プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

あれ誰? 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん

27-11-03文化の日 (6)
「文化の日」でお休みの昨日
お昼までは{ばあば}と日用品の買い物

午後からは孫達一家の誕生会用の
夕食作り・・・娘と一番下の孫今月で三才
それに{じいじ}の三人のお祝い会

作った料理の一つです
がんもと南瓜の煮物】↑↑↑↑↑


宴別邸の店長は娘の主人
つまり 孫三人の父親

ただ お店を実質一人で仕切っている状態で
お昼ぐらいから 夜中過ぎ 場合によっては朝方まで・・・

その為 休みの日もは体力温存の必要があったり
子供達との触れ合いがあったりで 一緒に夕食をとる機会も
少なかったんですが 昨晩はお休みも続いてくれたおかげで
一緒にお酒を飲みながら楽しく過ごせました

と・・・申しましても {じいじ}夕方の6時ぐらいには
三才の孫と一緒に寝てしまったんですけどもね

いつもの様に 午後3時過ぎから料理作りスタート
て事は・・・一人酒盛りも同時スタート

皆して乾杯時点では ひとり酔っぱらい
すると その時 三才の孫 {ばあば}の膝の上で食事開始

ところが 父親と一杯遊んだせいでしょうか
口を動かしながら瞼が閉じて ウトウト
その様子 可愛過ぎて 皆して大笑い
しっかりと寝に入ってしまいましたので {じいじ}が受け取り
お腹の上にうつ伏せにして本気の寝に突入

その内 {じいじ}もほとんど孫と同じ状態に・・・
そこで {じいじ}の部屋でいっしょに寝た・・までの記憶で終了

気がつくと午前4時
真っ暗で 残っているのは{ばあば}だけで静かなもの

いつまで 元気に楽しく過ごせるかは神のみぞ知るでしょうが
出来る間は 孫達の明るい未来を想像しながら
その時 その瞬間を なにも考えずに楽しむ事に専念する・・
{じいじ}と{ばあば}でございます(感謝!!)

追伸・・・娘が 昨晩 {じいじ}が孫をお腹にのして寝ている写真を
ラインで送ってきていたんですが・・・・
そこに写っていたのは誰? あのお爺さんはだれ??
自分ながら あのお爺ちゃん顔にはショックでございました(笑)

幼稚園の孫娘から・・お母さんへのお祝いの手紙?

27-11-03文化の日 (12)


今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

神田 海鮮居酒屋「魚海船団本店」「司別邸」そして「宴別邸」でした

スポンサーサイト

<< 春かしら 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん  【BACK TO HOME】  多事 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ