プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
40年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

試み 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん

昨晩は久しぶりに洗い場のお仕事

急なお休みがあるときだけ

頼りにされる{じいじ}では

ありますが 体力維持には

役立っている感じもします

 

野菜もタップリ 人気の・・

国産地鶏の南蛮です

お酢の香りが絶妙ですよ

チキン南蛮1

 

昨晩は夜の9時ぐらいまで 洗いもの担当でお仕事をした

 

{じいじ}でございますが 今朝 起きると腰がちょっぴり

なんて事もなく いたって快調

 

ただ その後 司別邸に一人で出かけ 軽く一杯のつもりが

重く十杯ぐらいになってしまって今朝はその影響が大

 

帰り着いたのは 午前1時過ぎ

さすがに いつもの時間には起きられず・・・・でした

 

それと 昨日は野菜を通じて農家と飲食店をつなぐ

そんな お仕事を真面目にそして熱い情熱でされている

お二人とお話する機会に恵まれ 多くの刺激をもらいました

 

子供ぐらいの年代の若いお二人

 

でも その内容は ある意味 画期的なもの

その分 今のお仕事を始められるにあたっては

大変なご苦労もあったろうと思います

 

 

それは 農家の方に手伝って頂きながら 

自分達が季節事に欲しい必要な野菜を自分達で作ろうって企画

そこへ お店のスタッフも定期的に参加して 本当の野菜に

触れてその良さと育てる苦労を実感してお客様にもお奨めしよう

 

いいと思いませんか

 

ただ これを継続するには お互いの考えとは別に

そのタイミングが大切 思い入れだけでは継続は厳しい

 

まずは 我々 お店の体制に無理が生じる様では・・・

天候による出来不出来が波打つようでは 安定供給に難が・・

 

いろいろ 考えて 返事させてもらうつもりです

 

でも いいアイデアに感謝でございます

 

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!

(合掌)

 

神田 海鮮居酒屋「魚海船団本店」「司別邸」「宴別邸」でした

スポンサーサイト

<< インフル注意 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん  【BACK TO HOME】  昭和時代 神田 海鮮刺身居酒屋「魚海船団」とかいせんだん >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ