プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

話すって 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん

今日は「体育の日」の祝日
やはり運動会が多いんでしょうか?

雨降りにはならないみたいですので
運動会で孫さん達の応援予定の・・・
{じいじ}{ばあば}ほどほどに頑張って下さいね

昨晩作ってみました
モチモチ食感のマカロニと
さつま芋の薄切り油炒めをコラボ
それにツナフレーク・・・・塩胡椒少々
キュウリそしてトマトソース&ピザソースで
味付けして青のりをトッピングしました

さつま芋とマカロニトマト炒め (2)

{ばあば}と二人の夕食には かなり多めのマカロニでしたが
それなりに上手く味付けが出来て焼酎を飲みながら
結構食べてしまいました

昨日は 終日曇り気味の一日ではございましたが
午後からは雨も降らず ブラブラと出歩くには丁度 いい感じ
そこで {じいじ}久しぶりに いつもより遠出の散歩兼買い物
駅前の本屋さんでも1時間ぐらい本探し

結局は いつもの作家さん方の3冊に決まってはしまいましたが
普段は見ないコーナーなどもブラブラ
既に来年のビジネス手帳も山積み
童話にも 「ママがおばけになっちゃった」話題の本が・・
立ち読みしたんですが 死をテーマにしてしかも それが母親
読んでみると 胸から突き上げてくるものが・・・
勉強になりました

長ければいいってものでも 難しい表現ならいいてものでもなく
素直に人の心を打つものは素直な思いを素直に表現する事
短ければ 短いほど その先を読者の一人ひとりが
自分に置き換えて思いを馳せるものなのかも知れません

それに103才の大先輩が著者の本
当たり前の事を大切に書かれていてその著者の100年以上の
思いが 素直に伝わって参ります
若い方が 同じこと書かれても その受け方は違うと思いますが
それでいいんですよね

夕方からは お休みのいつものパターン
{じいじ」の作ったつまみで{ばあば}との飲み会
昨晩は 何故か話が子供達の今について・・・
子供達と申しましても二人とも30代半ばとそれ以上

これから いろんな経験をせざるを得ないとはおもいますが
そこから学ぶ前に まずは 自分一人では所詮 それだけの事
そこを 肌で直接 実感する事が大切だよねって話

ただ それを補う役割を親が前倒しでしてはいけない時に
きているかも あるいは 遅いかも
孫達の話題は それこそ頻繁過ぎるほど話していますが
息子や娘の これからについて久しぶりに語り合いましたが
たまには いいものですよ
いつも 分かっているつもりの{ばあば}に新発見があったりして!
あああ~~{ばあば}そんな見方もしてたんだってね

やはり 幾つになっても子供の事を気にかけているのが母親

改めて 彼女の優しさと 本当の厳しさを痛感致しました

ホント 親父って・・・・自分の事ですから・・

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

神田 海鮮居酒屋「魚海船団本店」「司別邸」そして「宴別邸」でした
スポンサーサイト

<< 軽減? 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん  【BACK TO HOME】  ついつい 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ