FC2ブログ
 

プロフィール

芋じいじ

Author:芋じいじ
45年前かな??
薩摩の国から花の大東京へブッ飛んできました、根っからの薩摩隼人。

雄大な桜島の崇拝者で、見る方向によって、その姿が変わる櫻島は大迫力!いつまで経っても追いつけないけど
いつかは桜島のように雄大な人間になりたいと思っている【芋じいじ】です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク集

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

手頃なお値段のシロサバフグ

フグの一夜干し1 (2)
シロサバフグの一夜干し」↑
ふぐ料理って聞くとお値段が
気になるものですよね
とらフグの薄作りなんて{じいじ}なんか
まずお目にもかかれませんが
写真の一夜干しも れっきとしたフグなんですよ

お店で手間隙かけて準備したものでは無いんですが・・
お店では 焼くだけの事なんですけれど(すいませんね)
これが なかなか いけるんです

山口県の下関で加工された商品を仕入れさせてもらっているんです
シロサバフグって名前なんですが 日本近海でもかなり水揚げされて
いる れっきとした「フグ」なんですよ
水分がやや多めなんですが 廉価な事もあって
唐揚げや鍋材料や干し物などに使われているそうです
勿論 お刺身でも大丈夫なんだそうです

日本の近海産は 無毒性なんだそうです
表面に軽く 焦げ色がつく程度が丁度 食べ頃
焦がしてしまうと 身が硬くなり美味しくありませんので要注意なんです

身が柔らかく 甘みと言うか旨みと言うか
これが お酒の「つまみ」にはピッタリなんですね
先週 この一夜干しを 販売したところ 数が予想以上に出たんです
料理長が考えに考え 手間隙を惜しまず作った料理でも
正直 空振りする事もあるんですが 焼くだけで売れてしまう
ものも お店とすると喜んでいいのかどうか悩みどころなんです

なにせ 手作りを売りの一つにしているのが{じいじ}の店ですからね
生から処理するのを 手作りと言うのであれば定番料理にも
そうでは無いものが(実は)他にもありました
「イカの一夜干し」等もそうなんです
しかし お店ではメーカーさんが作られる様な 均一な加工処理は
まね出来ませんし ましてやそれ以上の品質のものは まず無理でしょう

これからも 食材を見る目は しっかりと養いながら
良いものはどんどん取り入れて手作り(?)として販売させて
貰おうなんて虫の良い事を考えたりしています(だめかな?)

明日から 忘年会のピークの一週間が始まります!!!
今日の 日曜日 朝から しとしと雨 お陰でゆっくりと充電させてもらえそうです

今日も 皆様にとって素敵な一日であります様に!
(合掌)




スポンサーサイト



<< スッポン入り茶碗蒸し  【BACK TO HOME】  昨夜はご宴会も含めて蟹のオンパレード >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP