プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

作業仕訳 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん

昨日は7月7日「七夕さま」
あいにくの曇り空
天の川をはさんで「おりひめ」と「ひこぼし」は
今年も輝いていたんでしょうね

子供達も願い事 笹の葉に書いたのかな

七夕さまの夜も魚海船団では・・
マグロ料理祭】開催中です

まぐろ盛り1 (3)

「七夕さま」・・・実は{じいじ}が高校一年の時の担任の先生

一昨年の同期会に参加した時にお会い出来たんですが
先生の苗字が・・七夕・・先生

多くの先生方にお世話になった{じいじ}でございますが
毎年 この日に必ず思い出すのが・・・七夕先生
高校に入った最初の担任ですから しっかり記憶に残っていますが
お名前が 違っていたらここまでではなかったかも?

そんな事を思いながら帰宅しますと我が家は孫達で大賑わい中
{ばあば」が久しぶりに腕を振るい料理作りをした様です

いつもは {じいじ}が{ばあば}の料理番でございますので
ここ数年は ほとんど買い出しや料理作り それに後片付けは
{じいじ}の役割・・それにゴミ捨てもね

いずれ 仕事を離れるタイミングがくるんでしょうが
その時のことを想像すると 家庭の中でも仕事として
お互いに作業仕分けがあるほうが 双方とも感謝する心を
持ち続けられるんではないでしょうか

{じいじ}が家で料理を始めたキッカケは 全く別の理由ですが
今では 台所にいる時間は結構なもの
しかも これから先 今の状態が何十年も続く事はない訳で
当たり前の様に出来る内が 一番 幸せなんだろうと思います

お店の厨房ではレシピなるものがあり 材料も決まっていますが
家では ほとんどが思いつきのレシピ

ある材料で作る事がほとんどです
サラダなどのドレッシングも すべて手作り
ほとんどのものにお酢を使って作っています

それに 料理に決まり事はないんです

{ばあば}や孫達一家 それにお見えになったお客さんに
笑顔になってもらえれば それで満足

朝食を始めとして 幾分 パターン化しつつありますので
今は それを 何とか打破しようと日々奮闘中でございます 

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

神田 海鮮居酒屋「魚海船団本店」「司別邸」そして「宴別邸」でした
スポンサーサイト

<< 車内マナー 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん  【BACK TO HOME】  よくある事 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ