したいのか 分からなくなりつつあります(笑)

最近は 息子達がお店を切盛りしていまして
{じいじ}がお店ででしゃばる事もまずありません

と言う事は 物事をじっくりと考える時間がいくらでもあるって事
魚海船団は平成元年生まれですので 創業27年目
神田エリアには日本で最初の「居酒屋」と言われるお店もございます
その他にも50年を超して営業されているお店も数店

その過程ではいろんな場面があったんでしょうが
今でも継続されているのは素晴らしい事実・・脱帽です

どの商いにも「老舗」と言われるお店がございます
調べてみますと「老舗」とは昔から長く続いている店のこと
「仕似せる」しにせる・・・先祖から受け継いだ商売をまねる

ただ 現実は先人の真似をして それだけに固執すれば
商いが永続するものではありません
先人が築いた土台の上にただ「胡坐」をかいていては
滅びて当然

味や品質など受け継ぐものは継承し 変化させ続ける
経営には・・・「攻め」の姿勢を貫く・・・そのチャレンジ精神
これで いいなんて終着点は どこにもありゃしませんもの

最近になって 息子達も多少は気づき始めた感があります
ただ 彼等がやりたい 発案してくる変革は・・・どれも・・・
それなりの資金が必要になるものが多いって・・大きな問題も?

出来れば 気合だけで出来る変革が・・・嬉しいんですけども
元々 細い{じいじ}の脛 それが今ではガリガリになりつつあります
骨が露出する前には・「・ローコスト」って言葉も思い出して下さいませ

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

神田 海鮮居酒屋「魚海船団本店」「司別邸」そして「宴別邸」でした
スポンサーサイト

<< 磨き方 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん  【BACK TO HOME】  際どい 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ