プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

想い 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん

熊本で被災された市町村では

保管場所などの都合で 援助物資の

受け入れが出来なくなっているそうです

被災されてからの時間の経過により

必要な物も変わって来るそうですので

ニーズをよく聞いてからの対応が

望ましいんだろうと思います

 

写真は【キンキのかぶと焼き】です

他の魚と違い 焼き器の中は

魚の持つ脂でべっとり・・・・

美味しい分 後片付けは一苦労でした

キンキの兜焼き

昨日の土曜日 神田の本店には出かけたんですが

30分ぐらいで そのまま帰宅

途中で 夕食の材料を購入して 帰宅早々 仕込みを開始

 

実は 孫達が来ることになっていましたので

孫達の為の夕食作りで張り切って楽しむ{じいじ}

下二人はお昼からすでに我が家へ

お兄ちゃんのサッカーの試合が午後からあるそうで

お邪魔虫の二人は早々とお越し

いつもは{ばあば}と二人ですから 食べれる量に

合わせて料理作りをするんですが

孫達が来るとなると どうしても種類や量を作り過ぎ

今朝 冷蔵庫を覗きますと 半端な残りが入ってました

 

 

考えてみますと 

孫達 まだ小学生と幼稚園に入ったばかり

中学生や高校生の様に 底なしで食べる年齢までは

もう少し時間がかかるんですよね

 

{じいじ}孫に限らず 

若い方々がどんどん料理を平らげていく様を見るのが大好き

 

でも 最近は お前!まだ食べるの?って台詞を使う場面

ほとんどなくなりました

{じいじ}が学生の頃は 麦飯でも白飯でも 

あればあるだけ家族の分まで食べてしまい 

こっぴどく怒られた思い出もあります

 

 

オヤジもオフクロも若かった時代

 

親父は4年前に他界しましたが お袋は現在92才

そのお袋の体調が先週から あまりよろしくなく

今週には顔を見に帰ってみようと思っています

 

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!

(合掌)

 

神田 海鮮居酒屋「魚海船団本店」「司別邸」「宴別邸」でした

スポンサーサイト

<< いつまでも 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん  【BACK TO HOME】  心に棲む 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ