プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

昭和の歴史 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん

写真は 真鯛で作った・・
【押し寿司】でございます

今の時期 お酒の後には
シャリにお酢がギュッと詰まった
押し寿司の方が嬉しいかも?
何せ この暑さですものね

tumami
ごめんなさい
写真を間違えました
本当は こちらです

押し寿司鯛

昨日の日曜日
{じいじ}終日 一番下の孫のお世話係

{ばあば}は踊りの関係で朝早くからお出かけ
夕方 一瞬だけ帰って来たと思うと 
そのまま自衛隊での盆踊りにお出かけ

娘は孫娘のサッカーの試合に出かけ夕方我が家へ
こちらも・・・・盆踊りへ
{じいじ}焼肉を作って食べさせるなど涙ぐましい接客??

結局 2才の孫と ほとんど二人っきりで濃密な時を
過ごさせて頂きました

それでも 孫を見ていますと やっぱりいつもとは違うんです
いつも居る {ばあば}や母親が何故?居ないの?って雰囲気

何で?{じいじ}だけ・・みたいなね
でも それを言っちゃ・・お終いよ だから我慢しなくちゃ
そんな仕草が時折 垣間見えるって こちらも切ないものです

それでも 皆がよるの10時ぐらいに帰り着くまでは頑張りました
夕方からは焼酎を呑みながらではございましたが
半分は意識が無い状態でも・・・何とかね
自分で自分を誉めてあげたいって・・こんな時なんでしょう(大げさ!)

先週の金曜日で閉店した居酒屋さんがあります
終戦の翌年に開店した横浜・野毛にあるお店
「武蔵屋」さん
7坪のお店で店主は93才の木村さん

看板もメニューもなく お酒はコップ3杯までのルール

93才 さすがに体力の限界・・・長い間 本当にご苦労様でした

その間には それこそ 数えきれない出来事あったんでしょう

続けられたのは・・お客様が良かったおかげの一言

元々はご主人が始められたそうですが83年に亡くなられてからは
妹さんとお二人で後を継いで 先週の金曜日2015年7月末まで

{じいじ}も二度ほどお邪魔した事がありますが
あの時の 女将さんの穏やかなお顔と一方の厳しい姿勢
いまでも はっきりと思い出します

これからも お体を大事に元気でお過ごしください!

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

神田 海鮮居酒屋「魚海船団本店」「司別邸」そして「宴別邸」でした
スポンサーサイト

<< 入場整理券 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん  【BACK TO HOME】  身動きが 神田 海鮮刺身居酒屋「とかいせんだん」 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ