プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

新人採用 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん

昨日の金曜日 {じいじ}所用で
午後からは千葉までお出かけ
午前中は健康診断でいつもの病院

千葉で 少々手間取り 
お店には行かず仕舞いでした

こちらは「魚海船団」のお店案内の
リーフレットです・・・・
店長が開拓した・・
「魚海船団」を支えてくださっている
お取引先との写真を自分を主役にして
これでもかってぐらい
貼り付けてありますが(笑)・・・皆様には
本当に お世話になってます(感謝)

お店案内

午後の4時ぐらいには神田まで行けるつもりでいたんですが
結局は 遅くなり 行かず仕舞いになりました

すると 夕方5時過ぎに電話
鹿児島の仲間から・・・今日はお店に居る?ってね

その電話をもらった時 {じいじ}丁度知り合いとの飲み会が始まったばかり
とても 会いたい仲間だったんですが ・・ごめんなさいせざるを得ずに・・

11月の最初に{じいじ}鹿児島に帰りますので
その時には ゆっくりと語り合いましょう
御免 いつも語り合う前に{じいじ}ベロンベロンになって
語り合うまでいかないのがほとんどなのに・・この台詞

さすが 厚顔の美少年・・ではなく{じいじ}でした

お店では これからに向けて新しい社員募集をしていたんですが
お蔭さまで今の所 2名の方を社員として採用させてもらいました
これから先を見据えた会社の方向を決めてくれるであろう仲間達

新しい仲間の加入で いろんな思いや意見が飛び交うのを期待
まずは そこから焦らずに楽しみながら でも時間は切って
息子達を筆頭に まとまってくれる事が願いです

今回 数名の方々が面接にみえて
{じいじ}皆さんとお会いしたんですが 最終的に社員として
採用させてもらった2名は 両方女性

飲食の世界は何か資格や経験がなくては入れない世界と違い
誰でも?入ってこれる業界
勿論 調理師の資格やソムリエの検定などはありますが
それが無くては出来ないってものではないって意味です

{じいじ}今回 感じた事 あくまでも今回ですよ
年齢関係なく 女性の方が 地に足がついているって事
逆に申しますと 雄弁ではあるけれど 実働が
伴わない男性が多くなったのでは・・・って感じ・あくまでも感じ

そんな事ない方々がほとんどだとは思いますが
今回に関しては・・・でございますので・・ご了解の程

飲食業はお金儲けを目的にしたら 100%しくじります
結果 一般的なサラリーマンの方々より少しは多くなるケースも
ないとは申しませんが あくまでも 我が生業でなくてはいけません

お金の御守が上手な人・・・それと真逆な{じいじ}
それでも 子供達を育ていまでも{ばあば}と二人酒ができているのは
生業・・としか思わず ぎりぎりでもまわっていたから・・

途中で回らなくなりそうな時は 6~7回はありましたが
その都度 助けて頂いた皆様 これも・・・ね
今 振り返ると ドキドキものですが 当時は そこまでの緊張感なし

生業 自分が日本人として生きている証
本人は これ以上は出来ないぐらいの事をしているつもり

そこで いつも最後に行きつくのは・・・ケセラセラなんですよね

地に足をしっかり踏ん張って 胆を腹に埋め込んで
生きるも死ぬも 一緒 それが本懐 それぐらいの気合があって
始めてスタート台に立つ  だってケセラセラなんですもの(笑)
余計な事 書き過ぎましたが どうでしょうか

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

神田 海鮮居酒屋「魚海船団本店」「司別邸」そして「宴別邸」でした

 
スポンサーサイト

<< 監督って 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん  【BACK TO HOME】  らしく? 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ