プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

成長? 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん

昨日の日曜日「本店」の店長と
二人での食事会?ではなくて飲み会

親子ですのでお互いに我がままは出ますが
これまでの様な喧嘩にもならず
お互いの思いを声に出し合いました

そのお店で頂いた「鯨の尾肉」
尾の肉なんですが・・こりゃ・・旨い
そこで写真って訳にもいかず・・・同じ尾にある
俗称「おばけ」さらし鯨の写真でご容赦を!
{じいじ}好みで酢味噌がタップリですが・・

さらしクジラ (3)

いやはや 鯨の尾の肉のお刺身
旨い脂が程よく乗って 口の中でとろける感じ

山葵・ニンニク・生姜 どれにでも合いました
ごま油はクジラの脂とミックスされて 今ひとつ
個人の好き好きではありますけれどもね

息子に・・これいいじゃないって言いますと 彼はこの原価を
知っていたみたいで それを聞いて{じいじ}ズッコケ

希少な部位にしても 簡単の手の届く仕入れ値ではなさそう

そんな美味しいおつまみを頂きながら酔っぱらい二人の話

彼のこの商いへの思い これまでの自分の成果
これからの 会社の進むべき(彼なりのね) 方向
お互いに 話は飛び飛びではありましたが その彼の話を
これまでよりは よく聞いた一時でございました

子供だから 家族だから良いですねって言われる機会も増えましたが
そうだから 違う思いや現実に惑わされる事も逆にあるんですよね

子供だけが惑わされるのではなくて親もです
よく頑張っている って事と それぞれの人がそれぞれ持つ
人としての技量は別物

失敗の経験を糧にする事で時間をかけてもその技量を
自分の血肉に取り込める人 そこまでの辛抱ができる人

その逆の人も大勢います

ただ 人の技量の尺度や 誰が判断するのかは?
それが 家族?仲間?通りすがりの人?同業者?
親?子?恋人?それとも自分

この中で自分だけは・・・大きな間違い

自分と接したすべての人が自分につけた点数の合計なんですね
どれだけ自分を信じてくれる人がまわりにいるか
勿論 人の数だけではありません

そして 自分が性根で信じ切れる人が側に居るか

それだけだろうと思います

中には 一人ぼっちが何故悪いって言われる方もいますが
それは生き方の問題
商いへの思いを貫くには それでは出来ません
現場でそれぞれが考える為の材料を常に渡していくこと
その為の学習も不可欠

後は そのスタッフのおかげ様

現場を汗みどろで走り回る 一歩引いてみる時間が作れる
体が元気 手足が自由に動く間は その繰り返し
だから 未来永劫 続くんです・・未来永劫は大げさすぎました(笑)

久しぶりに 息子の成長にも気づきました
10年前に比べてですけれどもね
一応 親ですので完璧な上から目線で書きました(笑)

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)

神田 海鮮居酒屋「魚海船団本店」「司別邸」そして「宴別邸」でした


スポンサーサイト

<< 短縮です 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん  【BACK TO HOME】  仲間に感謝 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ