プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

新鮮さ 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん

一昨日日曜日から一泊泊まりで
伊豆の稲取に出かけて参りました
稲取海岸にある水揚げ場を
早朝から見学したり
ミカンを材料にしたワインを
試飲したり 焼酎を呑む間を惜しんで
地元の産物を見てまわりました

稲取の市場風景です

いず2
伊豆稲取駅の近くにある
樹齢750年の「かやの木」を有する
禅寺・・・通称「かや寺」

いず3

下から見上げると・・・こんな・・

izu.jpg

旅館は小高い山の奥
回りにあるのは木々と鳥の鳴き声だけ
久しぶりに蚊取り線香の香りを
堪能しました??(笑)

いず1
金目鯛の町としても有名な稲取
お店での新たな漁師料理を求めて出かけて参りました

宮崎では鉢まぐろ?キハダマグロ?かが 大漁過ぎるほど
水揚げされているそうですが 稲取では 幾分 水揚げが
少なくなっているそうです

火山の影響とかプランクトンが多くなったとか
諸説あるそうですが 何か日本が大きく変化する
その予兆の様な感じもして・・・{じいじ}だけでしょうか

そうは言いながら 奮発して地の金目鯛も・・もちろん・・・
頂きました・・お刺身・・・煮付け・・味噌付け そしてあら汁等を・・・・!!
とても美味しかったんですが 煮物など{じいじ}が想像したより
幾分 甘めに感じました
お店毎の料理人の方の味付け次第なんでしょうね

それと 町にある昔ながらの飲食店はさすが!
御年80才 あるいは70才ぐらいの接客のプロが
割烹着を召されて 意気健康

面白いものですね
チェーンのお店などでは考えられない接客用語

それに一つの作業がが終わらないと次ぎには進まない

例えば・・・さっさと注文しないと煮物は時間かかるよ!
さっき 何の注文だったけ?
出来上がった料理を運ぶのも ついつい手伝はなくては
いけなくなるほど・・・重そう
テーブルに置くと 素材から料理法までの講釈

入り口に新規のお客様がお待ちでも関係ない

でも {じいじ}甘いんでしょうか
港町は・・そうでなくっちゃ・・・思わずお客の立場を忘れ
生徒になった感じでございました
お勘定だけは頭にしっかりと入って 即座にお答え・・さすが

おそらく 家族で長年 続けてみえたお店でしょう
息子さんらしき方が 水槽から魚を取り出し調理されていました
子供達もまわりを走りまくっていましたしね

何て言えば良いんでしょうか・・・ガツガツしてないって事かな
いやらしさのないガツガツ・・・すいません・意味不明で

市場や農家にお邪魔したのが昨日の月曜
時期もあるんでしょう
観光の方々は かなり少なめ そのお蔭でしょうか?
地元の方々の紹介で思いがけない掘り出し物も発見

お世話になりました

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

神田 海鮮居酒屋「魚海船団本店」「司別邸」そして「宴別邸」でした
スポンサーサイト

<< 野菜は深い 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん  【BACK TO HOME】  それでも呑む 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ