プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

時間が 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん

昨日の朝食で頂きました
鹿児島産のホクホクかぼちゃ
それに・・・厚揚げを使ったお味噌汁

味噌も鹿児島の麦味噌ですよ
最近はお野菜を煮る時に「酒粕」を入れて・・・
妙高の鮎正宗さんに頂いた酒粕です・・すると
味噌の風味が一層引き立つ感じがするんです

P1100634.jpg

自民党が主催の憲法審議会
これまで 安保法改正の為の第三者機関的な存在でしたが
せんじつの改正違憲の話が出た影響でしょうか?
しばらく中止・・つまり開催しないって事になったそうです

なんとしても 国会を通過させるには 邪魔者は消せってこと???

政治って こんなに露骨なものでしたかね
いい悪いは別ですが 一昔前は裏工作や根回しなんてのが
当然の様に行われ 議決の時は 何も無かった様に
議員さん しらっとして投票みたいなイメージがあったんですが
今は 違うんでしょうか

J・フォスターさんの「アイデアのヒント」の中にあるんですが
「13の半分は?」

「6と2分の1」
「6、5」

他に答えは?
もっと 考えよう!!!

すると 文字を分けて・・・「1」と「3」
それが突破口になり 英語の綴り・ローマ字・二進法で考えたり
黒板に書いた13を上下半分にしたり きりなくなったそうです

答えを決めつけるのも 答えが無いと思うのも中途半端

安保法制の採択には まだまだ他の答えもあるはず
日本人から戦死者が出てもやむ負えず・・なら
日本国憲法の根幹を議論するのが筋

そこを 何故 言葉に出さないのでしょうか
前線や その近くで実際に活動するのは日本の若人なんです
この件だけは数にモノを言わせた「強行採決」で決める様な真似は
止めないと 後人に対して禍根を残す事になると思います

世界に一つぐらい 戦いを放棄した憲法を盾にする国があっても
いいのじゃないでしょうか・・{じいじ}考えが甘い????

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

神田 海鮮居酒屋「魚海船団本店」「司別邸」そして「宴別邸」でした
スポンサーサイト

<< 初心を 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん  【BACK TO HOME】  磨き方 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ